*

市場に出ない奈良の山里「山添村」の夏の味『真竹』のお取り寄せ始めました

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです

山添村の「真竹(まだけ)」の竹の子

今月もスタッフさんと奈良の山添村にある自然農法の畑に行ってきました
その話は、あらためてブログに書きますが、いつものように、山添村についたら村の直売所によります

山添村の「真竹(まだけ)」

山添村の「真竹(まだけ)」

すると、見慣れない竹の子を見つけました

関西では6月、初夏に旬を迎える「真竹(まだけ)」の竹の子です
期間も短く、ほとんど市場に出回りません
私も、真竹の「竹」は生えてるのをみたことがありますが、真竹の竹の子を見たのが、実は、これが初めて!!

「旨い竹の子や」って話には聞いていたので、いつか、食べたい!!
と思ったら、あったーーーーー

直売所にあったのは数本だけでしたが、全部購入

生えてきた食べごろの真竹(左)

生えてきた食べごろの真竹(左)

お客さんに食べてほしいなぁ、、、と思いつつも、ちょっと数が少なすぎ、、、と思いながら、自然農法をやってる畑へ行くと、、、

え゛、真竹が生えてる!!

そういえば隣のおばちゃんが、裏山(隣のおばちゃん家が持ち主)は「全部、真竹やで、生えて来てたら勝手にとってええで!」って言ってくれていたのを思い出しました

山添村でとった「真竹」

山添村でとった「真竹」

で、真竹を何本かみつけて取っていきます

畑作業のあとで、山添村の直売所で購入したのと畑近くでとった真竹(まだけ)の竹の子を全部大阪に持って帰ります

湯が通りやすいように先をとばして、切れ目を入れます

湯が通りやすいように先をとばして、切れ目を入れます

それでも数は少ないですが、とにかく持って帰ったのを全部、まずは、すぐに茹でます

時間が経ってえぐみが出てくる前に、すぐにゆがきます

真竹を大鍋で茹でます

真竹を大鍋で茹でます

茹で上がった真竹(まだけ)の竹の子は水にさらして冷まします

茹であがった真竹を流水で冷ます

茹であがった真竹を流水で冷ます

そして、皮をむくと、、、

茹でてから皮をむいた真竹(まだけ)

茹でてから皮をむいた真竹(まだけ)

きれいな真竹(まだけ)の竹の子です

端っこを切って食べてみましたが、アクがなくて美味しい!!

刺身でもいけるんちゃう!!

「真竹(まだけ)」の関東煮がお取り寄せできます

さて、この真竹(まだけ)の竹の子
お店もまだだし(実店舗は6/25から)お取り寄せいただけるようにします

初夏の竹の子「真竹(まだけ)」も入った まんぞくおでんセット

初夏の竹の子「真竹(まだけ)」も入った まんぞくおでんセット

市場にはでまわらない 奈良の山里「山添村」の初夏の味「真竹(まだけ)」の『季節のまんぞく』おでんセットは、たこ梅のお取り寄せサイトをご覧くださいね
たこ梅のお取り寄せサイトはこちらをクリックして下さい

美味しい間だけのご提供ですので、ご注文は7月2日(金)14:00受付まで
※最終発送日は7月3日(土)です

限定数12食なので、「食べたい!」「気になる!」と思ったら、今すぐ、お取り寄せサイトをみてね!
たこ梅のお取り寄せサイトはこちらをクリックして下さい

追記)すいません、!売切れました!!

すいません!!

瞬殺(半日)で、売切れてしまいました、、、、

山添村「真竹(まだけ)」の竹の子関東煮は瞬殺(半日)で売切れ

山添村「真竹(まだけ)」の竹の子関東煮は瞬殺(半日)で売切れ

近々、山添村に行ったとき、まだ、時期で、真竹(まだけ)のタケノコが生えてたらとってきます

ごめんねーーーーー!!^^;;;

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

季節の関東煮「鯨はりはり袋」と月がわりの酒「ひやおろし」

鯨ハリハリふくろの関東煮(おでん)、月がわりの酒「ひやおろし」を楽しめるのも11月だけ!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 毎月、季節の関東煮(か

記事を読む

「たこ飯」と「そうめん節」の吸い物

休業中も新商品をいろいろ考えています!そのひとつ「たこ飯」は、、、(*゜д゜*)

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 「たこ飯」うまい! たこ

記事を読む

赤い貝割れ菜の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん!「赤い貝割れ菜」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

純米「中汲み」無濾過原酒

清酒を搾る時、一番に綺麗で旨いところが「中汲み」です!その中汲みだけのお酒を限定ですがお届けします!

お酒って、米と麹、そして、酵母で発酵させてつくる それを搾る、、、 これだけ見ると、単純そうです

記事を読む

女心がわかる(らしい)新梅田食道街 たこ梅 北店の「北川」さんです!

新梅田食道街 たこ梅 北店の鍋番は、女心がわかる(らしい)「北川」さんです!(←ホンマかいな?)

人生五十年、下天のうちにくらぶればぁ、、、 といっても、ぜんぜん、女心はわからない てっちゃんです

記事を読む

本店前のA型看板は「鬼滅の刃」祭り???

道頓堀 たこ梅 本店は「鬼滅の刃」祭りなのか?

関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮の上燗屋「たこ梅」の本店は、大阪の道頓堀にあります

記事を読む

吟醸生酒「花ひらく」

吟醸生酒「花ひらく」は桜の季節だけの限定のお酒です、、、

今年は、桜の開花がチョット早めで、大阪では、散り始めています といっても、八重咲きの桜を中心に品種

記事を読む

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

ほんとの意味でのお中元で、大切な人に感謝と健康を願う気持ちを贈ってください

あと10日もすると7月ですね すっかり、夏です お中元は感謝と健康を願う気もちを贈ります そし

記事を読む

『奈良は山添村より、丸々太った丸茄子を使った味噌田楽 〜チーズをのせて〜 』🍆

店主の知らない酒の肴「奈良は山添村より、丸々太った丸茄子を・・・・」←商品名長すぎて書けません ^^;;;

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

「冬瓜(とうがん)」の関東煮(かんとだき/おでん)

冬がついても夏が旬!「冬瓜(とうがん)」の関東煮(かんとだき/おでん)、今日からです!

もう、7月になっちゃいましたね! つまり、夏、です そう、夏には夏の関東煮(かんとだき/おで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑