*

取り組みの「構造」を共有すると作業を分担してもブレない

今年の9月に、ロバート・フリッツの「創り出す思考」というワークショップに行ってきました

ロバート・フリッツ氏と記念撮影

ロバート・フリッツ氏と記念撮影

その時の詳しい話はコチラ!
「創り出す思考」ワークショップは、すごかった!どうすごかったのかというと、、、

このとき学んだ、緊張構造をつかったスキル、、というよりテクノロジーを最近、よく仕事で使います

ロバート・フリッツの緊張構造

私もそうですが、多くの人は、何かよくするためには問題を解決せねばならない!と思っています
それで、問題や課題をみつけて、これをなんとか解決しようとする
私も、ずっとそうやってきました

ただ、これをやっていても、また、同じような、あるは、別の処に問題が生じてしまう
そういうことが繰り返されます

これをロバート・フリッツは、そういう構造があるので、そういう問題がまた起こるのだ!と喝破します

問題を解決するのが悪いわけではないし、役に立つこともあるだろうが、本当は、「何かしらこの世に生み出したいもの(状態)を創りだしたいだけだろう!それが創り出されたらそれでいいんだろう!」と問いかけます
確かに、その通り、、、

そのために、ロバート・フリッツが提唱する緊張構造をつかった創り出す思考というものがあります
緊張構造チャートというチャートを使って創りだしたいものを創りだしていきます

偉大な組織の最小抵抗経路(ロバート・フリッツ 著)

偉大な組織の最小抵抗経路(ロバート・フリッツ 著)

緊張構造チャートでは、「本当に創りだしたいビジョン」を設定し、次ぎに「そのままの現実」を洗い出します
すると、そこに創りだしたい!というテンション(緊張)が生まれます
(もしテンションが生まれなかったら、おそらく創りだしたいものでないのか曖昧すぎるか、細かすぎるという設定上の誤りが考えられます)

そうして、その後で、現実からビジョンに至るためにアクション(行動)を列挙し、どの順番でいつ、誰が取り組むかを決めていくという非常にシンプルなスキルです

詳しく知りたい方は、ロバート・フリッツのワークショップ(来年の9月に来日予定があってワークショップが開催される荘です)に参加されるか、偉大な組織の最小抵抗経路(ロバート・フリッツ 著)に詳しく書かれているのでこちらをご覧下さいね

「構造」を共有すると作業を分担してもブレない

2月に全店でお客さま向けのイベントを企画しています
制作物等がいくつもあるので、店ごと、担当者ごとに分担して進めることになりました

ただ、最初に出てきた各々のラフ案を見ると、確かにその企画向けの制作物なんだけど、なんかしっくりきません
何人かの担当者と話をすると、だいたい、あるいは、なんとなくわかっているが、それを制作物に落とし込む段階となると「うーーーん、、、」となるようなのです

目的と現状を共有する

それで、今一度集まって、その企画の目的と現状を共有することにしました

構造を紙に書き出して検討

構造を紙に書き出して検討

緊張構造チャートに「目的」と「現状」を書き出し、まず、その部分を共有します
ひとつひとつ確認しながら、きづいたことはその場で書き加えたり、修正したりしながら、目的、現状をメンバーで原に落としました

作業(行動)が構造から生まれる

そのうえで、あらためて、どういう作業(行動)が必要かを一緒に考えながら書き出していきます

目的と現状を共有して、どういう作業(行動)をとるかを書き出していくと面白いことが起きました
このミーティング前まで、具体的に何をどうしていいかわからないと行っていたメンバーさんが、「あー、じゃあ、ここは○○ってすればいいんじゃないかな」とかと具体的に何をするかをどんどん言い始めます

そして、その意見が、聞いていてしっくりくるのです

喫茶店でミーティングやってます

喫茶店でミーティングやってます

そのとき私は、目的と現状を把握し、ぜひ目的を達せしたい!というテンション(緊張)が働くと、勝手にどうすればいいかわかるし、アイデアが湧いてくる
そして、それが、「うん?」「それでいいのか?」なんてことはなく、ちゃんと、しっくりくるものが出てくる

前進する構造を構築してその状態に入れば、ちゃんとやるべき作業(行動)が出てきます

目的達成に近づくための必要な作業(行動)は、ちゃんと、構造から生まれるのです

こうなると、あとは、各々が作業を分担しても、基本は、目的と現状がつくる緊張構造の中にいると、そこからいつ出したものは出てきません
もし、ズレていたら、自分でヘンな感じがするのです
その時は、他のメンバーに助けを求めて、一緒に考えるなりするとちゃんとまた前進する緊張構造の中で進んでいくことができます

つまり、作業分担してもブレないのです
ブレるまえに自分で気づいて、(他のメンバーに助けて貰うのも含めて)修正できるからです

ロバート・フリッツの提唱する緊張構造をつかって、2月のお客さまイベントを進めていきます
ワークショップで学んだことを実践で使っていくことで、だんだん、身につくのと、たこ梅のスタッフさんにその考え方やり方を同時に広めていこうと思います

さて、今日も、楽しくがんばります!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

会議のオヤツは「とうふドーナツ」

2月の店長会議~会議での役割が変わってきたようです~

先週、2月の店長会議がありました その中で感じたのは、私の役割が変わってきたことです 店長会議で

記事を読む

12月の店長会議

12月の店長会議~「緊張構造チャート」で創りだしたいものを創ることに取り組んでみました~

先週、12月の店長会議でした いつものように、いくつかの課題について、会議メンバーで一緒に考え、取

記事を読む

現場会議から生まれた「体験入店、研修者をお迎えする心得」です

11月の現場会議~「体験入店、研修者をお迎えする心得」が生まれました~

この秋、正社員さん、パートさんの求人をしています たこ梅では、面接、即、採用、、、ではなく、「応募

記事を読む

新メンバーが3人加わった4月の店長会議

4月の店長会議~売上80%ダウンの非常事態!新メンバーも加わり、コロナ対策を考えます~

一昨日、4月の店長会議をやりました 新メンバーが3人加わった4月の店長会議[/caption

記事を読む

2017年1月の店長会議です

1月の店長会議~「会議は『学習の場』となる」ことがわかりました~

毎月1回店長会議をするようになって、15年ほどになります そして、先週、今年最初の店長会議がありま

記事を読む

NOLの吉原夫妻から「たこ梅野菜部」のインタビューを受けています

自然農法の畑の活動を取材に、NOLの吉原夫妻が訪ねて来てくれました!

たこ梅は、たこ甘露煮と関東煮(かんとだき/おでん)を商う上燗屋を175年以上やってます 業種で言う

記事を読む

西宮にある辰馬本家酒造さん(白鹿さん)

西宮の白鹿さんでの「酒蔵見学2019」の打ち合わせのキモは、内容ではなく「誰?」だった!

たこ甘露煮、関東煮(かんとだき/おでん)とともに、お酒やビールもお出ししています たこ梅で出してい

記事を読む

9月の店長会議です

9月店長会議~会議の中でのファシグラ、行動探求(Action Inquiry)も!~

先日、9月の店長会議でした この日も、いつもの店長会議と同じように、店ごとの前月の報告からスタート

記事を読む

1月の店長会議

2018年1月の店長会議~学習する組織への取り組みから効果が見えるまでには年単位のタイムラグ!~

今年最初の会議は、2018年1月の店長会議です 毎度、いろんなことが議題にあがります 過去10年

記事を読む

安心、安全に働ける店についてミーティング

安心、安全に働ける「働きやすい」店について、ミーティングです!

春といえば、新入社員さんが入ってきたり、異動があったり、、、の季節ですね たこ梅でも、正社員さん、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

17人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑