*

書籍の新聞広告見てたら、学習する組織構築に繋がる本が数珠つなぎに思い出されます

うち、家で、日経新聞を取っています
朝、子どもを送り出して、郵便受けの新聞を取って、いつものように紙面を眺めていると、一面の下に、、、

最近買った本が、新聞広告に並んで登場!

最近買った本が、並んで新聞広告に載っています
いずれも、出た日に買った本なんです

なにかっていうと、これです!

学習する組織と能力の成長の新聞広告

学習する組織と能力の成長の新聞広告

広告に並んで載っていたのが、マンガでやさしくわかる学習する組織(小田理一郎 著)と 成人発達理論による能力の成長(加藤洋平 著)の二冊の本です

この2冊が並んでいるのをみたとき、なんか、嬉しかったんです

なんで、嬉しいの?って思いますよね
じつは、それは、私が、この7年間取り組んできたことと関わりがあります

学習する組織と成人の発達理論

学習する組織と言えば、平成20年のリーマンショックで店の経営が上手くいかなくなったて「どうしたらええねん?」と思っているときに出会った本です

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

それ以来、たこ梅を学習する組織にしようとなんやかんか、ずーーーーっとやってます
あ、でも、「どれくらい学習する組織になってんの?」とは聞かないでね、、、^^;;;

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)

今年で学習する組織を目指して8年目になりますが、昨年、学習する組織(ピーター・センゲ 著)の翻訳者であり マンガでやさしくわかる学習する組織の著者(ちなみに、学習する組織入門の著者でもある)小田理一郎さんが、ビル・トルバート博士の「行動探求(Action Inquiry)」を翻訳され出版されました

そして、その出版を記念してビル・トルバート博士を招聘し、3日間の行動探求(Action Inquiry)のワークショップも開催され、私も、それに参加しました

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

実は、この時初めて、成人の発達理論というものを知ったのですが、この後しばらく時間がたってからになりますが、学習する組織を構築するということは、その構成メンバーにおいては、垂直方向の成長である発達がおこり、課題に向き合う中で、メンバー間で相互補完的に発達が促され、さらに、組織としての文化も発達するということが起こるんだろうというのが、実感でわかってきました

「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)

「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)

それで、成人の発達理論と言えばロバート・キーガン博士ということで、「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)を読んでみたりしました

学習する組織、行動探求、U理論、コーチングと成人の発達理論

実は、5年前、CTIさんでコー・アクティブ コーチングを学びはじめ、今も、毎月、スタッフさんとコーチングの時間を持っています

サーバントリーダーシップ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)

サーバントリーダーシップ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)

コーチングを始めようと思ったのは、ロバート・グリーンリーフ博士の「サーバントリーダーシップ」を読んだとき、直観的に、「学習する組織のリーダーは、サーバントリーダーシップを発揮する気がする!」と思って、そんなんないかなーーー?って探してたら、コーチングが近いような気がしたから、、、(てっちゃん、わりと単純です)

そして、このCTIさんのコーチングの礎とよばれる基本的なスタンスのひとつに「本質的変化を呼び起こす(Evoke Transformation)」があります
5年前から、ずっとコーチングにかかわるなかで、具体的に、「本質的変化を呼び起こす(Evoke Transformation)」がわかったような、わかっていないような状態でした
それが最近になって、少なくとも、垂直方向の成長である発達するということは、「本質的変化を呼び起こす(Evoke Transformation)」ことになるって頭でなく(もちろん頭でもね:笑)、そうだ!ってわかりました

といっても、コーチング(だけでなく対話や意見交換、安全な場での会議におけるフィードバックでも)で起きる発達は、毎回毎回は、内省で「あっ!」とわかる状態に近いマイクロ発達といえるかもしれません
ただ、このマイクロな発達が繰り返される、積み重なる、組み合わされる中で、本格的な発達につながるように思っています

U理論(Theory U / オットー・シャーマー著)

U理論(Theory U / オットー・シャーマー著)

そうそう、このコーチングやミーティング、会議などで「あっ!」とわかるマイクロな発達のときには、今日はハショりますが、U理論(オットー・シャーマー著)でいうセンシグやプレゼンシングなどのいわゆる「Uの谷をくぐる」現象が起きています

まぁ、こんな感じで、(成人の発達理論はおいといて)以前は、私の中では、学習する組織、行動探求、U理論は、どれも近いところにあるけど、重なってない、近所の理論、考え方という位置づけでした

それが、今は、学習する組織、行動探求、U理論は、すべて関係しているし重なってるし、ちょうど、お互いがお互いの一部になっている感じがしています

そして、行動探求から、まだまだ、ちょろっとレベルですが学び始めた成人の発達理論も、この学習する組織、行動探求、U理論とともに、私の中では不可分のものです
これらを進めていく上で、もちろん、コーチング(あと会議ファシリテーション)も、必須のものなのです

ちょっと、話が広がっちゃいましたが、こんな今の私にとって不可分である学習する組織と成人の発達理論の本の広告が、それも、自分が先日の発売に買った2冊の本が並んで載ってるのをみて嬉しくなったんです

学習する組織と能力の成長の新聞広告

学習する組織と能力の成長の新聞広告

あーーー、長っ、、、って、まぁ、7年間のストーリーを超圧縮して書いてるので、こんなもんです(笑)

マンガでやさしくわかる学習する組織は、もう、読んじゃって、今は、お隣の「成人発達理論による能力の成長」を読んでいます
まだ、四分の1くらいですが、メッチャ示唆に富んだおもしろい本です!!
今日も、続き、読みます!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

自意識と創り出す思考(ロバート・フリッツ、ウェイン・S・アンダーセン 著)

今日から「自意識と創り出す思考/IDENTITY」(ロバート・フリッツ、ウェイン・S・アンダーセン 著)を読み始めます!

平成20年に起きたリーマンショックをきっかけとして、たこ梅は、外的環境が変化しようとレジリエンスをも

記事を読む

現場面談中のたこ梅北店 島田さん

お客さまの進化図!?をつくるの?????

お客さまって、最初は、あたりまえですが、初めてお店にいらっしゃいます だって、最初だもんね!(笑)

記事を読む

「フロー体験 喜びの現象学」(ミハエル・チクセントミハイ 著)

「フロー体験 喜びの現象学」(ミハエル・チクセントミハイ 著)と「虫とり」でのフロー体験!

リーマンショックから、売上が下がり続ける、、、という経験をしました 「学習する組織」(ピータ

記事を読む

あきない実践道場で発表する たこ梅 東店の多比羅さん

「あきない実践道場」最終講で、たこ梅のスタッフさんが実践したことを発表です!

3ヶ月にわたる「あきない実践道場」は、まさに「実践」で鍛えられます! ランチェスター戦略をベースと

記事を読む

新旧の「“商い”デザイン」の違いを中心に たこ梅 分店の前田さんにさんに説明中!

新版「“商い”デザイン」説明ツアーで、気づいたこと!!やっぱり、丁寧にやってかんとアカンわーーー!!

経営戦略や経営計画などがある会社やお店も、多いと思います ただ、たこ梅には、ありません というか

記事を読む

「真経営学読本」(福島正伸 著)

「真経営学読本」(福島正伸 著)は、人生が豊かになる本の一冊であると思います

先代社長が亡くなり、突然、10年以上つとめた会社員を退職、たこ梅を継いで17年目になります そ

記事を読む

吉田健一さんの「私の食物誌」「舌鼓ところどころ」とその両者をあわせた没後40年記念の文庫本

中央公論新社さんから「舌鼓ところどころ/私の食物誌」(吉田健一 著)の文庫本をいただきました!

この前、中央公論新社さんから郵便物が届きました 「何が、来たんやろ?」って思って開けてみると、、、

記事を読む

安心、安全に働ける店についてミーティング

安心、安全に働ける「働きやすい」店について、ミーティングです!

春といえば、新入社員さんが入ってきたり、異動があったり、、、の季節ですね たこ梅でも、正社員さん、

記事を読む

イベントのシナリオを考えタイムスケジュールを作成していきます

5年目となる「POPで楽しく価値を伝える研修♪2017」の1回目です!

平成20年のリーマンショックを期に、それまで順調だった売上が、だだ下がり、、、 これまでのマーケテ

記事を読む

顧客の旅をストック&フローで説明する紙芝居

顧客の旅をストック&フローでスタッフさんに説明する紙芝居を作成しました!

お客さまの進化っていうのか、見込み客さんが、新規客さんに、そして、常連さんに、、、ってありますよね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑