*

清酒を搾る時、一番に綺麗で旨いところが「中汲み」です!その中汲みだけのお酒を限定ですがお届けします!

公開日: 酒・ビール・飲み物, 季節・旬

お酒って、米と麹、そして、酵母で発酵させてつくる
それを搾る、、、
これだけ見ると、単純そうですよね
でも、その搾るところだけをとってみても、お酒の味が大きく変わるってご存じでした?

あらばしり、中汲み、せめ

お酒を搾る時、出てくる順番に、「あらばしり」「中汲み(中どり)」「せめ」といわれます

あらばしりは、搾り初めに出てくるお酒で、うっすらと濁りのあるのが特徴
そして、香りは概して華やか、フレッシュ感に溢れるじゃじゃ馬のようなお酒といえます

中汲み(中どり)は、あらばしりの後に来る透き通った綺麗なお酒です
香りと味わいのバランスが最も良く、鑑評会(品評会)に出品されるお酒は、この中汲みになります
鑑評会(品評会)に出されることからもわかる通り、一番、美味しいところですからね!

最後は、さらに搾り出すため、圧力をかけていきます
この圧力をかけるところから「せめ」と呼ばれるようになりました
圧力をかける分、どうしても、雑味もでてしまいがちです

一般に販売されているお酒は、「あらばしり」「中汲み(中どり)」「せめ」を上手くあわせて、酒質を安定させたものと成っています

純米酒の「中汲み」を無濾過で原酒のままのお酒をお出しします!

ところで、純米酒の「中汲み(中どり・中垂れ)」をフィルターを通さない無濾過のまま、それも原酒でお出しするお酒があります
それが、純米「中汲み」無濾過原酒です(そのまんまの名前ですね:笑)

純米「中汲み」無濾過原酒

純米「中汲み」無濾過原酒

純米「中汲み」無濾過原酒ですが、5月23日(月)から、お出ししています

お酒を搾った中で、一番に美味しいお酒なので、そのまま「ひや」がおすすめです
ただ、店舗によっては、ちょっと、蒸してたこの数日、さらに美味しく飲んで欲しい!
ってことで、冷酒でお出ししているお店も、、、道頓堀の本店は、冷やしておだししていました

ところで、この純米「中汲み」無濾過原酒ですが、限定醸造のお酒なので、仕入れられる数量もごくわずか、、、
おそらく、10日前後で完売になるのではないかなぁ、、、って思います

お酒が好きで、飲んでみたい!って方は、お店で、「中汲み(なかぐみ)ある?」って店員さんに声を掛けて下さいね!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

冬だけの丸大根「聖護院大根」

トロける丸大根「聖護院大根」の関東煮(かんとだき/おでん)始めます

関東煮(かんとだき/おでん)といえば冬が定番 その冬でも一番人気といえば、、、 冬だけの丸大根「

記事を読む

「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)

『菜の花』の関東煮(かんとだき/おでん)の季節ですね

最近、よく雨が降りますよね 昨日も雨だったし、、、 今、菜種梅雨(なたねづゆ)の時期、つまり、「

記事を読む

「淡路たまねぎ」の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん「淡路たまねぎ」

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏だけ!焼き茄子(なす)の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

昨日から、夏だけの関東煮(かんとだき/おでん)!「冬瓜(とうがん)」が始まりました 「冬瓜(

記事を読む

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)が始まったよーーー!

毎年、9月も後半に入った頃から常連さんに、「そろそろ、ちゃうん?」「まだか?」って尋ねられる関東煮(

記事を読む

「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏だけの関東煮・おでん「焼き茄子」が始まりました!早速、「ビールに、よーく合うわ!」が聞けて嬉しいです!

やっぱり、大阪は、梅雨なんですね! 「今日は、雨、降ってないわ!」って思うと、その分、蒸し蒸しして

記事を読む

淡竹の関東煮お取り寄せは1週間ほど延長です

アチャー (≧ロ≦)、、、淡竹、仕入れ過ぎました

日本一古いおでん屋「たこ梅」 の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 季節の関東煮・おでん

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「ミニトマト」

店主の知らない関東煮・おでん!「ミニトマト」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

「えりんぎ」の関東煮(かんとだき/おでん)

え゛!アワビ?「いえ、違います!キノコです!!」、、、そんな「えりんぎ」の関東煮(かんとだき/おでん)やってます

夏の暑いとき、あっさりした関東煮(かんとだき/おでん)も、ええもんです で、こんなのもやってます

記事を読む

ホワイトアスパラガスの関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん!「ホワイトアスパラガス」編!今日だけの限定です!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑