*

冬の部活「酒蔵見学」、いや、「ホンマに旨い『酒』捜査班」の活動に、たこ梅FUN倶楽部の部員さんと行ってきました!(前編)

今年も行ってきました!
たこ梅FUN倶楽部の部員さんたちと、西宮にある白鹿さんへ酒蔵見学へ

もちろん、フツーの酒蔵見学じゃありませんよ!
なんたって、今回のテーマは「ホンマに旨い『酒』捜査班」として活動することですから
今回は、本格的にアレを部員さんにやっていただきました、、、

部員さん到着前にまずは準備!

この日は、冬の晴れ間!快晴です!!

快晴の酒蔵見学になりました!

快晴の酒蔵見学になりました!

お天気にも恵まれて楽しい酒蔵見学になりそうな予感です
ただ、晴れてるほどに、放射冷却で気温は低くなりますよね
この日も寒かったぁ~

名札と特製の前掛け、バッジ、そして、カイロもセットします

名札と特製の前掛け、バッジ、そして、カイロもセットします

部員さん到着前に準備!準備!

部員さん到着前に準備!準備!

部員さんが到着される前に、白鹿さん、たこ梅のスタッフ総出で準備です
名札と特製の前掛け、バッジ、そして、寒さ対策のカイロもいっしょにセットしていきます

酒蔵見学がスタートです!

部員さんも集まってこられました
いよいよ、酒蔵見学がスタートです

ビデオで酒造りについてお勉強です

ビデオで酒造りについてお勉強です

実際に蔵へ入る前に、まずは、ビデオで酒造りの基本をお勉強します

みんなでお揃い「ホンマに旨い酒捜査班」の前掛け

みんなでお揃い「ホンマに旨い酒捜査班」の前掛け

そして、いよいよ、お揃いの法被、この日のために作ったお揃いの前掛けとバッジを身につけて蔵へ、、、

酒蔵見学がスタート!

酒蔵見学がスタート!

醸造担当者さんがついて、丁寧に説明して下さいます
始めてはいる酒蔵に興味津々の部員さんたち

普段は見られない醸造タンクの中をのぞくと、、、

普段は見られない醸造タンクの中をのぞくと、、、

通常の見学コースには入っていない醸造タンクの中を直接のぞくと、、、

ぶくぶつ泡が湧いて、パチパチという音が、、、酵母が生きているのがわかります

ぶくぶつ泡が湧いて、パチパチという音が、、、
酵母が生きているのがわかります

ぶくぶつと泡が湧いてきています
そして、その泡がパチパチとはじける音も聞こえてきます
さらに、果物のようないい香りが、、、

酵母が一所懸命に発酵しているんです
酵母が生きている!というのが、泡をみて!はじける音と聞いて!香りで感じて!体感でわかります

「ひねりもち」をつくって蒸米の調子を見ます

「ひねりもち」をつくって蒸米の調子を見ます

酒米を蒸す工程では、蒸したての蒸気の上がる100度の米を手でとって(めっちゃ熱い!!)それを専用の板で、ものすごいいきおいでこねます
するとできあがるのが、「ひねりもち」と呼ばれるもの
この「ひねりもち」をつくって、この日の蒸米(むしまい)のできあがり状態を確認していきます

初めて触る「ひねりもち」

初めて触る「ひねりもち」

今回、特別に「ひねりもち」をつくってもらって、蔵人と尾内時用に部員さんに触って、その感触を確かめていただきました

この後も、麹づくりの行程や搾った酒粕をはがす行程なども見ながら蔵を巡っていきます

この日できた搾りたてのお酒を試飲です

この日できた搾りたてのお酒を試飲です

酒蔵見学といえば、コレが一番の楽しみかもしれません!!(笑)
そう!この日の搾りたて原酒をその場で味わいます

「うーーん、搾りたて美味しい!」と笑顔に

「うーーん、搾りたて美味しい!」と笑顔に

搾りたての原酒は、フレッシュで、すーーっと喉を通ります
でも、でも、実は、度数も普通の清酒より高くて20度前後!!
口当たりの良さにだまされて(?)試飲を2杯、3杯と重ねると(←すでに試飲じゃないかも、、、^^;;;)後でタイヘンですよ!(笑)

瓶詰め工場も見学します

瓶詰め工場も見学します

酒蔵見学の後は、瓶詰め工場の中をめぐっていきます
最近のお酒のボトルは、繊細できれいなものも多い!
「これに、お酒はいってるんやぁ~」と、瓶に触れてその感触確かめる部員さんも数多くいらっしゃいました

酒蔵、瓶詰め工場を見たところで、「見学」は終了です

ここからが、普通じゃない「ホンマに旨い『酒』捜査班」の出番です!!
本格的にやってもらったアレもね!!

冬の部活「酒蔵見学」、いや、「ホンマに旨い『酒』捜査班」の活動に、たこ梅FUN倶楽部の部員さんと行ってきました!(後編)」へ、つづく、、、

 

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

冬の部活「ホンマに旨い『酒』捜査班」(仮称)のブレスト&打合せです

冬の部活「ホンマに旨い『酒』捜査班」(仮称)の打合せです!

冬の部活の時期が近づいていきました、、、 昨日も、その部活の打合せです! たこ梅FUN倶楽部の活

記事を読む

純米「中汲み」無濾過原酒

清酒を搾る時、一番に綺麗で旨いところが「中汲み」です!その中汲みだけのお酒を限定ですがお届けします!

お酒って、米と麹、そして、酵母で発酵させてつくる それを搾る、、、 これだけ見ると、単純そうです

記事を読む

西宮の酒蔵さんの蔵開2019

2月16日西宮「白鹿 蔵開」、たこ梅の関東煮・おでんブースを出店です!

毎年、1月から3月にかけて、西宮の6つの酒蔵さんが蔵開きをやってます 西宮の酒蔵さんの蔵開2

記事を読む

梅をたっぷり使ってホワイトリカーと氷砂糖だけでつけます

来年用に和歌山の古城梅(ごじろうめ)で自家製梅酒つけました!!

毎年、6月になると1年間床下熟成した自家製梅酒をお店で出しています 1年床下で寝かした自家製

記事を読む

今年の梅酒を漬けています

今年も、古城梅と焼酎、氷砂糖だけの自家製梅酒をつけました!来年用です!!

6月というと梅の季節ですね 今年も、綺麗な梅の実が出始めています だから、早速、来年に向けて

記事を読む

うずら卵のはいった小桜を試食です

桜?春の関東煮(かんとだき/おでん)準備中!お店でお花見!???

明日は、3月3日、桃の節句ですね ただ、お店では、もう、桜です! って、早咲きの川津桜、、、とか

記事を読む

今年つける梅酒用の和歌山県産の古城(ごじろ)梅

今年も、古城梅(ごじろうめ)で、梅酒をつけましたよ!あ、来年用ね!!

今、たこ梅では、夏だけの飲み物があります 1年床下で寝かした自家製の梅酒です[/captio

記事を読む

一緒に大人の遠足in2016のアイデア出しをするアサヒビールの中井さん

アサヒビールの営業さんと、「大人の遠足in2016夏」のアイデア出しです!まだ、ラフですけどね!(^o^)v

昨年の8月、約40名のお客さまと一緒に、アサヒビールさんの吹田工場へ、ビール工場見学&生ビール講習で

記事を読む

子どもの頃の味が大人の飲み物になった「ネクター酎ハイ」

40歳以上には懐かしい不二家ネクター!それを大人の飲み物酎ハイに、、、

今から40年くらい前、、、 っていうと、私が子どもの頃なんですが、思い返すと懐かしい飲み物がありま

記事を読む

部員番号も入った酒札部員キーホルダーが完成しました!

「たこ梅FUN倶楽部」の特製キーホルダーも出来上がりました!!

たこ梅が好き!というお客さまが集まったのが「たこ梅FUN倶楽部」です 部員さんむけにバッジとキーホ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑