*

トロける聖護院大根、吟醸酒の酒粕のお取り寄せ、あと2週間ほどで終わります

日本一古い「おでん屋」たこ梅です

緊急事態宣言中は休業するお知らせ

緊急事態宣言中は休業するお知らせ

今は、コロナの緊急事態宣言で、本店、北店、東店は休業

昼2時から夜7時で立ち飲み営業中

昼2時から夜7時で立ち飲み営業中

新梅田食道街 たこ梅 分店のみ、昼2時-夜7時まで、テイクアウトを中心に立ち飲みの営業をしています

休業中もお取り寄せを続ける理由(わけ)

ところで、、、
われわれは、医者じゃないので、コロナに感染した人を治すことはできません
でも、人は笑顔でいると免疫力が高まるそうです
その笑顔のお手伝いはできるのではないかと思います

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

それで、休業中も、お家に日本一古いおでん屋の味をお届けするお取り寄せはずっと続けています

通販用の関東煮(おでん)荷姿

通販用の関東煮(おでん)荷姿

家族で一緒に、楽しくおでんの鍋をつつき、たこ甘露煮をほおばって笑顔になってもらえたら、、、と思うのです

トロける「聖護院大根」もあと2週間くらい

一年間で一番人気があるのが、冬の2か月間ほどだけの「聖護院大根」の関東煮(かんとだき/おでん)です

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)

お店で召し上がった常連さんが、思わず、

『大根いうより、
ダシそのものを喰うてる感じや、、、』

と絶賛されたトロける丸大根です

冬だけの丸大根「聖護院大根」

冬だけの丸大根「聖護院大根」

この「聖護院大根」も、お取り寄せいただけるのは、あと2週間ほどになりました

吟醸酒の新酒の酒粕、2月中旬頃に終わります

もうひとつ、冬に人気なのが「新酒の酒粕」です

新酒の酒粕

新酒の酒粕

酒蔵から直送された吟醸酒の酒粕
それも、昨秋に収穫された新米で醸した新酒の酒粕なので、しっとりやわらかい

お客さんからも、
「(これ食べてから)あんたのとこの酒粕しか食べられへん」
「酒粕ってこんなおいしかったの!?ってビックリしました」
って言っていただいています

こういう声をきけてホント嬉しいです

さらに、酒粕はビタミンやアミノ酸が豊富で免疫力も高めてくれる日本の伝統食

ただ、この酒粕も、2月中旬くらいには終わっちゃいます

今月中のご注文は、なんとかします

あと2週間ほどのトロける聖護院大根、2月中旬頃に終わるしっとり吟醸酒の酒粕
注文が増えるとそれまでになくなる可能性もあります

ですが、今月中(1月31日)までにご注文の分については、なんとかして、聖護院大根入りのおでんセット、酒粕もお届けします

この機会を逃すと、食べられるのは一年後になっちゃいますから、、、

日本一古いおでん屋「たこ梅」のお取り寄せ(ネット通販)サイト

日本一古いおでん屋「たこ梅」のお取り寄せ(ネット通販)サイト

食べたい! 注文しよう!と思ったら、
日本一古いおでん屋のお取り寄せサイトをのぞいてくださいね!!
日本一古いおでん屋「たこ梅」のお取り寄せ(ネット通販)サイト

美味しい!楽しい!で、たこ梅のお客さんの元気を応援します!!

あなたの気持ちも届けたいので、、、

そして、遠く離れた家族やお友だちへ、おでん、たこ甘露煮を贈られるとき、一緒にあなたの温かい気持ちを届けるお手伝いもしています

あなたの言葉を入れて届けるメッセージカード(誕生日用など数種類ご用意しています)

あなたの言葉を入れて届けるメッセージカード(誕生日用など数種類ご用意しています)

ネット注文の「通信欄」に、あなたの言葉、気持ちを伝えるメッセージを書いてくださいね

あなたの言葉を入れて届けるバースデーカード(他にもご用意しています)

あなたの言葉を入れて届けるバースデーカード(他にもご用意しています)

われわれでカードに印刷して、商品と一緒に送り届けます

メッセージを一緒に届けるお取り寄せはコチラです
日本一古いおでん屋「たこ梅」のお取り寄せ(ネット通販)サイト

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

GoToイート承認まで、GoToトラベル『地域共通クーポン』

GoToイート待ちで、GoToトラベル地域共通クーポン券も、まだ、つかえません、、、ごめんね、、、

先日、GoToイートとGoToトラベル『地域共通クーポン券』の申し込みをしました GoToト

記事を読む

2019年1月12日 朝日新聞朝刊「be」の「サザエさんをさがして」にたこ梅が載ってます

朝日新聞に「サザエさん」の関係で、たこ梅が載ってます!でも、サザエさんとたこ梅の関係って???

もう、170年以上、お店をやっていて、今では、たこ梅は、日本で一番古いおでん屋(関東煮屋)となってい

記事を読む

村の直売所で買ったり、ご近所の野菜や特産品

緊急速報!山添村の野菜、特産品がお店に登場です!

奈良の山添村でスタッフさんと自然農法の小さな畑をやってます 毎月、1回、野菜部のメンバーと一緒にい

記事を読む

関東煮・おでんに使うジャガイモ「黄爵」

「やっぱ、このジャガイモやないとな、、、」と常連さまから言われる関東煮・おでんがあります

関東煮(かんとだき/おでん)のタネのひとつに「ジャガイモ」があります ジャガイモは季節で地域や品種

記事を読む

鰯だんごの関東煮(かんとだき/おでん)

「鰯だんご」の関東煮(かんとだき/おでん)、やってるよーーーー!!

お団子っていうと、月見団子や三色団子などいろいろ美味しいお菓子がありますよね 関東煮(かんとだき/

記事を読む

個包装タイプで幅広ゴムをつかった三層構造マスク

マスク売ってます!別にあやしくないですよ(笑)

新型コロナで、一時期、マスクが高騰していました 最近は落ち着いてきたようですが、それなりにまともな

記事を読む

ネギと鮪の刺し合わせ「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)が始まりました!

9月に入ると、聞かれるんです! 常連さんに、「そろそろ、ちゃうん?」「まだか?」って、、、

記事を読む

店主もしらない店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)「子持ち高菜のつぼみ菜」

店長の気まぐれ関東煮・おでん「子持ち高菜のつぼみ菜」で、店長も知らない関東煮へのリベンジか?

この2,3年、店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)が、各店で出してるのをこのブログでも紹介して

記事を読む

たる 2020年12月号

たこ梅本店が開高健が愛した店として雑誌「たる」さんに取り上げていただきました

今年は、開高健 生誕90周年、そして、お酒をめぐるカルチャーマガジン「たる」さん創刊40周年です

記事を読む

文藝春秋2018年3月号です

文藝春秋「目耳口」に、たこ梅の関東煮・おでんのお取り寄せ(通販)を載っけて下さいました!

先週、文藝春秋さんから、郵便が届きました 「うん?なんだろう、、、、」とおもいつつ、開封してみ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑