*

「気まぐれ関東煮・おでん)」に「気まぐれ酒の肴」も!栄螺(さざえ)に「勢子(せいこ)がに」が、、、(*゚д゚*)

おはようございます
日本一古いおでん屋「たこ梅」で、雑用係と五代目店主をやってる てっちゃんです

最近、各お店で店長さんたちが、その日、市場で「お!これ、関東煮(かんとだき/おでん)にしたら旨いぞ!!」っていうのを気まぐれで買ってきて出す「気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)」が増えています

気まぐれ関東煮はいろいろ

気まぐれ関東煮・おでんには、これまでもいろいろありました

気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)の「トウモロコシ」

気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)の「トウモロコシ」

とうもろし、アボカド、梅やき、生きくらげ、茸ふくろ、しめじ、おくら、豆苗、、、、

気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)の「梅やき」

気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)の「梅やき」

など、ありすぎで全部はかけませんが、とにかく、いろいろありました

あいかわらず気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)はお店で、お客さんに喜んでもらおう!楽しんでもらおう!ってやっていて、そのとき見つけた食材をつかうので、ある意味スピードが命です

いちおう、私、たこ梅の店主ですが、「こんなんやります」とかいう相談は一切ありません ^^;;;

私も、お店のフェイスブックページやツイッター、ブログに載ってるのを見て「あ、こんなのやってるんだ」って知るのです

「栄螺(さざえ)」の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)

今回は、新梅田食道街 たこ梅分店で、こんなん見つけました

「栄螺(さざえ)」の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)

「栄螺(さざえ)」の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)

栄螺(さざえ)です

そう、サザエの関東煮(かんとだき/おでん)です

貝類の関東煮(かんとだき/おでん)って、美味しいんですよね
わたしも、これは、食べたい!

気まぐれ酒の肴「勢子(せいこがに・せこがに)」

それに、こんな酒の肴も「気まぐれ」で仕入れたようです

気まぐれ酒の肴、、、ですね

勢子(せいこがに・せこがに)

勢子(せいこがに・せこがに)

解禁になったばかりの旬の「勢子(せいこがに・せこがに)」です
これは、ズワイガニ(松葉ガニ・越前ガニ)のメスで、今の時期、卵を持っています
特に「うち子」といわれる真っ赤な卵が、酒とよく合ってたまらんのです

わたしも、大好きです

気まぐれ関東煮だけじゃなく、気まぐれ酒の肴もあるのね、、、

って、あいかわらず「やります!」とかって相談はないので、やっぱり、お店のフェイスブックページで知りましたが、お客さんに喜んでもらえる!楽しんでもらえる!のであれば、どんどんやったらいいんじゃないかと思います

お店のFBページ、ツイッター、ブログを見て、「今、こんなんやってるんだ」って見つけるのも楽しいし

さぁ、これからも、お客さんに喜ばれて、楽しんでもらえること、取り組んでいきます

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「勇魚(いさな)」木札キーホルダー

「勇魚(いさな)」木札キーホルダーできました!!

鯨って、ホンマに旨い!! 鯨料理って、日本の食文化、、、 その鯨料理の旨さを知って欲しい!!

記事を読む

力餅の大将、御自らお餅を届けてくれます

「モチ巾着」の関東煮・おでんの旨いヒミツは、朝、つきたてのお餅で作るから!

朝になると、元気な、「おはよーございます!」の笑顔で仕込み場に届くものがあります それは、、、

記事を読む

NHK「ニュースほっと関西」さんの取材を受ける和田店長

1枚の画像提供がご縁で、ニュースほっと関西さんが道頓堀 たこ梅本店に取材に!オンエアは11月15日(金)です

11月1日のニュースホット関西さんの「ええやん!この味」というコーナーで、たこ梅の関東煮(かんとだき

記事を読む

聖護院大根とシンちゃん(上原さん)

これが冬の一番人気の関東煮(かんとだき/おでん)「聖護院大根」の実物です!

冬と言えば、おでん、関東煮、、、の季節です たこ梅でも、やっぱり、冬は夏よりも、ずっとたくさんのお

記事を読む

臨時休業させていただきます

本日(9/15)、研修のため臨時休業です!スタッフさんと一緒に勉強してきます!!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年173年目の『

記事を読む

淡竹(はちく)

春だけの淡竹(はちく)の関東煮・おでんのお取り寄せ、あと20人前で終了です

日本一古いおでん屋「たこ梅」の雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 土がついたままの淡竹(

記事を読む

赤い王冠とラベルの祝瓶ビール

お正月しか飲めない祝瓶ビール!普通のビールとの違い、ご存じですか?

お正月には、めでたいビールを飲んで欲しい! それで、お正月の期間は、祝瓶ビールを たこ梅 全店でご

記事を読む

不採用の方へお送りするお手紙とご飲食券

求人で不採用になった方!辞退された方!とも、ご縁をつないでいきます

一昨日のブログで書きましたが、飲食業、サービス業は、ものすごーーーーい人で不足です 猫の手も借りた

記事を読む

「たこ梅ミニ四駆部」のシール

たこ梅ミニ四駆部のシールが出来たようです

新梅田食道街にある たこ梅分店で、あるものが盛り上がっています ミニ四駆で盛り上がるたこ梅分店

記事を読む

お店の外に貼ってあるお店でお花見のお知らせ

忙しくて花見にも行かれへん、、、ですよね!だから「今宵のお花見、ととのえております!」お店で、、、(^o^)v

そろそろ、お花見シーズンですね 桜も、ちらほら、咲き始めているところもあるようです ソメイヨシノ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑