*

ワクワク系マーケティング実践講座にスタッフさん2名が参加することに、、、

公開日: 学習・研修&セミナー

ワクワク系マーケティングっていうのがあるんです
小阪裕司先生が提唱される「商い」が楽しくなって、まわりも、どうやらハッピーになり、お客さんも楽しくお店(会社)を選んでくれるようになるらしい、、、

そんな不思議なマーケティングメソッドです

ワクワク系マーケティング実践講座2016にスタッフさんが参加

昨年、そのワクワク系マーケティングの5回講座に、うちのスタッフさん2名が参加してくれました

ワクワク系マーケティング実践講座で上原さんが取り組んだことを発表

ワクワク系マーケティング実践講座で上原さんが取り組んだことを発表

ワクワク系マーケティング実践講座で大西さんが取り組みを発表です

ワクワク系マーケティング実践講座で大西さんが取り組みを発表です

新梅田食道街 たこ梅 分店の上原さんと、ホワイティうめだ地下街にある たこ梅 東店の大西さんです
この講座、新横浜であるため、毎回、新横浜まで二人とも通って、勉強して学んできてくれました

ワクワク系マーケティング実践講座2016に、また、スタッフさん2名が参加

そして、ことしも、このワクワク系マーケティング実践講座が、同じく、5回の連続講座として、やっぱり新横浜で開催されます
今回も、2名のスタッフさんに参加してもらうことにしました

たこ梅は、道頓堀の 本店、新梅田食道街の 北店と分店、ホワイティうめだの 東店と4店舗あります
前回は、分店の上原さんと東店の大西さんだったので、、、

今回は、、、、

やっぱり、分店の峯松さんと、東店の多比羅さんです

「あれ?まだ、参加者のいない本店と北店じゃないの?」

って、声が聞こえてきそうですが、まちがいなく、昨年と同様、分店と東店です

その理由(わけ)は、、、

同じ店から2人目のスタッフさんが参加してくれると、おなじ「ワクワク系マーケティング」というメソドロジーを学んだ人間が、ひとつの店に2人という状況ができあがります
こうなると、わからないことを聞けたり、お互いにサポートやフォローしあえます
その方が、1人でがんばるより、継続し、学び合いやすいからなんです

「ファシリテーションの本質とファシリテーターのあり方」で星野欣生先生と!

「ファシリテーションの本質とファシリテーターのあり方」で星野欣生先生と!

ファシリテーションの実践者であり権威でもある星野欣生先生に、以前、「ファシリテーションの本質とファシリテーターのあり方」という講座で、研修がうまく行く組織とそうでない組織について、お話をうかがったことがあります
うまく行っているところは、毎年、何人かの社員さんを同じ講座に通わせることで、「フォローのシステム化ができている!」とおっしゃっていました
その詳しい話は、コチラのブログをご覧下さいね!
→ 星野欣生先生のワークショップで気づいた「上手く行くOD(組織開発)と上手く行かないODの違い」

それで、今回も、昨年と同じく、分店と東店のスタッフさんに参加いただくことにしました!

ワクワク系マーケティング実践講座2017に参加するスタッフさんは、、、

で、参加するのは、、、、

新梅田食道街の たこ梅 分店からは、

小阪先生の本2冊を手渡された峯松さん

小阪先生の本2冊を手渡された峯松さん

峯松さんです!!

そして、ホワイティうめだ たこ梅 東店からは、

小阪先生の本2冊を眺める多比羅さん

小阪先生の本2冊を眺める多比羅さん

多比羅さんです

参加に当たっての事前課題

ワクワク系マーケティング実践講座2017に参加するに当たっては、事前課題があります

2人の写真を見て下さいね
2人とも、2冊の本を持ってますよね!

「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!、価値創造の思考法(小阪裕司 著)

「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!、価値創造の思考法(小阪裕司 著)

5月に始まる第1講までに、「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!、価値創造の思考法(小阪裕司 著)という2冊の本を読んでおくことです

さらに、、、

ワクワク系マーケティングのDVDと本

ワクワク系マーケティングのDVDと本

この画像の左上の2つのDVDをやっぱり第1講までに観ておくこと!!
って、どちらも5,6時間の長編です、、、

さらに、翌月の第2講までには、下段のDVD7本も観ておくこと!!
こちらは、1本1時間程度かな?

これらの課題を事前に勉強しておくことで、ワクワク系マーケティング実践講座2017に参加したとき、二人の学びがグッと深くなるので、ちょっと、がんばってもらうことにしました!

お店で、峯松さん、多比羅さんを見かけたら、「研修、がんばってこいよ!!」って、ぜひ、応援の声をかけてやってください!!
お客さまの声が、一番の励みになりますから!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

5人の新人スタッフさんに配布するAndroidタブレット

新人スタッフさんに情報共有用のタブレットを配布しました!

平成20年のリーマンショックを機に、たこ梅は、平成22年4月から、予想外のことが起きても、起きたこと

記事を読む

本店の「立呑みサマーナイトフェスティバル」取り組み発表

POPを1枚も書かない!?「POPで楽しく価値を伝える研修♪2017 Part 2」です

今年で5年目を向かえる「POPで楽しく価値を伝える研修♪」が、5月に続き開催です タイトルは、「P

記事を読む

店ごと取り組みについてまとめる

4年目を迎えた「POPで楽しく価値を伝える研修♪」です

昨日のブログで、「POPで楽しく価値を伝える研修♪」が4年目を迎えましたが、あきらかにスタッフさんた

記事を読む

1月の「これからのリーダーシップ勉強会」です

スタッフさんと1月の「これからのリーダーシップ勉強会」に行ってきました!

たこ梅は、ご存じの通り、たこ甘露煮、関東煮(かんとだき/おでん)とお酒をお出しする上かん屋®という飲

記事を読む

「情報があり過ぎる時代に、選んでもらうためのエクスマ・SNS活用セミナー」に行って来ました!

モノを売るな!体験を売れ! 昨日は、「モノを売るな!体験を売れ!」というエクスペリエンスマーケティ

記事を読む

「利益が見える戦略MQ会計」を島田さんにプレゼント

MG研修初参加の島田さんに「利益が見える戦略MQ会計」を差し上げました!

よく、経営者さんは、こういうことを考えています 「社員は経営者の視点で考えろ!」って、ホンマにでき

記事を読む

バルーンヘルプの宮本さんと顧客データベース「大福帳」の打合せ

顧客データベース「大福帳」を「顧客の旅デザインマップ」に合わせた改良にチャレンジ!?

商いで大切なことは、お客さまに喜んでもらう!ことだと、私は、思っています 同時に、喜んでもらって、

記事を読む

メンバーと自分の「顧客の旅デザインマップ」についてディスカッションする髙羽さん

ワクワク系マーケティング実践交差2018の第2講は「顧客の旅デザインマップ」!です

5月から、来年1月まで、5回にわたる「ワクワク系マーケティング実践講座2018」に、新梅田食道街 た

記事を読む

天外塾でお世話になった後藤さんとお友だち

宮城県の仙台から来てくれはった気持ちに感謝です!!

うちの店、たこ梅っていう飲食店、、、というか、飲み屋さんです 江戸時代くらいに出来た上等の酒を上々

記事を読む

ホワイト企業大賞特別賞「学習する組織経営賞」を受賞です

ホワイト企業大賞の特別賞「学習する組織経営賞」をいただきました!

昨日、1月21日は、東京の浜松町にあるメルパルクホテルで、「第4回ホワイト企業大賞」の発表がありまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑