*

「最難関のリーダーシップ」(ロナルド・ハイフェッツら著)を購入です!

昨日、梅田のお店に行ったついでに、阪急梅田駅下にある紀伊國屋書店に立ち寄りました
そしたら、、、

出てました!!

うん、ソッコー、買った!!

「最難関のリーダーシップ」を購入しました!

で、買ったというのは、この本です

「最難関のリーダーシップ」(ロナルド・A・ハイフェッツら著)

「最難関のリーダーシップ」(ロナルド・A・ハイフェッツら著)

「最難関のリーダーシップ~変革をやり遂げる意思とスキル~」(ロナルド・A・ハイフェッツ、マーティ・リンスキー、アレクサンダー・グラショウ 著)です

「リーダーシップとは何か?」(ロナルド・A・ハイフェッツ 著)

「リーダーシップとは何か?」(ロナルド・A・ハイフェッツ 著)

私、以前、ロナルド・ハイフェッツの著書「リーダーシップとは何か?(Leadership Without Easy Answers)」を読んで、特に3つの概念に大きく影響を受けました

それは、次の3つです(訳語に関しては、邦訳書籍や邦訳論文等により微妙に異なります)

【技術的問題/技術的な課題】(Technical problem)
・解き方がすでにわかっている
・問題を解決するためにどのような技術を習得すべきかわかっている
・必ずしも簡単な問題とは限らない(が、複雑な数式がそうであるように既にある知識、技術を適切に使用すれば必ず解くことができる)

【適応課題/適応を要する課題】(Adaptive challenge)
・既存の思考様式では解決することが出来ない(難しい)
・個人や組織として思考様式をあらため、それに基づいて行動の修正を繰り返す必要がある

【オーソリティー】(Authority)
・権威、権力
・リーダーシップにおいては信用や信頼などから暗黙に与えられる影響力を発揮する
・受益者の信頼を損ねるとオーソリティーは下がるなど変動するものである
・明確なオーソリティーがあると序列により迅速な決定、行動を促す

実際、リーダーシップを発揮する中で、私が困難であるとおもっていることのひとつに、技術的問題としては捉えられない出来事がどんどん増えてきていることです
動的(ダイナミック)な複雑性、社会的な複雑性、出現する複雑性が入り混じったホントに「どうせーちゅーーーねん!?」っていう複雑な問題が増えていて、一見、正解に見える解決法をとったところで、問題を先送りしているか、別の所に問題を生み出してしまうからです

自分自身が問題の一部となっていて、解決しよう!と行動すること自体が、すでにある問題に影響を与え新たな問題を生み出す、、、
まさに、適応課題に取り囲まれているように思えてなりません

そんな複雑な問題、適応課題に取り囲まれる中、どんなリーダーシップを発揮すればいいのか、、、
きっと、ヒントが隠されてると思い今回の「最難関のリーダーシップ~変革をやり遂げる意思とスキル~」(ロナルド・A・ハイフェッツ、マーティ・リンスキー、アレクサンダー・グラショウ 著)の出版を楽しみにしていました

「最難関のリーダーシップ」(ロナルド・A・ハイフェッツら著)

「最難関のリーダーシップ」(ロナルド・A・ハイフェッツら著)

それが、本屋さんに並んでいたので、速攻、ゲットしたのです!!

とはいえ、今、まだ、こっちの本読んでます

「最難関のリーダーシップ」と「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」

「最難関のリーダーシップ」と「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」

こっちの本!っていうのは、8月から読んでいる「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)です
発達理論をベースとして、個人と組織がどのように進化していくか?どんなシステムがそこに存在するのか?ということが実例を紐解きながら語られています
これ、ちょうど、われわれが行動探求(Action Inquiry)を活用しながら取り組んでいる先の姿を描かれている側面もあり、すごくおもしろい、、、
同時に、現在実践していることに対する示唆に飛んでいるので、おもしろいからどんどん、、、と簡単に読み進められなくなっています
実際にやっていることを考察したり、アイデアを膨らませたりしながら読んでいるので、通常の私の読書速度の数倍の時間をかけて読んでいます

で、やっとこ半分くらい読めたので、あと半分読み終わったら、こちらの「最難関のリーダーシップ~変革をやり遂げる意思とスキル~」(ロナルド・A・ハイフェッツ、マーティ・リンスキー、アレクサンダー・グラショウ 著)にとりかかろうかな?って思ってます
とはいえ、積ん読がたまってるので、スグにいけるかなぁ、、、^^;;;

ただ、今年中には読みたいと思ってます!(^o^)v

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「真経営学読本」(福島正伸 著)

「真経営学読本」(福島正伸 著)は、人生が豊かになる本の一冊であると思います

先代社長が亡くなり、突然、10年以上つとめた会社員を退職、たこ梅を継いで17年目になります そ

記事を読む

「実践 シナリオ・プランニング」新井宏征 著

「実践 シナリオ・プランニング」新井宏征 著 を読み始めました

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです もう1年半ほど、コロナ

記事を読む

パートスタッフさん対象の人事評価者会議

パートスタッフさんの人事評価者会議です

この前は、正社員さんを対象とした人事評価者会議を開催しました 人事評価者会議10月[/cap

記事を読む

会議のオヤツは「とうふドーナツ」

2月の店長会議~会議での役割が変わってきたようです~

先週、2月の店長会議がありました その中で感じたのは、私の役割が変わってきたことです 店長会議で

記事を読む

人間関係にあらわれる未知なるもの(アーノルド・ミンデル著)

中間報告~ミンデル本12冊のうち8冊目を読了しました~

昨年、アーノルド・ミンデルの本をまとめて12冊購入! 積ん読だったんですが、2月11日に「5月2日

記事を読む

マンガでやさしくわかる5S(高原昭男 著)

マンガでやさしくわかる5S(高原昭男 著)が、たこ梅文庫に追加です!!

仕事の基本のひとつに、整理整頓や片付けがあります わたしも、大事だと思います それで、整理整

記事を読む

利益が見える戦略MQ会計、「数字」が読めるとホントに儲かるんですか?

現場のスタッフさんに役立つ『会計』を探し中です!!

うちのスタッフさん、よう勉強しはります 小阪裕司先生の「わくわく系マーケティング」、松野恵介先生の

記事を読む

著者の由佐美加子さんと

「ザ・メンタルモデル THE MENTAL MODEL」(由佐美加子、天外伺朗 著)を読み始めました!

8月31日(土)に発売になった本があります ザ・メンタルモデル THE MENTAL MODEL

記事を読む

「お客さまを呼ぶスゴい仕掛け」の著者、佐藤元相先生と記念撮影

「お客さまを呼ぶ!スゴい仕掛け」(佐藤元相 著)で気づいたお客さまがいだく「不公平感」のこと

先日、No.1戦略コンサルタントで、ランチェスター戦略をベースとした「あきない実践道場」を主宰されて

記事を読む

「ソウル・オブ・マネー」(リン・トゥイスト著)

「ソウル・オブ・マネー」という本を買っちゃいました!

なんか、なぜか、めちゃめちゃ興味があって欲しい!ってわけでもないのに、気になる本があります 先日も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑