*

春の味わい「ふき」「竹の子」の関東煮(おでん)始まりました

公開日: お知らせ, 関東煮・おでん, 季節・旬

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです

仕込み場近くの桜が散ってきてるなぁ、、、
と思ったら、そうですよね!1年も四分の一がおわって、もう、四月も中旬ですから

すっかり春ですが、春には春の美味しいものが登場ですよ

「ふき」と「竹の子」の関東煮はじめます

それが、春だけの生のフキと筍(たけのこ)の関東煮(かんとだき/おでん)です

香り高い春の味「蕗(ふき)」の

生のふきはほんと香り高いというか、さわやかないい香りです

届いたばかりの旬の蕗(フキ)

届いたばかりの旬の蕗(フキ)

この香りを感じられるのは、それが露地ものの生の蕗(フキ)だから

だから、あく抜きやスジ取りなと手間はかかりますが、この春の時期だけ生のフキを関東煮でお出ししています
本当のフキの香りと味わいをたのしんでほしいですから!!

生の蕗(ふき)を塩もみします

生の蕗(ふき)を塩もみします

まずは、届いたばかりの生の蕗(フキ)をまな板の上で塩もみします

この一手間をかけることで、湯がいたときにアクが出やすくなり、表面の薄皮とスジをとりやすくなります
ちょっとしたひと手間、こういう下処理が美味しいものを食べるには欠かせません

生の蕗(フキ)を茹でてあく抜きします

生の蕗(フキ)を茹でてあく抜きします

生のフキを茹でると、真っ茶色なアクがでてきます

流水にさらしながら手作業で皮とスジを剥きます

流水にさらしながら手作業で皮とスジを剥きます

アクをぬいた蕗(ふき)を流水でさらして、一本一本、薄皮を剥き、スジを取っていきます

ヒスイ色に仕上がった旬の生フキ

ヒスイ色に仕上がった旬の生フキ

下処理のおわったフキは、本当にきれいなヒスイ色!!

蕗(ふき)の関東煮(かんとだき/おでん)です

蕗(ふき)の関東煮(かんとだき/おでん)です

下処理をした生フキをダシで下炊き、関東煮鍋で本だきして、ご注文にあわせてお出しします

こんな風にいろいろ手間はかかりますが、春のわずかな時期だけ楽しめる生フキの香りを味わいを楽しんでほしいのでがんばります

今だけの「蕗(ふき)」の関東煮、楽しんで味わってくださいね!!

旬の「竹の子」の関東煮(おでん)

春の山菜の王者といえば「竹の子(たけのこ)」です

今朝とどいたばかりの土付き竹の子

今朝とどいたばかりの土付き竹の子

届いたばかりの土のついたままの竹の子を鷹の爪(唐辛子)をいれて米ぬかでたいてアク抜きします

竹の子をヌカと鷹のつめでアクぬき

竹の子をヌカと鷹のつめでアクぬき

大鍋に水と糠をいれてじっくり芯までゆで上げます

鍋から竹の子を取り出して、皮むき、そして、関東煮(かんとだき/おでん)サイズに切りそろえていきます

このあと、ダシで下だきしてから、関東煮鍋で本だきして、お客さんから「たけのこ!」って注文の声で、あつあつの竹の子をお出しするのです

「竹の子」の関東煮(かんとだき/おでん)です

「竹の子」の関東煮(かんとだき/おでん)です

堀立の旬のタケノコは、水煮や缶詰とちがって、風味もよく香り高い竹の子本来の味わいを楽しめます

たこ梅では、旬のタケノコの味わいを楽しんでほしいので、国産の天然ものだけをお出ししています
いつも2-3週間くらいなので、今だけのタケノコの関東煮(かんとだき/おでん)、お店の暖簾をくぐって楽しんでくださいね

LINEのデジタル部員証を登録(無料)してね

蕗(ふき)や竹の子もそうですが、旬の関東煮は、あたたかい年や寒い年などスタート時期が毎年かわります
ですので、始まるとLINEでお知らせしています

季節の関東煮(おでん)だけではなく、いろんな楽しいイベント、そして、明るく楽しい「えこひいき」も LINE でタイムリーにお知らせします

ですので、部員登録がまだの方は、今すぐLINE部員登録(=LINEの友だち登録するだけ)して下さいね

「たこ梅LINE部員」のデジタル部員証(スマホ用)

「たこ梅LINE部員」のデジタル部員証(スマホ用)

LINEの友だち登録で、たこ梅LINE部員になると、、、

【デジタル部員証のいいところ】

・たこ梅の明るい「えこひいき」が届きます
スタンプカードで楽しい特典があります
ポイントも貯まります(利用は3回来店でFUN倶楽部入部から)
・季節の関東煮(おでん)、珍味、酒のお知らせがタイムリーに届きます
・ビール工場見学、酒蔵見学、ミニ四駆大会などの楽しいイベントのお知らせがいち早く届きます
・そして、人生が(今より)ちょっと、楽しくなります

いろんな明るい「えこひいき」があるし、季節の関東煮(おでん)、珍味の情報がタイムリーに届きます

LINEの友だち追加QRコード

友だち追加

スマホから、このQRコードをスキャンか「友だち追加」ボタンをタップ(クリック)して、友だちに追加してください

デジタル部員証の詳しいことや登録方法については、こちらのブログに書いているのでご覧ください
たこ梅のデジタル部員証の詳しい内容、登録方法について

今すぐ、LINEの友だち登録をして、たこ梅を楽しんで下さい!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業180年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

旅の手帖 2021年2月号

旅の手帖 2021年2月号の「ハフハフわが町のおでん」に、たこ梅本店が掲載されました

日本一古いおでん屋「たこ梅」です 旅の手帖 2021年2月号[/caption] 旅を

記事を読む

「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)

もっちりモチモチでたまらん!「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)が始めます

秋になると出てくるモッチリうまいアレ! ビタミンの宝庫で栄養タップリなアレ! それは、、、 「

記事を読む

白馬村の地酒「大雪渓」「小谷錦」

白馬村での研修旅行で買った酒「大雪渓」「小谷錦」がお店に登場!!

先週、2泊3日で、長野県白馬村にあるホテル五龍館さんへ、スタッフさんたちと一緒に研修旅行でした!

記事を読む

日経新聞2016年12月14日夕刊「食あれば楽あり」

日経新聞「食あれば楽あり」に、たこ梅の関東煮を取り上げてくれてはりました!

友人にFBメッセージで教えてもらったんですが、2016年12月14日の日経新聞 夕刊「食あれば楽あり

記事を読む

NHK BSプレミアム「あてなよる」で、たこ梅本店が登場しましたよ!!

お酒のとアテの大人な番組が、NHKで夜にオンエアされている「あてなよる」 京都の料理研究家である大

記事を読む

毎日新聞2023年10月29日 味わう物語 開高健の小説『新しい天体』

10月29日の毎日新聞の記事に掲載されました

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 毎日新聞さんの取材 先月

記事を読む

大阪ミナミの隠れた情報も満載の「ミナミ本」

「ミナミ本」で、道頓堀 たこ梅 本店の秘密・ナゾをいろいろ取り上げていただきました!

10月に京阪神エルマガジン社の方が、道頓堀にある たこ梅本店に取材に来てくれはりました 商品

記事を読む

お昼限定!関東煮・おでんの定食です ホワイティうめだ たこ梅 東店でやってます

ゴールデンウィークに来たら大阪らしいお昼ご飯を食べよう!関東煮・おでんの定食があるやないか!!

世間では、今日から、ゴールデンウィークが始まったようですね! ちなみに、私はというと、お仕事と研修

記事を読む

「京都大丸で、待ってる!」by 和田店長 & 安藤店長

2月24日(金)、京都に「おでん屋」キッチンカーが出動します!!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 出張おでん屋「たこ梅

記事を読む

秋だけの酒「ひやおろし」辛口 純米酒

辛口純米「ひやおろし」は今だけ!たこ梅 本店の松ちゃんもおすすめしてますよ

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 特別純米山田錦と錫の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑