*

4月の店長会議~売上80%ダウンの非常事態!新メンバーも加わり、コロナ対策を考えます~

一昨日、4月の店長会議をやりました

新メンバーが3人加わった4月の店長会議

新メンバーが3人加わった4月の店長会議

この4月、北店から分店の店長代行として異動になった島田さん、事務所の新しいスタッフさん、仕込み場スタッフさんらの新しいメンバーも加えてのスタートです

会議はマスク着用などコロナ対策仕様

昨今のコロナ、、、

マスク着用、窓開放、除菌ウェットティッシュ常備で会議に臨みます

マスク着用、窓開放、除菌ウェットティッシュ常備で会議に臨みます

会議では、マスクは着用、扉と窓を解放で換気、除菌ウェットティッシュを常備した体制で臨みます

売上80%ダウン!という厳しい状況

内容も、かなりシビアです
コメディアンの志村けんさんがお亡くなりになりになったことと、小池都知事の夜間からの接待飲食業等の利用自粛要請の影響が大きく、3月末から急減、4月の現状は売上げが前年の20%程度
80%のダウンという非常事態です

たこ梅では、店ごと、お店全体の損益を開示しているので、それを使いながら現在の状況を説明
この状況がつづくとこのままでは、体力が持たない事実をお知らせしました

コロナの影響でシビアな内容を話し合います

コロナの影響でシビアな内容を話し合います

そこで、コストを削減する方法と、短期、中長期をみすえて売上げをつくっていくことを話し合います
現状では、毎月、1千万円以上の損失が出るためそう長くは持ちません
こういうときこそ落ち着いてしっかり考えて取り組むことが大切だと思います

まず、直近の給与をきちんと出すことで安心をつくり、一緒に、この状況をどう乗り越えていくか考えていきます
いろんな提案がでましたが、それらも含め、生き残りをかけてスタッフさんと一緒に取り組んでいきます


お取り寄せはじめました

コロナのせいで、今は、お家にこもりがち、、、
本当は、遊びに行きたいし、買い物したし、友だちにもあいたい、、、
でも、いまは、コロナの不安があるから家にいる
そんなご家族が多いと思います

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

ただ、家の中では、家族揃って美味しく楽しくご飯をたべて明るくいてほしい
それで、たこ梅のお店の味をお届けすることにしました

5670セットには、関東煮(おでん)12品&サエズリとコロ2串ずつ、冷凍ダシ、特製辛子がはいってます

5670セットには、関東煮(おでん)12品&サエズリとコロ2串ずつ、冷凍ダシ、特製辛子がはいってます

こちらから、お取り寄せ(通販)いただけます!
たこ梅 お取り寄せ(通販)公式サイト

お店でのおでん(関東煮)をご家族揃って楽しんで下さいね!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「帆立貝(ホタテ貝)」の関東煮(かんとだき/おでん)

「帆立貝(ホタテ貝)」の関東煮(かんとだき/おでん)が始まりました!

帆立貝(ホタテ貝)っていうと、あの立派な貝柱を思い浮かべますよね お刺身やバター焼きも、美味しいで

記事を読む

高島屋 味百選にならぶ たこ梅の商品

大阪 難波の高島屋さんに、辛子や関東煮(おでん)が並んでます!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 1年半以上に及ぶコロナ

記事を読む

タコたき職人「シンイチロー」(上原さん)と師匠の和本店長

タコたき職人「シンイチロー」が、誕生です!

弘化元年、、、1844年というと今から173年前ですが、道頓堀に たこ梅が創業した年です 鯨

記事を読む

4月の店長会議へ向けての面談(北店)

4月の店長会議に向けての事前面談やってます~PDSAサイクルを回す~

毎月1回、月の上旬に店長会議をやっています いくつかの議題を取り扱いますが、同時に、必ず、各店から

記事を読む

たこ梅東店(ホワイティうめだ)の関東煮(かんとだき/おでん)定食

ちょくちょく、普通にお客さんで利用してます。お昼に関東煮(かんとだき/おでん)定食を!その理由は、、、

お店が、本店は道頓堀、北店・分店・東店は梅田にあります それで、お昼も、お店の近所で食べる事がしば

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「蒲鉾(かまぼこ)」

店主の知らない関東煮・おでん!「蒲鉾(かまぼこ)」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

「淡路たまねぎ」の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん「淡路たまねぎ」

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

「まだか?」「そろそろやろ、、、」 常連さまから入るアノ関東煮(かんとだき/おでん)、いよいよ、始

記事を読む

パプリカの関東煮(かんとだき/おでん)が鍋でグツグツたかれてます

また、店主の知らない関東煮・おでん!獅子唐がダメなら「パプリカ」だ!!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

土がついたままの淡竹(はちく)

季節の「淡竹(はちく)」関東煮・おでんのお取り寄せは今日までですよ!

日本一古いおでん屋「たこ梅」 の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 今日は、5月21日、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑