*

「新しい社会の『新しい商売のカタチ』を創り出す」の中間報告&今後の取り組みを考える

新型コロナの影響で、飲食店の売上は激減しただけで無く、テレワークや社会的距離(ソーシャルディスタンス)をとるなど社会の常識も変わりました

新型コロナで社会のスタンダードが変わる

10月くらいから、一連のGoToなどもあって、少しずつ回復傾向にはあるものの、GoToは終了しますし、テレワークの傾向はつづくでしょう
いくら待っても、1年前の状況にはもどりません

社会の常識、スタンダードがかわるということだと思います

となると、これまでのビジネスモデルでは通用しなくなると言うことです
新しい社会の『新しい商売のカタチ』が必要になります

とはいうものの『新しい商売のカタチ』が、どういうものかわかりません
いろいろやってみるしかないのだと思います

『新しい商売のカタチ』を創り出す

今年の9月に、全店を休業して、全正社員さんと有志のパートスタッフさんに集まってもらい、ファシリテーションを毎年研修でお世話になっているコトマーケティング協会代表理事の松野恵介先生にお願いして、「新しい社会の『新しい商売のカタチ』を創り出す」ための時間を持ちました

テーブルごとにブレストでアイデアを膨らませます

『新しい商売のカタチ』をチームごとに考える

そのときの話は、以前、ブログに書いているのでこちらをお読み下さいね
「新しい社会の『新しい商売のカタチ』を創り出す」時間をスタッフさんと持ちました

このときは、チームに分かれて、いくつかのカテゴリーでいろんなアイデアを出し、まず、チームごとに、ひとつのアイデアの具現化に取り組んでみる!ところまで決めました

中間報告&今後の取り組みを考える

あれから、2ヵ月ほどたちますが、各チームのリーダーが集まり、松野恵介先生にもおいでいただいて、進行状況の中間報告と、今後の取り組みについてどのように進めていくかを考えました

「新しい社会の『新たらしい商売のカタチ』を創り出す」の中間報告&今後の取組み

「新しい社会の『新たらしい商売のカタチ』を創り出す」の中間報告&今後の取組み

『新しい商売のカタチ』と言うのは簡単ですが、これまで全くやってことないことに取り組むので、各チームとも苦戦しています

とにかくやってみたけど、ほんとに、こんなんでいいの?
考えたものの一歩が踏み出せない、、、
GoToや気温も下がってきてお客さんも増えつつあり取り組む時間がつくりづらい

など、、、

まずは、松野先生が、各チームの現状をその気持ちや思いも含めて問いかけ、聴いていきます

そこで出たことについて、昨今の動向や他社での取り組み事例などを交え、みんなで一緒に考えていくことで、うまく進んでいないところに何があるのかを明らかにしていきます

各チームに具体的にアドバイスをする松野先生

各チームに具体的にアドバイスをする松野先生

その後で、各チームごとに中間報告を見ていって、話を聴きながらディスカッションし、自ら前に進めるアドバイスをされていました

単なるコンサルティングではなく、新しい商売のカタチであろうとなかろうと、たこ梅の商売に本質的に大切にするものは何なのか?お客さまがたこ梅を選んでいる理由は何か?を大事にしながら、各々のチームが取り組もうとしている「新しい商売のカタチ」を考えていく時間でした

そして、どうしていいかわからないなぁ、、、と思っていたチームにとっても、明るさが見えた!こっちに足を踏み出せばいいんだ!というのがつかめた時間だったように思います

こういうことを繰り返しながら一歩一歩取り組んでいくしかないし、進んでいくのだと思います

スタッフさんとともに歩んでいきます

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

8月に向けてナイショの打合せ

8月に向けて、ナイショの打合せです

例年、7月には、「エンジェルリング7つの約束」を守って、美味しい生ビールをいれ、、、 エ

記事を読む

新型の くじらじゃーきー 2種

新型くじらじゃーきー でけました!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 緊急事態宣言の休業要請

記事を読む

ワクワク系実践スタートアップセミナーで、自己紹介&他己紹介する道頓堀にある たこ梅 本店の和田店長

ワクワク系実践スタートアップセミナーに、道頓堀の たこ梅本店 和田店長と参加です!

小阪裕司先生が提唱される「ワクワク系マーケティング」があります お客さまに喜んでいただいて、選ばれ

記事を読む

自分たちで評価項目を分類

事務所スタッフさんの評価項目は事務所スタッフさんがつくります

2008年9月15日のいわゆるリーマンショックを機に、売上だ!利益だ!という経営に対する考え方が私の

記事を読む

産創館で野間信行先生の「欲しい人材に選ばれる!小さな会社ができる求人・採用術」セミナーに参加です

産創館で野間信行先生の「欲しい人材に選ばれる!小さな会社ができる求人・採用術」セミナーに行ってきました!

2016年2月、大阪の堺筋本町にある産創館で社労士であり求人コピーの達人であるオフィスハートロックの

記事を読む

評価者会議2018春

評価者会議2018年春~人事評価制度の目的はスタッフさんの成長~

昨日は、正社員さんの人事評価を決定する評価者会議の日でした 評価が決まると、昇給や賞与も、この評価

記事を読む

分店・北店の合同面談になりました

11月の現場面談です!~途中から、2店舗の合同面談に発展!!~

毎月、店長会議、現場会議というのをやってます そして、その準備もかねて、店ごとに店長面談、現場面談

記事を読む

抜いていたキヌサヤエンドウ、ソラマメ、ニンニク、ジャガイモを植え戻します

4月の野菜部(後編)~耕した畝にヤーコンやナス、トマトを植える~

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 奈良の山添村でスタッフ

記事を読む

五龍館さんを出発する前に、みんなで記念撮影!

長野県白馬村のリピーター率60%を超える五龍館さんへ2泊3日で研修旅行!

たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)は、ほとんどが自家製です その仕込みをしている仕込み場を大幅に

記事を読む

時短営業協力金(12/16-1/13)の申請サイト

営業時間短縮協力金(12/16-1/13)の申請をしました!

時短営業、緊急事態宣言で、日本一古いおでん屋の最後の年になるかもしれない「たこ梅」です 緊急事態宣

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑