*

春!「蕗(ふき)」の関東煮(かんとだき/おでん)始めます

公開日: 関東煮・おでん, 季節・旬

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです

緊急事態宣言が2月末に解除かと思うと、大阪市は3月21日までそのまま時短要請
その日が近づくと、3月31日まで
とおもうと、今度は4月21日まで延長
で終わりかと思ったら、さらに、4月5日から5月5日まで「まん防」だそうで、さらにきつい時短要請

ゴールまでがんばって、がまんしてたどり着きかけたら、
「はい、ゴールは先になったから、、、はいはい、がんばってね」
というのが、11月27日から、緊急事態宣言も入れると7?8?回くらい繰り返されてて、もう、ゴール先延ばし詐欺はいい加減にしてほしい

と、ちょっと、グチがでてしまってすみません、、、

事務所の近所の桜

事務所の近所の桜

でも、そんなあきれた政治や行政とは関係なく、うちの近所もきれいに桜が咲いています

もう、すっかり春ですね

そして、関東煮(かんとだき/おでん)も、春になってきましたよ

「蕗(ふき)」の関東煮(かんとだき/おでん)始めます

この春の関東煮(かんとだき/おでん)も始めました

露地物の「蕗(ふき)」です

露地物の「蕗(ふき)」です

旬の蕗(ふき)です
蕗は水煮や缶詰がお安く売られています
でも、路地の生のフキは、香りも味もぜんぜん違う!
やっぱり、美味しいもの食べてほしいから、露地の蕗(ふき)仕入れます

スジもとり終わった旬のフキです

スジもとり終わった旬のフキです

ふきは茹でてアクぬきをしますが、それだけじゃない
表面の薄皮とスジを一本一本、手作業でとっていかないといけない

これが手間がかかるけど、美味しいものは、たいがい手間がかるのです

そして、下炊き、関東煮なべて本だきして、やっとお客さんのもとへ

蕗(ふき)の関東煮(かんとだき/おでん)です

蕗(ふき)の関東煮(かんとだき/おでん)です

しゃきっとした食感、生のフキならではの、鮮烈な香りと味わいを楽しんで下さい

お酒、ビールにもよく合いますよ

さてと、今日も、がんばって、フキ仕込みますね

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

和歌山産の古城梅(ごじろ梅)で梅酒をつけました

和歌山県産の大粒梅「古城(ごじろ)」で、来年用の梅酒を仕込みました!!

今年も、お店では、自家製梅酒を6月1日からお客さまにご提供しています 1年床下で寝かした自家

記事を読む

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)

「ダシそのものを食うてるみたいや!」って声がもれた『聖護院大根』の関東煮(かんとだき/おでん)はじまりましたよ!

「いつから?」「まだ?」「そろそろちゃうん?」、、、 12月にはいって、お客さまに、催促され続けた

記事を読む

コロをたべて、その甘みと旨みにビックリされるリポーターさん!

道頓堀 たこ梅本店が、おはようコールABCの「おきトク」コーナーでオンエアです!

先日、朝日放送の早朝のニュース情報番組「おはようコールABC」さんが、道頓堀にある たこ梅 本店に関

記事を読む

ウズラちゃん、おしくらまんじゅう状態でご飯をたべてます

卵を温め始めて17日目、ウズラの雛が孵りました!超かわいいです!誕生動画も見てあげてね

7都府県だった緊急事態宣言が、全国に拡大しましたね ウズラの雛を温めています 世間は、新型コロナ

記事を読む

母の日のお取り寄せ用のカード

【重要】母の日のおでん通販についてのお知らせ

こんにちは 緊急事態宣言の1ヶ月延長が決まりましたね 正直、「長いなぁ~」とがっくりされている方

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

「5670(コロナゼロ)」セット開始!家で待ってるご家族に『おでん』のお土産はいかがですか?通販もありますよ!

コロナウイルスの拡大で、家にこもりがちになりますよね ほんとは、映画だって行きたいし、おでかけ

記事を読む

たきあがった「たこ甘露煮」

丑の刻参り!じゃなくて、丑の刻にタコたいてました!!(笑)

午前2時、丑の刻参り、、、ではなく、タコをたいていました!! というのは、、、 年末恒例の夜通し

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「チンゲンサイ」

また、店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)が、、、「チンゲンサイ」登場!?

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

「帆立貝(ホタテ貝)」の関東煮(かんとだき/おでん)

「帆立貝(ホタテ貝)」の関東煮(かんとだき/おでん)が始まりました!

帆立貝(ホタテ貝)っていうと、あの立派な貝柱を思い浮かべますよね お刺身やバター焼きも、美味しいで

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)の「ロールキャベツ」の仕込み

関東煮(かんとだき/おでん)の仕込みは、当たり前のことを当たり前に、毎日、やり続けます!

毎朝、関東煮(かんとだき/おでん)のタネを仕込んでいます 今朝も、もちろん、仕込みやってます 関

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑