*

武井塾「ティール型組織運営:実践編」第3講へ行ってきました!

7月、8月に続いて、武井塾「ティール型組織運営:実践編」第3講へ行ってきました!
第2講の様子はコチラのブログを見てね!
→ 武井塾「ティール型組織運営:実践編」第2講へ行ってきました!

サインと記念撮影からスタート

この武井塾 第3講のちょうど1週間前に、武井浩三さんと天外伺朗さんの共著「自然経営(じねんけいえい)」が発売になりました

「自然経営 JINEN Management」(武井浩三、天外伺朗 著)

「自然経営 JINEN Management」(武井浩三、天外伺朗 著)

私も、早速に書店で購入!!
この本を読んで、今回の第3講にのぞみました

で、会場に到着すると最初にやったのが、、、

左から)天外伺朗さん、てっちゃん、武井浩三さん

左から)天外伺朗さん、てっちゃん、武井浩三さん

「自然経営」の著書に、武井浩三さんと天外伺朗さんにサインをもらうこと
そして、そのあと、3人で記念撮影です

この日は、8月末に発売になった由佐美加子さんと天外伺朗さんの共著である「ザ・メンタルモデル」も持っていたら、天花産が、「てっちゃんは、これ(ザ・メンタルモデル)もって写ろう!」とおっしゃったので、こういう絵になっております

武井塾第3講はティール段階にまつわる世界

武井塾第3講はティール組織に関連することから始まりましたが、地域通貨やポスト資本主義経済、パーマカルチャーなど、現在、武井さんの見えている(おそらくティール段階にまつわる)世界を自由に話されていた印象でした

2019年 武井塾 第3講 その1

2019年 武井塾 第3講 その1

今回の話の難しいところは、同じもの、出来事を見ても、その発達段階によって見え方が違っていると言うこと
武井浩三さんは、会社(ダイアモンドメディア社)がそのように発達したので、ティール段階にいると考えられます
その武井さんが見える世界を武井さんが語ると、その意味は頭ではある程度理解できても、体感が出来ない
言い換えると肚落ちしないのです

2019年 武井塾 第3講 その2

2019年 武井塾 第3講 その2

頭でわかると、わかったようで実はわかってなくて、わかってないのに「わかった!」(←確かにわかってるんですよ!ただし、自分の狭い枠組みの中で、、、)となって余計まずかったり、それ以上、成長しなかったり、、、

まぁ、そんなこんなで、第3講はいちばんわけわからんくて、私的には「楽しかった!」です

われわれ(たこ梅)は、別段、ティール組織を目指していません(目指すものでもないという話は第2講のブログを参照)
単に、われわれが創り出したい世界を創り出そうとしているだけです
世界といっても、たいした話ではなく、お店にかかわった人たちが「世の中がちょっとだけよくなる」と感じられる世界です

例えば、仕事で上手く行かなくて落ち込んだお客さんが店に寄ったとき、「しんどいんやね」ってスタッフさんに声をかけられたら、「わかってもらえた」って、ちょっとホッとする
そして、家に帰ったとき、子どもが大きな声で騒いでいても、しんどかったら「うるさいな!」だけど、「元気なんや」って嬉しく感じられる、、、それが、たこ梅が目指す「世の中がちょっとだけよくなる」です

武井塾で学んだことも取り込んで、われわれは、「世の中がちょっとだけよくなる」を目指して活動していきます!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「インテグラル理論(A THEORY OF EVERYTHING)」の旧版と新版(ケン・ウィルバー 著)

大人の事情で「インテグラル理論」(ケン・ウィルバー 著)を読むことに、、、

この前から、エイドリアン・ベジャンの「流れとかたち」を読んでいます 流れとかたち(エイドリア

記事を読む

シビアな話のハズなのに笑顔が、、、

6月の現場会議~シビアな議題でも笑顔が、、、自律とリーダーシップの発達~

昨日は、たこ梅 若手スタッフさん中心の現場会議でした 実は、相当にシビアな議題もあったんですが、そ

記事を読む

五龍館さんを出発する前に、みんなで記念撮影!

長野県白馬村のリピーター率60%を超える五龍館さんへ2泊3日で研修旅行!

たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)は、ほとんどが自家製です その仕込みをしている仕込み場を大幅に

記事を読む

ダイアモンドメディア代表取締役社長 武井浩三さんと記念撮影

ティール組織を地で行く ダイアモンドメディア 武井浩三さんの講座に通ってます

不動産テック企業で、社長を投票で決めるとか、給与は全員に公開してみんなで決めるとか、変わった経営でテ

記事を読む

兵庫県産「山田錦」の糠(米袋ですが中身は糠です)

自然農「恵み循環農法」の天地返しで使う「山田錦の糠」が到着です

奈良に、たこ梅の研修施設があります そこにちょうどいい広さの土地があって、こじんまりとした畑ができ

記事を読む

たこ梅 北店の大西さん、本を3冊貸出です

今日も、スタッフさんが、たこ梅文庫から本をかりて行ってくれました!

毎月の店長会議、(若手スタッフさんの)現場会議を難波にある事務所やっています その会議をやっている

記事を読む

パートスタッフさんに行動探求のレクチャー

パートスタッフさんに行動探求(アクション・インクワイアリー)のレクチャー開始です!

お店って組織です 組織の力を高めるには、個々のスタッフさんが自律的に行動できることが必要と私は考え

記事を読む

U理論の基本と実践がよ~くわかる本

「U理論の基本と実践がよ~くわかる本」(中土井 僚 著)をいただきました!

2008年のリーマンショックを機にそれまで順調であって売上が下がり続けるようになりました そのとき

記事を読む

チェンジエージェントさんのオフィスに来ました

行動探求の現場での活用についてチェンジエージェントの小田理一郎さんに相談に行ってきました!

うーーん、使える気がするのに、うまく使えてない、、、いや、ぜんぜん、つかえてない、、、 なにがいか

記事を読む

学習する組織と能力の成長の新聞広告

書籍の新聞広告見てたら、学習する組織構築に繋がる本が数珠つなぎに思い出されます

うち、家で、日経新聞を取っています 朝、子どもを送り出して、郵便受けの新聞を取って、いつものように

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑