*

真夏の夜の怪異!?「なんじゃこりゃーーー!腹のなかからウニョウニョと、、、」

公開日: つれづれに

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主です

この前、うちの桃侍くん(ももじ/中2)とそのお友だちと一緒に、夜、虫取りに行ってきました

この日とったカブトムシ、あとクワガタもとってました

この日とったカブトムシ、あとクワガタもとってました

カブトムシやクワガタが捕れて、連れて行った私もホッと一安心です

そのときの話はコチラのブログを見て下さい
→ 子どもたちと夜の昆虫採集、カブトムシ、クワガタが捕れてよかった、、、ほっ、、、

この日、虫取りの行ったところの駐車場での出来事です

別の車がやてきて、キリギリスが踏み潰されました

「かわいそうに、、、」と思って、近寄ってみてみると、、、

「なんじゃこりゃーーー!腹のなかからウニョウニョと、、、 (゚ロ゚屮)屮 」

キリギリスに寄生していた「ハリガネムシ」

キリギリスに寄生していた「ハリガネムシ」

ウニョウニョと細長いモノが出ています

黒っぽい針金のような、、、

そう、これが、「ハリガネムシ」です

カマキリやバッタに寄生し、このような成体になると、ある種のタンパク質を分泌し、水平偏光に反応しやすくすることで、水辺に誘いそこで池などに飛び込ませ、宿主の腹を割って出てくるのです

そして、水中にもどり交尾して、カゲロウ、ユスリカなどの水生昆虫に寄生し、それが成虫となって飛び立ち、今度は、カマキリやカマドウマなどの陸生昆虫に捕食されるとそこで成体になるのです
そして、その陸生昆虫を水辺へ行かせて腹から出てきて水中へ、、、というサイクルを繰り返します

ちなみにハリガネムシという名前の由来は、クチクラで覆われていて表面が乾いてくると針金のように堅くなることに由来します

それはそれとして、ハリガネムシが悪いわけではありませんが、正直、キリギリスから黒い針金のようなものが飛び出してくると気色悪いですよね

それも、夜の森(にある駐車場)だと、、、

いいも悪いも、夏向きの出来事でした、、、(笑)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

この子は前足も生えてきました

イモリの赤ちゃんが10匹になりました!かわいいよ ∈^0^∋

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです いま、3ヶ月に1回のペ

記事を読む

堺の八百源来弘堂 本店

堺の八百源来弘堂の肉桂餅、美味しい!で、会議のオヤツにしました

この前、10月の現場会議でした 会議の時は、お茶やら、おやつは、いろいろ用意して自由に飲んだり食べ

記事を読む

お年玉付き年賀はがきの3等「お年玉切手シート」

お年玉付き年賀はがきで、招き猫のかわいい「切手シート」が3枚当たりました!ありがとうございます!

1月20日に、お年玉付き年賀はがきの当選番号発表がありましたね! 平成31(2019)年のお

記事を読む

虎魚(おこぜ)の唐揚げ

自分でとったタコに、オコゼも食ったどぉーーーー!!by 桃侍くん

昨日は、桃侍くん(中1)との短い夏休みで海に行った話を書きました 海に浮かびながら獲物をさが

記事を読む

(たぶん)モクレンの新芽

都市部から郊外の自然のなかに行くと、、、

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 半世紀以上生きていると

記事を読む

新型コロナウイルス感染症 ~市民向け感染予防ハンドブック 第1.1版(東北医科薬科大学病院)

コロナ対策には、正しい情報と何を知っていて何を知らないのかが大切だと思います

新型コロナウイルスでは、小中高に2週間休校要請がでたり、さまざまな情報が入り乱れていますね

記事を読む

イモリの卵

春ですね!イモリが産卵をはじめました

あと数日で立春ですね そう、暦の上では春です 山添村の自然農法畑(2020年8月)[/

記事を読む

iRobot社製のルンバです

たこ梅の事務所にルンバくんがやってきました!

たこ梅の事務所というと、いつも、会議をやったり、スタッフさんの貸出用の本が並んでいます 12

記事を読む

自然農法菜園の防虫ネットを外しました

開始から1ヶ月、裏庭の自然農法菜園の防虫ネットを外すと、、、

3月にたこ梅のスタッフさんと奈良県山添村で自然農法による畑を始めました 山添村の自然農法の畑

記事を読む

羽化したコオニヤンマ

コオニヤンマが羽化、抜け殻もきれい!!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです うちの桃侍(ももじ/中

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑