*

英治出版さん「自主経営組織のはじめ方」をありがとうございます!読みます!

東京の恵比寿に英治出版さんという良書を出し続ける出版社があります
たこ梅文庫の書架にも英治出版さんの書籍は、数えたことありませんが、おそらく1,2を争う占拠率となっています
もともと、英治出版さんのファンとか、出版社に意識はなかったのですが、ちょうど10年前に「学習する組織」を目指したときから、気になって読む本に、英治出版さんの本が多かったのです

2016年に英治出版さんの社員さんがやって来た

2016年の年末に英治出版さんの社員の方から電話がかかってきて、突然、私に会いたいのでうちの事務所に来たいというのです
英治出版さんの出されている本の系統からして、うちに用事はなさそうです

なんで?
ひょっとして、英治出版さんの本のことをときどきブログに書いてたし、正直、内容を書きすぎのきらいもあるのは自覚してたので、「やばい!クレームか!?」って緊張しながらもお会いすることに、、、

英治出版さんが、たこ梅の事務所を訪ねて下さいました

英治出版さんが、たこ梅の事務所を訪ねて下さいました
左から)てっちゃんと英治出版の田中さん、上村さん

そしたら、クレームではなくて、自分ところの本を読んでくれている私がどんな人か気になってたそうで、とうとう会いにきちゃったんだとか!

学習する組織の表紙を開くと寄せ書きが!

学習する組織の表紙を開くと寄せ書きが!

このとき、「学習する組織」に社員さんが寄せ書きを書いてくださっていて、それをいただいたりもしたのです!

ほんと、びっくりです

そのときのことは、こちらのブログにくわしいです
→ 英治出版さんが、一読者をわざわざインタビューに来てくれはりました!ビックリ、、、(*゚д゚*)

ちなみに、おいでくださった当時、英治出版さんの本は17冊ありました
(あとで数えたんです)

英治出版さん17冊のうち、読んだのが12冊で、まだなのが5冊です

英治出版さん17冊のうち、読んだのが12冊で、まだなのが5冊です(2016年当時)

いまは、いろいろ買っているのでさらに増えています

その後も事務所においでになりました

その後も、私が興味のありそうな本が出版されたとき、お持ちくださったりしたのです

なんか、すごい出版社ですね
ほかに、こんな出版社知りません
(って、別段、ほかの出版社を何社も知ってるわけでもありませんが、、、^^;;;)

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)

2017年には、「学習する組織」入門、「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」をいただきました

「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)

「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)

そのときの話は、こちらをどうぞ!
「学習する組織」入門を英治出版の田中さんが、事務所へ持ってきてくれはりました!(*゜д゜*)
「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)がやってきました!

「自主経営組織のはじめ方」がやって来た

さて、昨日、事務所に行くと英治出版さんから何かが届いています

「何かな?」と思って封を開けると、、、

英治出版さんにいただいた「自主経営組織のはじめ方」

英治出版さんにいただいた「自主経営組織のはじめ方」

2月20日発売予定の「自主組織のはじめ方」(ストリッド・フェルメール、ベン・ウェンティング 著)が入っているではないですか
訳は、日本のティール組織研究では、トップ(と私が思っている)お二人、嘉村賢州さんと吉原史郎さんです

ティール組織への指南書(?)なのか

まだ、目次をながめて、ページをザッピングでめくったくらいですが、実際に、ティール組織をめざすときの具体的なやり方、方法が書かれているようです

ティール組織って、組織の発達段階のことと私は理解していて、仮にティール段階の組織としても、その姿はさまざまだからです
生物が進化して、哺乳類になったからといって、哺乳類の姿は、人もいれば、ネズミもいるし、鯨もいたりします
これぐらいその「姿」は多様で、おそらく、ティール段階の組織がいくつもあっても、それこそ、哺乳類の動物の種類くらい多様であっても不思議ではないと主行っています

そんなに多様だと、やり方だけでは難しいと私は思います
そして、この本のページをめくっただけで、ちがってたら、ゴメンね!ですが、やり方、方法とともに、その「心得」(心構え?)も書かれているみたい

あと、Tipsのようなことも書いてるようです
ティール段階にある組織自体は多様でしょうから、まぁ、そこへいたるヒント、Tips的なものがないと、なかなかしんどいし、、、

そうしてみると、ひょっとしたらティール組織への指南書なのかもしれませんね

英治出版さん、ありがとう!!

まぁ、まだ、読んでないのでどうなのか正確なことはわかりませんが、学習する組織構築を目指すてっちゃんとしては、興味津々の本です

「自主経営組織のはじめ方」をティール組織のとこに並べます

「自主経営組織のはじめ方」をティール組織のとこに並べます

今読んでる本~ちなみにユヴァル・ノア・ハラリの「ホモ・デウス」を読んでます~を読み終えたら、こいつに行きたいと思います

それまでは、たこ梅文庫の書架のティール組織コーナーに並べておきますね

英治出版さん、素敵な本を世に届けてくれてありがとう!!
私も、楽しみに読ませてもらいまーーーーーす

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

会議のオヤツは「とうふドーナツ」

2月の店長会議~会議での役割が変わってきたようです~

先週、2月の店長会議がありました その中で感じたのは、私の役割が変わってきたことです 店長会議で

記事を読む

謙虚なコンサルティング(エドガー・H・シャイン 著)

「謙虚なコンサルティング」(エドガー・シャイン 著)の「パーソナライゼーション」と「アダプティブ・ムーヴ」とは?

今年の5月に発売になった「謙虚なコンサルティング」(エドガー・H・シャイン 著) 書店に並んですぐ

記事を読む

映画「県庁の星」のDVD

織田裕二主演「県庁の星」DVDを購入!コレ、行動探究(Action Inquiry)の研修資料なんです!!

今から10年前、2006年に織田裕二と柴咲コウが主演した「県庁の星」という映画があります 有能だけ

記事を読む

4月の人事評価者会議です

スタッフさんの成長を目的とした人事評価者会議

毎年、4月と10月に開催される会議があります それは、人事評価者会議、、、 スタッフさんの採

記事を読む

「ファシリテーションの本質とファシリテーターのあり方」で星野欣生先生と!

星野欣生先生のワークショップで気づいた「上手く行くOD(組織開発)と上手く行かないODの違い」

もう、1年以上前になりますが、「人間関係づくりトレーニング」など多数の著書があり、グループプロセスの

記事を読む

「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!、価値創造の思考法をまとめ買い

価値創造の思考法、「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!(小阪裕司 著)をスタッフさん用にまとめ買い!

お客さまという「人にフォーカス」するワクワク系マーケティングというのを情報工学博士でもある小阪裕司先

記事を読む

サピエンス全史 ユヴァル・ノア・ハラリ著

サピエンス全史(ユヴァル・ノア・ハラリ著)を読みます

日本でも、3年前に発売されたこの本、全世界的なベストセラーです そう、これ、、、 サピエンス

記事を読む

実務でつかむ!ティール組織(吉原史郎 著)

「実務でつかむ!ティール組織」を読んで気づいたこと、そして、問い

一昨日のブログで「ディヤン・スートラ 瞑想の道」と並行して「読み始めました!」と言っていた「実務でつ

記事を読む

五龍館さんを出発する前に、みんなで記念撮影!

長野県白馬村のリピーター率60%を超える五龍館さんへ2泊3日で研修旅行!

たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)は、ほとんどが自家製です その仕込みをしている仕込み場を大幅に

記事を読む

JMAマネジメント 2019年8月号

JMAマネジメント 2019年8月号「社員の主体性を活かし、成長する組織」に載っちゃいました!

日本能率協会 JMAさんが出されてる月刊誌に「JMAマネジメント」があります JMAマネジメ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑