*

「鯨はりはり袋」の関東煮(かんとだき/おでん)はじめました

1ヶ月限定のアノ関東煮(かんとだき/おでん)を今年もはじめましたよ
去年も1ヶ月たらずで売切れてしまったアノ関東煮(かんとだき/おでん)です

さえずり®、コロ!鯨の関東煮(かんとだき/おでん)

大阪の関東煮(かんとだき/おでん)では、昔から鯨をつかいます

鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)

鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)

いまでは、扱うお店も少なくなりましたが、ひとつは、鯨の舌である「さえずり®」です

もうひとつは、鯨の皮を脂ぬきした「コロ」
別名「炒り殻(いりがら)」です

「鯨のコロ」の関東煮(かんとだき/おでん)

「鯨のコロ」の関東煮(かんとだき/おでん)
(別名:炒り殻)

いずれも、庶民の味として大阪では親しまれてきました

「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)はじめます

庶民の味、、、というのも今は昔で、サエズリもコロも、今や、高級食材となっています

とはいえ、サエズリやコロが関東煮(かんとだき/おでん)に入るとグッ!と旨み深みがかわります
ですから、たこ梅では、今もサエズリ、コロを関東煮(かんとだき/おでん)につかっています

ただ、サエズリとコロですが、お店で出すときには、仕込み段階で端っこを切りそろえて形をととのえる
切り落とされた端っこも、その味は、まったく同じで美味しい

「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)

「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)

そのサエズリやコロの端っこをハリハリの水菜と一緒にお揚げさんに詰めたのが、「鯨はりはり袋」です

自分で言うのもなんですが、メッチャ旨い!!
お客さんにも、毎年、大人気なのです

さえずり®、コロを切ったときにできる端っこをためておいて作るので、毎年、11月だけの限定の関東煮(かんとだき/おでん)となります

11月も部員さんに「えこひいき」やってます(笑)

お店やスタッフさんを応援してもらってる たこ梅FUN倶楽部員さん、メルマガ部員さん、LINE部員さんに、感謝の気持ちで、11月は、「鯨はりはり袋」を部員さんだけ20%OFFの感謝価格でご提供です
※仕込める数に限りがあるので、来店のたび、感謝価格でのご提供は1ヶでお願いします

たこ梅FUN倶楽部やメルマガ部員、LINE部員に入部(登録)すると、明るく楽しい「えこひいき」されます(笑)
「えこひいき」が好き!な人、今スグ、入部(登録)してね!

【たこ梅FUN倶楽部、メルマガ部員、LINE部員への入部(登録)方法】

たこ梅FUN倶楽部員さんには、3回以上ご来店の常連さんであれば入部いただけます
お店で「入部したい!」って言ってください

メルマガ部員には、こちらからメルアド登録でOK
メルマガ部員登録はこちらをクリック

LINE部員には、たこ梅の公式LINEアカウントを友だち登録でOK
たこ梅のLINEアカウント友だち登録はこちらをクリック

ところで、この「鯨はりはり袋」、昨年も1ヵ月足らずで売切れてしまいました
「食べたい!」って思ったら、今日、明日にでもお店の暖簾をくぐってね
そして、ひとこと、「鯨はりはり!」って店員さんに注文してください

そしたら、あつあつの「鯨ハリハリ袋」がやってくるので、ふーふーしながらどうぞ!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

木札と焼き印

「勇魚(いさな)」の焼き印が出来上がりました!!

お店では、お勘定に「木札」を使います 酒用の木札だと、「酒」と「たこ梅」が表裏に焼き印されてい

記事を読む

純米「中汲み」無濾過原酒

清酒を搾る時、一番に綺麗で旨いところが「中汲み」です!その中汲みだけのお酒を限定ですがお届けします!

お酒って、米と麹、そして、酵母で発酵させてつくる それを搾る、、、 これだけ見ると、単純そうです

記事を読む

気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)の「粟麩」「車麩」

店主の知らない関東煮・おでん「粟麩」「車麩」

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

あげはんぺん

店主の知らない関東煮・おでん「あげはんぺん」

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、日本一古いおでん屋「たこ梅」には、五代

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「とうもろこし」

店主の知らない関東煮・おでん!「トウモロコシ」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

ウズラちゃん、おしくらまんじゅう状態でご飯をたべてます

卵を温め始めて17日目、ウズラの雛が孵りました!超かわいいです!誕生動画も見てあげてね

7都府県だった緊急事態宣言が、全国に拡大しましたね ウズラの雛を温めています 世間は、新型コロナ

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「オムク」

店主どころか店長も知らない関東煮・おでん!なんやこれ?ん?おむく?オムク???

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

ココイロのスタッフさんが商品の撮影中

朝日放送テレビ6ch「ココイロ」さんの取材を受けました!

朝日放送テレビ(6ch)で、「色」をテーマに関西のいろいろな街を訪ねる映像紀行の『ココイロ』という番

記事を読む

初鰹のタタキ

「初鰹(初ガツオ)」のタタキ始まりました!

ゴールデンウィークを目前に控えて、昨日から、初夏を思わせる陽気の大阪です 初夏の季節というと、江戸

記事を読む

気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)「おくら」

店主の知らない関東煮・おでん!「オクラ」が、、、

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑