*

仕事以外のテーマもOK!でスタッフさんにコーチングをする理由(わけ)

コンスタントに毎月10名くらいのスタッフさんにコーチングをしています
よく成果をあげるため!にコーチングを導入する企業さんもいらっしゃいます
ただ、たこ梅のコーチングでは、その時のテーマは、仕事のことはもちろんですが、プライベートなことでもOKにしています
「どうして、仕事時間中にコーチングやってるのに、仕事のこと以外についてでもかまわないの?」って、スタッフさんだけでなく社外の方からも、ときどき、尋ねられます(笑)
どうしてなのか、、、
そんなことを今日は、ちょっと、書いてみたいと思います

コーチングとは

コーチングって、何なんでしょうね?
Wikipediaでコーチングを調べると、
「コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の1つ。 対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。 相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。」
とあります
私もその通りだと思うと同時に、人から「コーチングって、ひとことで言うとどういうもの?」って聞かれると、よく、こんな風に答えています
「コーチング(coaching)っていうのは、その人のテーマについて相手が話し、そこに問いを投げかけるところから、自分で気づいて、一歩前に進むことで、本質的には、その人が1mmでも成長することにコーチングの意味があるんだと思います」
って、、、ぜんぜん、ひとことじゃないですね(笑)

たこ梅でコーチングするようになった理由

平成20年8月にリーマンショックがあり、それまで、上手くいっていた経営が傾いてきました
平たく言うと、そこから、売上が、下がり続けたんです
途方に暮れる平成21年12月に、おじいちゃん、お父さん、お子さんの3人のお客さまが、道頓堀にある たこ梅 本店のカウンターで楽しく飲んだり食べたりされている姿を見たとき、「そうか!売上や利益やなかったんや、、、ほんまに、やりたいんは、こんば場所をずーっと守り続けることやったんや!百年後も、こうやって、たこ梅があることやったんや!」って初めて気づいたんです
ただ、百年後も、たこ梅がある!中には、リーマンショックや神戸のような地震(東北地震前の出来事です)、新型インフルエンザの猛威もあるかもしれない
それ以前に、私、死んでるし(笑)、、、
そんな中で、百年たっても、たこ梅でお客さまが、お子さんと酌み交わしている店であるためには、どうしたらいいのか?
そんな時、平成22年3月に、ピーター・センゲが提唱する「学習する組織」という考え方に出会い「これやったら、こんな組織やったら、百年後もある!よし、たこ梅を『学習する組織』にする!」って決めた(単純ですね:笑)んです
とはいうもののどうやったら「学習する組織」ができるのかがわからないまま、手探りで、取り組み始めました

そして、いろいろ学ぶ中で、「『学習する組織』のリーダーって、ロバート・K・グリーンリーフの言う『サーバントリーダーシップ』というのが近いんちゃうやろか?」と思い、調べてると、コーチングやるのが、なんか、それに近そう、、、って、あってるかどうかもわかりませんが、そんな風に感じたんです
それで、CTIさんというコーチングファームでコーチングを学ぶようになりました
今では、毎月、10人前後のスタッフさんに、1時間のコーチングをやっています

仕事時間のコーチングテーマが、仕事に関係なくてもいい理由(わけ)

昨日も、1時間ずつ3人のスタッフさんとコーチングをやっていました
そのテーマは、スタッフさんによって、まちまちです
そりゃそうですよね、、、ひとりひとり違う人間だし、悩みも課題も、やりたいことも違いますからね

スタッフの田口さんとコーチングしています

スタッフの田口さんとコーチングしています

よく企業内でのコーチングというと、どうやって(その人の)売上目標を達成するか?とか、担当しているプロジェクトを成功させるか?なんていうことを目標にコーチングが行われることも多いようです
もちろん、私も、スタッフさんが、自分でそういうテーマを持ってきたら、それをテーマにコーチングします
ただ、コーチングをスタートするときのオリエンテーションで、
「コーチングテーマは、仕事のことでも、子どもの幼稚園をどっちにする?というようなプライベートなことでも、あなたが、テーマにしたいことがあれば、なんでも大丈夫ですよ。もっというと、特に、テーマが思いつかなくても大丈夫です。」
って伝えています(幼稚園をどっちにするっていうのは、あるスタッフさんの実際のテーマでした)
仕事時間中にコーチングをやっているのに、仕事以外のテーマでもいいというのには、私が考えるコーチングの目的に理由があります
私が考えるコーチングの目的は、「スタッフさんが、1mmでも成長すること」だからです

仮に成長というのをイモ虫が蝶になるのにたとえると、コーチングで幼虫が蝶になったとしましょう
そのテーマが、たまたま、「今度買うヒーターは、ガスファンヒーターがいいか?セラミックパネル(電気)ヒーターがいいか?」(ちなみにこれは以前あった本当のテーマです)っていう仕事とは全く関係ないプライベートなテーマであったとしても、どういう視点から選ぶか、何を大切にして、誰を大切にして選びたいのか、、、スペックやお金が大切と始め感じたとしても、なにが本当に大切だからそう感じているのか、、、なんていうことに気づいて意思決定する中で、スタッフさん自身に、ほんのわずかかもしれませんが、本質的な変化が生じ、わずか1mm、ひょっとしたら1μmであったとしても成長が起こります
いい方を変えると、ほんのわずかであったとしても「器が広がる」んです
一旦蝶になったら、幼虫にもどれないのと同じように、プライベートなテーマで、成長したスタッフさん、器が広がったスタッフさんは、仕事中でもそのまんま!
つまり、プライベートの時だけでなく、仕事中も蝶のまま、成長したまんま、器がひろがったまんまなんです
なんか、仕事の時にも、本人はもちろん、同僚のスタッフさん、お客さまに、いいこと起きそうでしょ!(^o^)
私は、そんな風に考えて、信じているので、仕事時間中のコーチングのテーマは、仕事に限らずプライベートなこともウェルカムなんです
だから、これからも、スタッフさんとのコーチングを続けていきます!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「自主経営組織のはじめ方」をティール組織のとこに並べます

今日から「自主経営組織のはじめ方」を読みます

先月、英治出版さんに「自主経営組織の始め方」をいただきました 英治出版さんにいただいた「自主

記事を読む

年代別 累計 PCR検査陽性者数・死亡者数(2020/2/1-8/3)

新型コロナは、休業要請や緊急事態宣言を要するほど危険なのか?本当に必要な対策は超シンプルでいい!?

東京に続き、大阪でも、8/6-20まで、ミナミのエリアで飲食業関係に休業・時短要請が出ています 新

記事を読む

本店の和田店長と店長面談

7月の店長面談~「クリーンな問い」で何が起きているかが明確に~

毎月、上旬に店長さんたちが集まる店長会議、お店の現場のSA(スタッフアテンダント)さんが集まる現場会

記事を読む

CD開発のプロジェクトリーダーの土井利忠(天外伺朗)さん

アナザーストーリーズ「CD開発“不良社員”たちが起こしたデジタル革命」を見て思ったこと

8月21日にBSプレミアムで、アナザーストーリーズ「CD開発“不良社員”たちが起こしたデジタル革命」

記事を読む

たこ梅 北店の前保さんと昇格者面談

新梅田食道街にある たこ梅 北店の前保さんと昇格者面談です!

半年に一度、たこ梅の社員さんは、評価されます 評価と言っても、評価項目自体は、社員さんが自分たちで

記事を読む

ドラッカーと論語(安冨歩 著)

「ドラッカーと論語」(安冨歩 著)を読んで気づいた、経営する上で大切なこと

昨年の年末頃に読んでいて、この数年で私にとって一番面白いって思ったのが、「複雑さを生きる~やわらかな

記事を読む

「奇跡の経営」「セムラーイズム」(リカルド・セムラー 著)

「奇跡の経営」だけでなく「セムラーイズム」も読んだ方がいい理由(わけ)

7月に、リカルド・セムラーの「奇跡の経営」を購入しました 「奇跡の経営」(リカルド・セムラー

記事を読む

コーチングのオリエンテーション資料です

コーチングは、オリエンテーションからスタートです!

今週、新たにスタッフさんとのコーチングがスタートしました! 最初は、コーチング!!しません、、、(

記事を読む

和本店長の難しい会話のマトリックス

行動探求する中で、和本店長の「使命」が見えてきました!

学習する組織の構築を加速するテクノロジーのひとつに「行動探求(Action Inquiry)」があり

記事を読む

スタッフさんと行動探求のセッション

12月もスタッフさんと行動探求のセッションやってます

今月も、各店のスタッフさんと順番に行動探求のセッションをやっています 行動探求のセッションでは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑