*

スタッフさんとのコーチングで、仕事のテーマが増えてきました!その理由は、、、

公開日: 面談・コーチング, 学習する組織

コーチングって、運営する(認定する)団体がいろいろあります
私が学んだのは、CTIというコーチングファームで、ビジネスにしても、人生の目的から、どのように取り組んでいくかとかを引き出すコーチングです
(これは、あくまで、私の理解なので、CTIさんに尋ねると、「ちょっと違うけど、、、^^;;;」って可能性も無きにしも非ず)
どんなコーチングかは、CTIさんの公式サイトをご覧ください!
CTIさんの公式サイトはコチラをクリック!

3年間くらいスタッフさんにコーチングしています

学習する組織の構築を目指してる私が、ロバート・K・グリーンリーフのサーバントリーダーシップを読んで「サーバントリーダーシップ」という考え方を知ったとき、「学習する組織のリーダーは、これちゃうやろか?」ってピン!って来ました(当たってるかどうかは、おいといて、、、:笑)

サーバントリーダーシップ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)

サーバントリーダーシップ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)

「どうやったら、サーバントリーダーシップを発揮できねんやろ?」って探してると、コーチングが、近い気がする!!って、また、ピン!って来ました(これも、当たってるかどうかは、定かではありません、、、:笑)

そして、スグ、行動!!
日本にあるいくつかあるコーチングファームを調べて、CTIさんにすることにしたんです
そのトレーニングの上級コース(プロコーチ資格を取るコースです)の時から、たこ梅のスタッフさんに、継続的に毎月コーチングするようになりました
月平均10人くらいのスタッフさんと1時間ずつコーチングをやって、今度のゴールデンウィークあたりで、丸3年になります

葛原さんとのコーチングです

こんなカンジでコーチングやってます(写真は、たこ梅分店の葛原さん)

テーマは、仕事に限らず、プライベートも、もちろん、OKです
仕事時間中のコーチングですが、テーマが、例えば、「春から子どもが通う幼稚園、どっちがいいだろうか?」も歓迎です
というのも、クライアント(コーチングでは、コーチングされる人を「クライアント」と呼びます/この場合、たこ梅のスタッフさんのことです)さんが、そこに取り組むことで、1mmでもそのクライアントさん(たこ梅のスタッフさん)の器が広がることに貢献できたらOKですから、、、

一旦広がったその人の器は、寝ても覚めても、広がったまんま、、、
つまり、たこ梅の仕事中でも広がったまんま、、、
そんな「あり方(Being)」で、仕事に取り組む!お客さんと接する!同僚と仕事をする!と、きっと、何か違いますよね
だから、テーマは、仕事に限らずOKにしているんです

ただ、最近、スタッフさんのテーマが、仕事のことが、急に増えてきた気がしています

仕事のことがテーマのコーチングが急増中です

クライアントさん(たこ梅のスタッフさんです)が抱えている仕事上の課題をよく持ってこられます
昨日も、ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店の多比羅さん(ニックネームは「イッセー」)が、お客さまに渡すイッセーオリジナルカードのことがテーマでした(クライアントさんとのコーチングは守秘義務がありますので、掲載にあたっては、本人の了解を得ています)

たこ梅 東店の多比羅さん(イッセー)とコーチング中です

たこ梅 東店の多比羅さん(イッセー)とコーチング中です

ところで、どうして、仕事のテーマが増えてきたのか、、、
何でかなぁ?って思ってたんですが、こんな要因があるんじゃないでしょうか?

・仕事のことをテーマにしても評価に響かない(悪い評価につながらない)
・仕事(特にお客さまづくり・お客さまとの関係性)への関心が高まっている
・お客さまづくり・お客さまとの関係性の重要性が浸透してきた
・コーチングの時間をうまくつかって、仕事上の課題をなんとか解決に近づけたい

また、スタッフさんにはコーチングしますが、直属の上司部下の関係となる店長さんとはコーチングを行っていません
その関係自体でコーチングが難しくなる場合が予想されるからです
ただ、月1回、店の運営に関する1時間の「面談」をもうけていて、その時、意見交換をするようにしています
もちろん、その関わりの中で、コーチングのスキルは使います

ビジネスコーチングであってもクライアントさん自身に焦点をあて続けます

ところで、仕事がテーマになると、単なるビジネスコーチングになりがちですが、テーマが仕事であっても、その仕事をよりよいものにするのはクライアントさん自身!その人です!!
ですから、常に、その仕事の意味をどうとらえているのか?どんな視点からとらえているのか?さらにどんな視点でとらえると面白そうか?その先に何を見ているのか?なんてこと、つまり、クライアントさん自身のいろんな面に焦点を当て続けます

ビジネスコーチングであっても、クライアントさん自身に焦点をあて続けます
いや、ビジネスコーチングだからこそ、クライアントさん自身に焦点をあて続けないと、そこから気持ちの伝わるサービスや商品、そして、最も大切な、クライアントさん自身の器が大きくなることにつながらないと感じています

そうやって、クライアントさんに焦点をあててコーチングしていくと、テーマにもってきた仕事の見え方が確実に変わるのがわかります
すると、とらえ方がかわるので、それに向き合う姿勢、思考がかわることになり、行動自体がかわります
だから、生み出される結果もかわります(だいたい、いい方向へ、、、まぁ、うまくいかなかったら、また、やったいいだけのことですね!)

これからも、スタッフさんの器が広がること!スタッフさん自身の成長!を応援するため、コーチングを続けていきます!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「これからのリーダーシップ勉強会」後のふりかえりタイム

「これからのリーダーシップ勉強会 7月」は、5期の最終講です!!

昨年、9月から毎月1回、道頓堀にある たこ梅 本店の和田店長、ホワイティうめだ(地下街)にある たこ

記事を読む

たこ梅"商い"デザイン

新人オリエンテーションの「”商い”デザイン」っ何?実は、これは、、、

たこ梅に入社された正社員さん、パートスタッフさんには、かならず、1時間前後の時間をとって、新人オリエ

記事を読む

現場会議の会議メモ(一部)

5月の現場会議~会議の流れから会議メモまで公開しちゃいます!~

今月も、現場の若手スタッフ中心の「現場会議」をやりました 道頓堀の たこ梅 本店からは安藤さん、新

記事を読む

たこ梅 本店の安藤さんと現場会議の事前面談です

現場会議の事前面談~顧客進化の『盲点』が生まれる理由がわかった!~

昨年、たこ梅の顧客進化における仕組みで、新規客さんがリピーターに進化するところに生じる大きな盲点を発

記事を読む

「利益が見える戦略MQ会計」(西順一郎 編著、宇野寛/米津晋次 著)

会計データをスタッフさんがMQ会計で見られるようにしよう!とあーじゃこーじゃやってます

4月の店長会議で、お店の損益をスタッフさんに公開したという話を以前のブログに書きました → 4月の

記事を読む

上原店長代行と店長面談

新梅田食道街 たこ梅分店の上原さんと店長面談です

毎月1回、店舗の運営やあり方について店長さんと月末頃に面談をしています もともとは、月初にある店長

記事を読む

和田店長との面談です

店長さんとの面談で、不満をぶつけました!そしたら、、、

毎月、1回、店長さんと1時間の面談をしています 先週は、道頓堀にある たこ梅 本店の和田店長と面談

記事を読む

セミナー後に小阪裕司先生と記念撮影です

小阪裕司先生の「ワクワク系マーケティング実践術2016」セミナーに行ってきました!

今週、新横浜で、ワクワク系マーケティングのセミナーがあったので行ってきました! いろんな気づきがあ

記事を読む

8月の店長面談です

8月の店長面談~店ごとの売上の違いをつくるものは何か?~

8月も下旬です 今月も各店の店長さんと順番に店長面談をやっています 店ごとの売上は違う 今年の

記事を読む

スタッフさんとの面談時に氷山モデルを使ったときのメモ

面談で「パターン」や「構造」の話が出るたび、システム思考の氷山モデルが登場します

毎月1回、お店のスタッフさんと面談やコーチングをします 最近は、ちょくちょく、その中で、氷山が登場

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑