*

3人連続で、スタッフさんとコーチングです!テーマは、ファンヒーターから販促企画まで何でもありです(笑)

公開日: 面談・コーチング

月1回、10人前後の正社員さんとコーチングをやっています
たまに、2人、3人と同じ日になることも、、、
先日も、3人の社員さんとコーチングでした

コーチングのテーマは、仕事以外でもOKです

ビジネスコーチングでは、よく、どうやって目標を達成するか!とかしますが、私の場合、特にコーチングのテーマは決めてません
もちろん、仕事のことでもOKだし、プライベートのことでもかまいません
実際、電気ファンヒーターとガスファンヒーターの購入で、奥さんと意見が分かれていて、そのことをテーマに持ってきた社員さんもいらっしゃいます
ところで、コーチングは、就業時間中に行います
それでも、仕事以外のテーマでもOKです

というのも、コーチングの目的が、その人が1mmでも成長することだからです
いいかえると、その人の器が少しでも広がることを目的にしています
テーマがプライベートでも、その人の器が広がったら、いつも広がったまんまです
仕事の時も広がった器のまんまです
そうすると、当然、同じ出来事に出会っても、向き合い方が異なり、思考が変わり、行動も違ってきます

さっきのファンヒーターの時でも、スペックがどうだこうだ、、、なんてことは話しません(笑)
例えば「なにが、あなたをして、ガスではなく電気を選ばせるのか?」なんてことを聞いていきます
すると、ひょっとすると、「電気の方が安全で事故が少ないと思うから」(実際のデータは関係ありませんよ!ここでは!!)という答えが返ってくるかも、、、
次には、「あなたは、どんな安心があるといいんですか?」と聞くかもしれませんね
相手のことをおもいやっての声が出てくることもあるでしょう
となると、自分は相手のことを大切にしたい!そこから、ヒーター選びをするとこれまでとは違う立ち位置で、選択することになるのと同時に、自分の本当に大事にしたいものに気づくかもしれません

まぁ、そんな感じでコーチングしてます
もちろん、仕事のことがテーマのときも、社員さんにとってのその仕事の意図や意味、何を大切にしたいのか?なんてことを聞いていきながら、どうやるかまで、進んでいきます

3人の社員さんとコーチングでした

この前は、新梅田食道街にある たこ梅 分店の葛原さん、上原さん、そして、同じく新梅田食道街にある たこ梅 北店の大西さんとコーチングでした
そうそう、このブログで各話は、コーチングをした社員さんの了解の範囲内で書いています
(コーチングの内容は、守秘義務があって、コーチングを下社員さんの許可が無い限り外には出さないので、、、)

ひとりめの葛原さんは、自分で考えた新商品がテーマ!
いろいろ説明用に資料を作ってきてくれていました
話を聞く中で、葛原さんの子どものころの体験から、今回の新商品を考えてきたことが明らかになり、そこにフォーカスしていきました
子どもの頃の想い出、その時の気持ち、何が本質的に嬉しかったのか、、、など、、、です
そこに立ち返ると、同じ新商品の企画が違って見えるし、アイデアが豊かになっていきました
そして、今後の進め方まで、一緒に具体的に決めることが出来ました
また、どうだったかを報告してくれることになっているので楽しみです!
(ところで、ゴメンナサイ!!葛原さんだけ、写真を撮るのを忘れたので、画像ありません、、、^^;;;)

二人目は、たこ梅 北店の大西さんです
テーマは、前回からの続きで、販促企画です
今回は、その販促企画をあらためて大西さんから聞きながら、会議メモ形式でノートに書いていきました
そして、話の中で出るアイデアもリアルタイムで書き加えながら、ブレインストーミングのように進めていきます

コーチングの中で生まれた仕組みをもつ たこ梅 北店の大西さん

コーチングの中で生まれた仕組みをもつ たこ梅 北店の大西さん

ノートにお互いに見えるように書いていくことで、話がぶれず、大西さんの頭の中も整理されていきます
というか、「アタマが整理されましたわ!」とは、大西さん本人の言葉ですけど、、、(笑)
ただ、今回の販促企画でも、本質的に大西さんが、お客さまとどう向き合いたいのか!
その意図を自分で気づき、そこから、目的をハッキリさせることで、勝手に、今後の進め方が明らかになります
そして、いつまでに何をするか!も具体的に、、、
今月中には、プロトタイプが完成するそうで、こちらも楽しみになってきました

さて、3人目は、たこ梅 分店の上原さんです
こちらも、前回からの継続テーマです
それは、「自分は、お客さまの顔を名前を覚えられない、、、どうしたら、覚えられるのか?」です
前回、ある仕組みを一緒に作って、すこし改善できたけど、まだまだ、、、と感じているようでした
それで、今回は、上原さんの中で、「お客さまの顔と名前を覚えなあかん!」と心臓のあたりをしめつけてくるものにフォーカスする「プロセスコーチング」というものを使いました
結果、上原さんは、「お客さまを覚えるのではなく、覚えてもらう!」というところにいっちゃいました!!^^;;;
で、、、

たこ梅 分店の上原さんとのコーチングです

たこ梅 分店の上原さんとのコーチングです

お客さまに覚えてもらうために、5月1日から「3ヶ月間で1000枚の名刺を配る!」ことに自分で決めました!!
その詳細については、上原さんが、たこ梅 分店のスタッフブログに書いているので、コチラを見て下さいね
→ 新たなる目標!のはなし

3ヶ月で1000枚の名刺、、、なかなか、チャレンジングだと思いますが、これが、どんな成長を上原さんにもたらすのか!!
こちらも、メッチャ、楽しみでしかたありません!!
そうそう、お客さまも、ぜひ、上原さんの千枚名刺チャレンジ、応援してやってくださいね!(^o^)v

今月も、まだまだ、いろんな社員さんとのコーチングがあります
どんなコーチングになっていくのか!?
なんか、わくわくしながら、がんばります!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

12月の現場会議です

12月の現場会議~顧客進化の仕組みの大穴をふさぐ!~

先週、若手スタッフさん中心の12月の「現場会議」をやってました 各店から、1名ずつ代表のスタッフさ

記事を読む

4月の店長会議へ向けての面談(北店)

4月の店長会議に向けての事前面談やってます~PDSAサイクルを回す~

毎月1回、月の上旬に店長会議をやっています いくつかの議題を取り扱いますが、同時に、必ず、各店から

記事を読む

たこ梅 分店の北川さんと現場面談です

現場面談では答えることはなく、問いかけるだけ、、、

毎月、1回、定例の会議で店長さんが出席する店長会議と現場のスタッフさんが参加する現場会議があります

記事を読む

東店の大西さん、多比羅さんとの面談です

7時間連続面談、、、身体は疲れますが楽しく面白い時間です!

月に1回、1時間ずつ、各店の方向性について面談をしています いろいろ状況が重なって、結果、昼過ぎか

記事を読む

学習する組織と能力の成長の新聞広告

書籍の新聞広告見てたら、学習する組織構築に繋がる本が数珠つなぎに思い出されます

うち、家で、日経新聞を取っています 朝、子どもを送り出して、郵便受けの新聞を取って、いつものように

記事を読む

「行動探求」のオリエンテーション

新人の山台さんに行動探求の第1回レクチャーです

2016年4月から、月1回、正社員さん、ホールのパートスタッフさんと自分の内面のクセに気づき、出来事

記事を読む

面談の時間に話し合う和本店長と上原さん

会議で決まったことが実行されない?きっと、2つの理由があります!それを突破するには、、、

「○○をしよう!」と会議で決めます でも、それが、実行されてないとしたら、、、 なぜ、会議で決ま

記事を読む

ホールのパートスタッフさんも行動論理を学習

パートスタッフさんと行動探求のベースとなる行動論理、発達段階のレクチャーと対話です

自律的に考えて行動する!って、組織、会社、お店にとって、スタッフさんのひとつの理想的なあり方だと思い

記事を読む

「クリーンランゲージ入門」(ウェンディ・サリヴァン、ジュディ・リース著)

最近、「クリーン・ランゲージ入門」という本を読み始めました

以前に買ったけど読んでない本、、、 結構、あります、、、 そんな本の1冊をふと読み始めました

記事を読む

たこ梅 分店の谷口さんと現場面談

7月の現場面談~顧客の旅デザインマップは取り組みを俯瞰し対話するツール~

毎月、上旬に店長さんたちが集まる店長会議、お店の現場のSA(スタッフアテンダント)さんが集まる現場会

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

17人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑