*

「ティール組織の学びを深める2日間 Day1」に行ってきました!

ますます、何が正解なのか?これでいいのか?が、だれにもわからないような世の中になってきました
高度成長期であれば、時流に乗る!ことが正解だったかもしれません
ただ、今は、大多数、メインストリームと思える企業や会社が、おおむね上手く行っていない、、、
みんなと一緒!は通用しない世の中になっているんでしょうね

「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)

「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)

今年の1月に発売され、ビジネス関係の書籍としては異例の増刷を重ねているのが、「ティール組織」という本です

この本のことには、こちらのブログにチラッと書いてるのでよかったら見てね
「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)を購入!

成人の発達理論をベースに、組織の発達について書かれた本です

 

人類のパラダイムと組織の発達段階

この「ティール組織」という本で書かれている発達段階に、ちょこっとだけ参考までに記載しておきます

 

【人類のパラダイムと組織の発達段階】

人類のパラダイムと組織の発達段階

人類のパラダイムと組織の発達段階

進化型・ティール)変化の激しい時代における生命体型組織の時代へ。自主経営(セルフマネジメント)、全体性(ホールネス)、存在目的を重視する独自の慣行。

多元型・グリーン)多様性と平等と文化を重視するコミュニティ型組織の時代へ。ボトムアップの意思決定。多数のステークホルダー。

達成型・オレンジ)科学技術の発展と、イノベーション、起業家精神の時代へ。「命令と統制」から「予測と統制」。実力主義の誕生。効率的で複雑な階層組織。多国籍企業。

順応型・アンバー)部族社会から、農業、国家、文明、官僚制の時代へ。時間の流れによる因果関係を理解し、計画が可能に。規則、規律、規範による階層構造の誕生。教会や軍隊。

衝動型・レッド)組織生活の最初の形態、数百人から数万人の規模へ。力、恐怖による支配。マフィア、ギャングなど。自他の区分、単純な因果関係の理解により分業が成立。

神秘的・マゼンタ)数百人の人々構成される部族へ拡大。自己と他者の区別が始まるが世界の中心は自分。物事の因果関係への理解が不十分で神秘的。

無色)血縁関係中心の小集団。10数人程度。「自己と他者」「自己と環境」という区別がない。

ティール組織のセミナーに行ってきました!

さて、この本の中に、現時点での組織としての発達段階が最も高い組織が「ティール組織」とされていて、いろんな状況がおきても回復力や対応力が高く、そこで働く人々は自律的に自分らしく働いている、、、らしい
なんか、ある種、理想的な組織にも見えます

私も、ティール組織が、たこ梅にあってるかどうかはおいといて、そこから学べることや参考に出来る事もあるにちがいない!なんて思ってます

ティール組織をつくる実際、実践は、どうなんだ?

ただ、本を読んでも、実際にはどうなんだ?ってことは、なかなかわからない、、、
そんなとき、実際に組織にティール組織を実現するひとつのやり方である「ホラクラシー」を導入している実践家のセミナーがあることを知りました
吉原史郎さんとおっしゃる、ホラクラシーというやり方を開発し提供しているホラクラシー・ワン社が認定した初の日本人ホラクラシーファシリテーターの方の2回の連続セミナーです

ちなみに吉原史郎さんの会社NOL社の公式サイトとブログはコチラです!
→ Natural Organizations Lab Inc. 公式サイト
→ 吉原史郎さんのブログ「実務とつなげる経営の新潮流」

日本人初のホラクラシー・ワン認定ファシリテーターの吉原史郎さんと記念に撮影

日本人初のホラクラシー・ワン認定ファシリテーターの吉原史郎さんと記念に撮影

昨日、その1回目「ティール組織の学びを深める2日間 Day1」が博多であったので、日帰りで行ってきました!

ティール組織の概要から、実際にホラクラシーというやり方を使いながら会社や組織に導入する中で得られた実務での気づきや知見をいろいろ聞かせていただけました
それに、わからないこと、気になったことに、何でも、真摯に向き合って回答されていて、そのひとつひとつが、「うんうん、なるほどな、、、!」ってしみこんでくる感じでした

そう、上手く行ったことだけじゃなく、上手く行かなかったことも包み隠さず話されるので、より、そう感じたのかもしれません

ティール組織を創ったリーダーがいなくなっても、ティール組織は存続できるのか?

私も、ティール組織を読んで、本に登場するいずれのティール組織にも、目指す状態を創ろう!というリーダーがいたと理解しています
そして、私の疑問は、そのリーダーがいなくなったとき、、、それでも、そのティール組織は存続するのか?ということがひとつありました

ホラクラシー、ティール組織

ホラクラシー、ティール組織

それを素直に尋ねたら、吉原さんは正直に、「例えば、ザッポスで、今、トニー・シェイ(CEOでホラクラシー導入を決めた人)がいなくなったら崩壊すると思います」と答えてくれました
それを聞いて、私は、ティール組織って永続性がない、、、のではなく、それを凌駕する仕組みやメンバーの育成があるけど、まだ、確立されていない!と理解しました
というのも、吉原さんは、単に「崩壊する」と言ったんじゃなくて、「『今』、トニー・シェイがいなくなったら、、、」と言ったんだと思います

基本、組織は、人の寿命より長く永続を期待するものだし、そうあるようにメンバーが構築していくものだと私は思っているので、、、

ちょっと、話が横にそれましたが、2週間後に、2回目のセミナーがあります
それまで、今回の事で、なにかひとつ、ちっちゃなことでも実際に取り組んでみて、それについて、吉原さんに聞いてみたいと思います

さぁ、今日も、楽しくがんばろーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

店長会議で意見交換中

3月の店長会議~コロナ騒動の今だからこそできることもある~

今週、3月の店長会議をやってました コロナウイルス騒動でキタもミナミも、以前より人が少ない 話題

記事を読む

発表後に参加者からの質問に答える和田店長

ワクワク系マーケティング実践講座2019 最終講です!和田店長も実践事例を発表です

今年の5月から、道頓堀 たこ梅本店の和田店長が、全5回のワクワク系マーケティング実践講座2019に新

記事を読む

付箋をつけられた書籍

簡単にできる頭に入る本の読み方!最近、これやってます

平均すると、どうも、月に2冊前後、本を読んでいるようです 世間では、色んな本を読む読み方があるよう

記事を読む

直山さんと行動探求(Action Inquiry)のミニ講座スタートです!

ホールのパートスタッフさんへの行動探求ミニセミナーがスタート!

平成20年9月のリーマンショックをきっかけに、それまでのマーケティングではうまくいかない、、、 そ

記事を読む

安藤さんと多比羅さん、ワークに集中しています

「脱人材不足!自発的な人財を集める採用術」セミナーにスタッフさんと行ってきました!

おはようございます! 昨日は、道頓堀 たこ梅 本店の安藤さん、ホワイティうめだ たこ梅 東店の多比

記事を読む

自分の事例でシステム原型「予期せぬ敵対者」を描く演習

「ディビッド・ストロー氏に学ぶシステム原型」で頭がウニになっています

現在は、VUCAの時代で、先が見通せない!分からない!といわれる世の中になってきた、、、と言われてい

記事を読む

ミンデル夫妻来日セミナー

プロセスワークの創始者アーノルド・ミンデルのセミナーに行ってきました!

てっちゃん、たこ梅という「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋の五代目店主をやって

記事を読む

「無意識がわかれば人生が変わる」(前野隆司 由佐美加子 著)

「無意識がわかれば人生が変わる」(前野隆司・由佐美加子 著)を読んでみて

この前買った「無意識がわかれば人生が変わる」(前野隆司・由佐美加子 著)を読み終えました 「

記事を読む

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート 著)を再読している理由(わけ)は、、、

以前読んだ本をまた読んでいます ザーッ!と流し読みに近いんですが、読んでいます 私、同じ本を

記事を読む

ワクワク系マーケティングの本をもつ安藤店長

価値創造の思考法、「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!(小阪裕司 著)を安藤店長にプレゼント!

昨年、一昨年と、たこ梅のスタッフさんが、5月から翌年1月まで、何度か、新横浜まで通ってます ワクワ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑