*

9月店長会議~会議の中でのファシグラ、行動探求(Action Inquiry)も!~

先日、9月の店長会議でした
この日も、いつもの店長会議と同じように、店ごとの前月の報告からスタート、そして、各議題にうつっていきます

ただ、この日は、これまでと違うことが、少なくとも2つあったんです

ファシグラを学んできた和田店長が書記役です

たこ梅の会議では、会議出席メンバーは、事前に、会議ファシリテーションの受講が必須条件になっています
店長さんが兼任となっているお店では、店長にかわってSA(スタッフアテンダント)さんが出席します
北店のSAは髙羽さんなのですが、彼女は、まだ、店長会議に出席していません
というのも、会議ファシリテーション講座の受講が完了してないから、、、
それで、彼女は、先週の土曜日から土曜日ごとに3回連続のファシリテーション講座に通っています
来月、10月の店長会議でデビュー予定です!(^o^)

さて、必ず会議ファシリテーション講座したメンバーのみが出席する店長会議ですが、和田店長、8月上旬に会議に関する別の講座を受講してきてくれました
それは、「ファシリテーショングラフィック講座」(略して「ファシグラ講座」)です

9月の店長会議です

9月の店長会議です

この日も、簡単なイラストや線や囲み、矢印などをつかってわかりやすく書記役をしてくれました
もともと、進行や書記をやってくれていて上手なんですが、ファシグラ講座で学んできてくれたので、より書かれる会議メモがわかりやすくなっています!

こういうのって、学んできても、実際に使わないと腕が上がりません!
さいわい たこ梅には、毎月の会議で実際にファシグラを使う機会があります
この日も、和田店長、他のメンバーとも相談して、通常は進行役、書記役はもちまわりですが、和田店長のレベルアップのため、少なくとも9月、10月、11月の3回は連続で書記役をやっていただくことにしました
こうすると、ファシグラを使う機会が増えるし、連続の方が、身につきやすいからですね!!

ファシグラを学んできた和田店長が書記役をしてくれたことが、いつもの会議と違うひとつめでした

会議の中でも行動探求(Action Inquiry)です

たこ梅では、個人の成長発達と店(組織)の成長発達を促し、学習する組織を構築するための取り組みとして、成人の発達理論をベースとした行動探求(Action Inquiry)を今年の3月から正式に導入しています

これまでは、月1回、スタッフさんが、上手く行かなかったときの会話を書いてきてコーチ役の私といっしょに、難しい会話のマトリックスというものを作成します
その中で、自分の枠組み(前提やメンタルモデルなど)に気づき、2次ループの学習へと向かいます

難しい会話のマトリックスと1次ループ、2次ループの学習

難しい会話のマトリックスと1次ループ、2次ループの学習

これを来月から、スタッフさん同士でやっている状態に段階的にステップアップしていくことを決め、スタッフさんにも伝えました

たこ梅 東店の多比羅さんと Action Inquiry

たこ梅 東店の多比羅さんと Action Inquiry

その話は、この前のブログに書いているので、コチラも併せてご覧頂くとわかりやすいと思います
→ 9月もスタッフさんと行動探求スタート!来月からはステップアップか!?

それだけでなく、特にそんなつもりはなかったのですが、スタッフさん同士で行動探求が可能になる、、、
ということは、最終的には、普段の仕事中で、「こうやった枠組みは何だろう?」「そうやった前提は何?」なんていう会話が、毎日、当たり前のように交わされることになります

きっと、わたし、無意識のうちにそんなイメージを描いていたのだと思います

9月の店長会議のとき、ある店が、お客さんの写メを気軽に撮れるといっていました
そうして、そこから、関係性をつくって、個性的な個人名刺を私、新規客さんのばあいには、確実に、3回の来店を促進する「よろしくね!カード」というツールも渡せていると言っていたんです

一方、その話を聞いていた別の店のスタッフさんは、「写真とらせてもらうとしたら『すみません、写真とらせてもらっていいですか?』」とかって言うなぁ、、、」と発言していました

まず間違いなく、後者のスタッフさんは、写メを撮ることが上手く出来ませんし、実際に撮るのは難しく思うって言ってました

そのとき、「ねぇ、今の『すみません、写真とらせてもらっていいですか?』っていうお客さんへの声かけに後ろにある『前提』は何?」って、私、尋ねていました
そして、この発言をしながら、
・前提が気になったこと
・普段の仕事の中での行動探求の使い方例をこの場で示すこと
・何気ない行動に前提が隠れていることを知ってもらうこと
の3つの意図を自分が、これも無意識のうちにもっていたことを意識しました

そして、話をする中で、『すみません』という時点で、お客さんの写真を撮るということは、そのスタッフさんにとって、お客さんの邪魔をしている!という前提が働いている可能性が高いことを伝えました
メンバーで話をして、ここに存在する前提が腹落ちしたあとで、
「こうやって、普段の仕事の中で行動探求をつかっていけるし、当たり前のように前提がかくれている!そして、来月から、行動探求の取り組み、トレーニング方法を変えていくのは、こういったことが、普通に職場でできるようになっていってもらうためなんだ!」
ということを伝えました

ありがたいし、嬉しいのは、これくらいの伝え方でも、今のたこ梅のスタッフさんには、十分に意図がつたわるいうことです

どんどん進め!Go Go Go Go !!

で、なんと、お昼ご飯にみんなでいったのですが、その時のレシートがこれです

お昼のお会計が「5555」

お昼のお会計が「5555」

お会計が「5555」でしょ!

そう、ファシグラも、行動探求も「5555」ってこと、つまり、「どんどん進め!Go Go Go Go !!」ってことなんじゃないでしょうか!?

世の中の変化に負けぬよう、どんどん、加速して進めていきますよ!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールの事前課題

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールを受講します

会社やお店の成長を願う経営者は多いでしょうし、同じく、そういう思いの社員さんもたくさんいらっしゃると

記事を読む

2018年2月の現場会議です

2月の現場会議~現場会議をすべてのスタッフさんに解放します!~

先週、たこ梅 若手スタッフさん中心の現場会議をやってました 現場会議は「クリーンセットアップ」でス

記事を読む

学習する組織と能力の成長の新聞広告

書籍の新聞広告見てたら、学習する組織構築に繋がる本が数珠つなぎに思い出されます

うち、家で、日経新聞を取っています 朝、子どもを送り出して、郵便受けの新聞を取って、いつものように

記事を読む

会議でのクリーンセットアップの手順です

会議のチェックインにクリーンランゲージの「クリーンセットアップ」が登場!

私、クリーンランゲージを使った「システミック・モデリング体験会」なるものに行ってきました 体験会、

記事を読む

パートスタッフさんに行動探求のレクチャー

パートスタッフさんに行動探求(アクション・インクワイアリー)のレクチャー開始です!

お店って組織です 組織の力を高めるには、個々のスタッフさんが自律的に行動できることが必要と私は考え

記事を読む

クリーンセットアップの手順

3月の現場会議は、クリーンセットアップのチェックインからスタート!!

先週、3月の現場会議でした たこ梅の会議では、最初に、参加者が今の状態や気持ちを会議メンバーの前で

記事を読む

ワクワク系マーケティング実践会の情報誌

「何でたこ梅さんは、ワクワク系マーケティングをやってるんですか?」というお尋ねに対する理由は、、、

小阪裕司先生が提唱されるのが「ワクワク系マーケティング」です この名前を聞くと「ワクワク系?ふざけ

記事を読む

新しいお客さまイベントの打合せ(らしい)

新しいお客さまイベントの打ち合わせ(らしい)です

この前、ホールのパートスタッフさんの人事評価者会議でした たこ梅では、スタッフさんの成長を目的とし

記事を読む

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)は、現場の人に手厚い本だと思います

このブログを読んで下さってる方は、ご存じかもしれませんが、平成20年のリーマンショックを期に、お店の

記事を読む

評価者のブレが無いように評価を全員で見ていきます

正社員さんの人事評価の評価者会議です!評価を決めるのが一番の目的はなく、、、

先週は、各店から店長さん、担当者があつまって、半期に一度の評価者会議でした 今回は、正社員さんが対

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑