*

武井塾「ティール型組織運営:実践編」第2講へ行ってきました!

不動産テック企業にダイアモンドメディア社があります
この会社、かわってます
社長を投票で決めるとか、給与は全員に公開で決めるとか、、、それで、メディアにもたびたび取り上げられますし、2017年の「第3回 ホワイト企業大賞」も受賞されています

ダイアモンドメディア代表取締役社長 武井浩三さんと記念撮影

ダイアモンドメディア代表取締役社長 武井浩三さんと記念撮影

そこの代表をやっているのが、この人、武井浩三さんです

武井塾「ティール型組織運営:実践編」に通ってます

この武井浩三さんの 武井塾「ティール型組織運営:実践編」というのが、7月、8月、9月と3回の連続講座であって、この前、第2講に行ってきました

昨日のブログ「ティール組織を地で行く ダイアモンドメディア 武井浩三さんの講座に通ってます」に書いていますが、予習のつもりで、武井浩三さんが書かれた著書2冊を読んでいきました

「会社からルールをなくして社長も投票で決める会社をやってみた。」「管理なしで組織を育てる」武井浩三 著

「会社からルールをなくして社長も投票で決める会社をやってみた。」「管理なしで組織を育てる」武井浩三 著

この本に書かれていることも、講座の中で事例として出てきますし、本には書かれていないよりディープな話もでてきます

変わった経営でティール組織を地で行く企業にダイアモンドメディア社があります

このダイアモンドメディア社の代表取締役である武井浩三さんの3回連続講座が7月からあって、この前、その2回目の講座に行ってきました

武井塾「ティール型組織運営:実践編」第2講

武井塾「ティール型組織運営:実践編」第2講

私も、ダイアモンドメディア社のことは、社長を投票で決める!とか、給与は公開で社員が決める!などの刺激的な見出しのメディア記事で知っていました
著書の中にも、それらのことは書かれています

「ティール組織」は目指すものではない

実際に武井浩三さんの話を聞いていくと、社長を投票で決めるとか、給与は公開で社員が決めるというのをやれば、ダイアモンドメディアのようないわゆるティール組織になるのではなく、ダイアモンドメディア社が自分たちの姿を探しながら進んでいったら、こんなことをやるようになって、それが、組織の発達段階という尺度で見ると「ティール組織」といわれるステージにいたというのが起きたことのようです

「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)

「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)

「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)という書籍がビジネス書としては異例のベストセラーとなったのが昨年のことで、それから、ブームのように「わが社をティール組織にしなくては!」「ティール組織をめざす!」という声があちこちから聞こえてきました

なんかその声に違和感を覚え「ティール組織って目指すもんなんかいな?」って思っていたものの、具体的にじゃあどうなの?といわれると困るような状態でした

それが、今回、武井浩三さんのお話を聞く中で、どの発達段階(レッド/アンバー/オレンジ/グリーン/ティール)であったとしても、その会社、組織にとってしっくりきていて、そこのメンバーが幸せだったらいいんじゃないか?ということがひとつ

今ひとつは、ティール組織はめざすものではなく、自分たちが本当にめざすものに向かう中で、ひょっとしたら、その組織の段階がティール段階に達しているということが起こるということ
自分たちの組織が目指す姿になったとき、それがオレンジ段階であれば、それはそれでOKなんだと思います

目指す組織への進化するために「構造」を調える

第1講、第2講と武井浩三さんの話をきいていて、社長を投票で決めるとか、給与は社員が決めるとか言うのは、「構造」を調えるためにやっているということがわかってきました

例えば「情報の透明性」ということを大事にされています
その構造を調えるひとつが、給与を公開することだったようです
そして給与を公開すると、紆余曲折はあったようですが、お互いが納得できる給与の決め方に最終的にはおちつきます
その給与は、仕事の負荷だけでなく、立場や状況など、いろいろなことが加味されていきます
それらを一緒に給与を決める社員さんが考えることになるのです
一般の会社だったら、経営者しか考えないようなことをどの社員さんもが考えることになります
これが、ティール組織の3つの特徴(要件?)のひとつである「自主経営」にあたるのだろうと思います

武井塾「ティール型組織運営:実践編」第2講のメモ

武井塾「ティール型組織運営:実践編」第2講のメモ

私が、なるほど!と思ったのは、目指す組織(の状態)へ進化するために「構造」を調えると、そこの人たち(社員さんやメンバー)は、目指す状態に向かうために自律的に考え自律的に行動をとるようになるのだということです

武井浩三さんは、ティール組織への進化のためには
・透明性
・流動性
・開放性
が重要と言われています

これを鑑みながら、自社に必要な「構造」を調えていけばいいのではないだろうか?と思うのです

さて、課題はここから!
たこ梅の場合、どういう「構造」が必要なのか?ということ

これについて、まず、次回、9月下旬の第3講までに考えて行こうと思っています

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

つらい仕事が天職に変わる!(肥前利郎 著)を20冊まとめ買い

休業中に「つらい仕事が天職になる!(肥前利郎 著)」を読めるように配りました!

お店として小阪裕司先生が提唱される「ワクワク系マーケティング」に取り組んでいます このワクワク系マ

記事を読む

前編のおさらいから始まります

「行動探求入門セミナー(後編)」~講座そのものが行動探求だった、、、~

平成20年のリーマンショック後、それまで売上も利益も順調だったお店が、、、_| ̄|○ 学習する組織

記事を読む

左)社会変革のシナリオ・プランニング(アダム・カヘン著) 右)シナリオ・プランニング(ウッディー・ウェイド著)

新型コロナ禍の今、シナリオ・プランニングに取り組んでみようと思います

今、世界、そして、日本も新型コロナウイルスの猛威の前にたいへんです われわれのお店、たこ梅も大変で

記事を読む

小阪先生の本2冊を手渡された峯松さん

ワクワク系マーケティング実践講座にスタッフさん2名が参加することに、、、

ワクワク系マーケティングっていうのがあるんです 小阪裕司先生が提唱される「商い」が楽しくなって、ま

記事を読む

英治出版の田中さんが、事務所まで、「学習する組織」入門を持ってきて下さったんです!

「学習する組織」入門を英治出版の田中さんが、事務所へ持ってきてくれはりました!(*゜д゜*)

いやー、びっくりしました、、、 数日前になりますが、朝、メールが届きました ところで、昨年、

記事を読む

「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)をプレゼント

オンラインでの連続8回のNVC基礎講座、第1回を金田さん、深澤さんが受講です!

起きた出来事をきちんと受け取って向き合うためには、まず、自分がその出来事をどのように捉えているのかを

記事を読む

次回のイベントの取り組みについて検討

POPで楽しく価値を伝える研修♪2018 Day 2

この数年、年に2回、「POPで楽しく価値を伝える研修♪」というのをやっています POPで楽し

記事を読む

プロジェクト・デザイン・パターン、パターン・ランゲージ、複雑系入門(井庭崇ら 著)とプロジェクト・デザイン・パターンカード

「プロジェクト・デザイン・パターンカード」買っちゃいました!社長のアカデミー賞2017グランプリホルダーがスゴイ!っていうもんだから、、、

この前、フェイスブックを見てたら、ある記事が目にとまりました たこ梅では、小阪裕司先生が提唱される

記事を読む

個人と組織の発達に関する本や資料です

最近のマイブームは、「成人の発達理論」です!これ、仕事に役立つ予感、、、

流行(はやり)、マイブームっていう言葉がありますよね 私にも、ときどき、おとずれるようです!

記事を読む

ロバート・フリッツと記念に

ロバート・フリッツ 創り出す思考ワークショップに、行ってきました!

2008年9月のいわゆるリーマンショックを機に、順調だった売上(社内では買上といってます)が下がり始

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑