*

秋口だけの酒「樽出し ひやおろし 純米」期間限定で始まりました!2週間あるかなぁ、、、^^;;;

公開日: 酒・ビール・飲み物, 季節・旬

9月に入って、大阪も、急に涼しくなってきました
ほんと、秋なんですねぇ、、、

で、秋っていうと、秋だけのお酒!
そう!!
毎年大人気のアノ酒の季節です

今年も、蔵元より届きました、、、

秋口だけの酒「樽出し ひやおろし 純米」始まりました!

お酒(日本酒・清酒)は、通常、醸したあと搾って「火入れ」という加熱殺菌工程を経てタンクに貯蔵されます
そして、瓶詰めして出荷するとき、もう一度「火入れ」殺菌を行います

ただ、新春にできたお酒をひんやりした蔵で貯蔵して夏を越したころに出荷すると、新酒のカドがとれ、ええ具合に熟成することを江戸時代から蔵人は経験で知ってはりました
それで、秋口まで蔵で寝かせて出荷するお酒を「ひやおろし」と呼ばれて、酒飲みに昔っから人気なんです

なんで「ひやおろし」かというと、瓶詰め時の「火入れ」殺菌をしないことで、熟成した味わいをそのまま届けるお酒だから、、、
そう、貯蔵タンクから、火入れしない「冷や」のままで、瓶や樽に「卸(おろ)して」出荷されるので「ひやおろし」なんです

秋口だけの酒「樽出し ひやおろし 純米」

秋口だけの酒「樽出し ひやおろし 純米」

毎年、人気のひやおろしですが、今年の冷やおろしは、さらに、旨い!!
というのも、ひやおろしで出荷しても十分旨いものの、さらに、昔ながらの味わいを知って欲しい、、、ということで、吉野杉の樽に詰めるという手間をかけて仕上げています

江戸や明治の頃の酒飲みが味わっていた「ひやおろし」を味わえます!!

ただ、この「樽出し ひやおろし 純米」は、限定生産のお酒なので、入荷本数に限りがあります
例年、2週間たたずに売り切れ、、、

「江戸や明治の頃の酒飲みが楽しんだ『ひやおろし』、味わいたい!!」って方は、今日明日、今週末には、たこ梅ののれんをくぐって、ひとこと、「『ひやおろし』ちょうだい!」ってスタッフさんに声をかけてくださいね!

タイムスリップした旨い「ひやおろし」が目の前にやってきますよ!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

秋が旬の竹の子の関東煮(かんとだき/おでん)「四方竹」が、大人気です!!

おはようございます 竹の子、、、って聞くと、「春だなぁ~」って思いますよね 普通、そうです!

記事を読む

春じゃなく、秋が旬の竹の子の関東煮(かんとだき/おでん)、始まりましたよ!

竹の子っていうと、「春やなぁ、、、旨いなぁ、、、」って思いますよね 一般的には、そうだと思います

記事を読む

檜の一合升に屋号を焼き印してます

たこ梅FUN倶楽部員さんへのプレゼント!檜の特製一合枡も準備完了です!!

いっつも来てくれはるわ!お友だちに紹介したり、連れてきたり、、、その上、メルマガやたこ梅通信を読んで

記事を読む

「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏だけ「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)が始まりました!

最近、雨の日が多い大阪です 今年は、つゆが長い、、、というか、早いなぁ、、、って思ってましたが、、

記事を読む

「里芋(さといも)」の関東煮(かんとだき/おでん)

「里芋(さといも)」の関東煮(かんとだき/おでん)、始まりました!!

鍋にコイツがいないと、ちょっと、さみしい、、、 そんな関東煮(かんとだき/おでん)が始まります

記事を読む

『氷バケツ冷酒』です

今年も、始まりました!『氷バケツ冷酒』!!

昨年も、人気だったアレが、この夏も、、、 ちょっと、大胆な、、、というか、大ザッパというか、、、

記事を読む

「角打ち」で、立呑みを楽しんではります

1日限りの立呑み『角打ち』大盛況!ありがとうございました!!

170年以上にわたって「上かん屋®」をやってます あ、うちの店「たこ梅」の話です 道頓堀に

記事を読む

「うーーん、搾りたて美味しい!」と笑顔に

冬の部活「酒蔵見学」、いや、「ホンマに旨い『酒』捜査班」の活動に、たこ梅FUN倶楽部の部員さんと行ってきました!(前編)

今年も行ってきました! たこ梅FUN倶楽部の部員さんたちと、西宮にある白鹿さんへ酒蔵見学へ

記事を読む

農家さん、農協さん、白鹿さん、たこ梅スタッフの記念撮影

山田錦の稲刈りに行ってきました!これは、農家から酒蔵、飲食店、消費者までつながるためのファーストステップです!!

毎日、お店でお出ししているお酒、、、 北播磨の「山田錦」 辰馬本家酒造さんというより、一般的には

記事を読む

店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)の「三つ葉(みつば)」

店主の知らない関東煮・おでん「三つ葉(みつば)」!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑