*

「知識創造経営のプリンシプル」(野中郁次郎・今野登 著)は、すごく面白い!!

2,3週間まえから、「知識創造経営のプリンシプル」(野中郁次郎 今野登 著)を読んでいます
わりとゆったりペースで読んでいます
仕事の合間で時間のできたときに喫茶店でお茶を飲みながらとか、、、

一見難しそうな本ですが、これが、どうして、、、
超、オモシロイ!!
正直なことを言っておくと、初めに「序章 持続的社会システムと経営」というのが30ページ強あるのですが、ここだけ、なかなか頭に入ってこなくて、私は、読むのがシンドかったです
でも、第Ⅰ章がはじまると、、、
急に面白い!!
いったい、なんなんでしょうね???

「知識創造経営のプリンシプル」(野中郁次郎・今野登 著)

「知識創造経営のプリンシプル」(野中郁次郎・今野登 著)

ちょうどいま、本の半分くらいまで読んでいます

暗黙知と形式知に関する「知識創造プロセス(SECIモデル)」が面白い!

なかでも面白かったのが、暗黙知と形式知について書かれた「知識創造プロセス(SECIモデル)」という概念です
このブログでも、ちょくちょく登場する小阪裕司先生が提唱されているワクワク系マーケティングでも、形式知、暗黙知ってでてくるのですが、この「知識創造プロセス(SECIモデル)」の箇所を読んで、やっと、暗黙知と形式知の関係が腑に落ちました

また、形式知を暗黙知化することが、本当の意味で「わかった!」ということになり、自然と「使える」ようになることなのではないか?と漠然と考えていたことも、このSECIモデルの中で明示的に言及されていて、頭が整理されました

知識創造プロセス(SECIモデル)の概念

知識創造プロセス(SECIモデル)の概念

ちょっと、書籍から、暗黙知と形式知の相互作用について書かれた箇所を抜粋しますね

「知識創造プロセス(SECIモデル)」からの実践事例での気づき

たこ梅では、小阪裕司先生の提唱されるワクワク系マーケティング実践会に入会しています
それで、毎月、実践会員さんの事例が載った情報誌が送られてきます

その中で、何件か、お客さまが思う通りに行動をとってくれないとき、その会員さん自身がお客さまになって、自分でその行動をとってみた、、、そして、お客さまとして「(こういうことで)だから、(自分が)望む行動を取ってくれていなかったのか、、、」とわかり、気づきを得て、お客さまの行動が自分が望むところにつながるように仕組みや動線を改善、構成され直されている事例が載っていました

誤解のないように補足しておくと、自分の望むとおりお客さまに行動を取ってもらうというのは「操作」ではありません
お客さまが、自分自身の喜びをもって行動を取り、われわれが伝えたい価値(=喜び)まで到達してもらうため、喜びでつながる連続行動となるように設計するということです
うまく伝わっているといいんですが、、、^^;;;
「うん、それって、やっぱり操作じゃない?」って思われたら、ぜひ、小阪裕司先生の本を読んでいただけると私の意図が伝わるように思います

知識創造(SECI)プロセスの4つのモード

知識創造(SECI)プロセスの4つのモード

さて、事例にをこのSECIプロセスの観点で眺めると、実践事例に載っていた会員さんがされたことは、まず共同化(Socialization)、つまり、お客さまの暗黙知を自らをお客さまとすることで感じ取り、自らの暗黙知化をしたということではないかと思うのです
この本の「知識創造(SECI)プロセスの4つのモード」の「共同化」の欄にも「お客様のためにと考えるな、お客様として考えよ」と書かれています
そして、そこでつかんだ暗黙知を形式知とする表出化(Externalizaiton)が、お客さまの行動をつながるようにするという改善、構成のし直しだろうと思うのです

「知識創造プロセス(SECIモデル)」からつかむ会議の場の進化状態

また、この「知識創造経営のプリンシプル」(野中郁次郎・今野登 著)では、「場(BA)」の概念がよく出てきます、、、というかベースにもなっています
私が、この「知識創造プロセス(SECIモデル)」を眺めていて思ったのは、この事例とは別に、普段の会議の中で起こる場の転換だったり場の変容というか進化が、この「知識創造プロセス(SECIモデル)」という枠組みもっているとつかみやすいのではないかということです

このあたりは、会議やミーティングの場で、実際に「知識創造プロセス(SECIモデル)」でプロセスを眺めてみることで試してみます

賢慮(フロネシス)とリーダーシップに関して

この本では、経営者、リーダーのあり方として「賢慮(フロネシス)」が登場します

ちょっとだけ、賢慮(フロネシス)のことを本から引用、抜粋して説明しておきます

科学的知識であるエピステーメー(episteme)、技術・芸術など制作領域の知であるテクネー(techne)とならぶ知性である賢慮(フロネシス)
賢慮/フロネシス(phronesis)とは、価値・倫理についての思慮分別と、文脈依存の判断や行為を含む.「実践」の智慧.「賢慮」.すなわち高質の暗黙知、実践的な価値の合理性に基づく知性、実践知とあります

まぁ、ちょっと難しいですし、私もちゃんと理解できているかどうかと言うと怪しい、、、

ただ、私が、この本を読む中で理解したこの賢慮(フロネシス)は、
・戦略と実践が同時に往ったり来たりする現場主体と言うより、現場が戦略と戦術を往き来して実践の中ですすめる
・そういう熱のある状態を産み出せる現在と未来を内包したビジョンを出現させ、メンバーと共有することができる
・現実と未来、手元のことと高い立ち位置からの景色、時間と空間の近い・遠いを同時につかんでいる
ようなものなのかなぁ、、、というところです

もし、そうだとすると、ロバート・グリーンリーフのいうサーバントリーダーシップやプロセスワークの創始者であるアーノルドミンデルいうエルダーシップにも、トーン(雰囲気)が近いようにも思えています

ここ(賢慮/フロネシスとそのリーダーシップ)は、まだ、よくわかっていないけど、すごく気になっている部分なので、こんな理解が、いま、私の中にあることを抱きながら読み進めたいと思います

いやーーー、とにかく、この本、面白すぎです!!

まだ、半分しか読んでないけど、強力にオススメします!(笑)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

なぜ部下とうまくいかないのか(加藤洋平 著) なぜ人と部下は変われないのか(ロバート・キーガン著)

成人の発達理論を知りたい!「なぜ部下とうまくいかないのか」(加藤洋平 著)を読みました!

やっと、ロバート・キーガン、リサ・ラスコー・レイヒー 著の「なぜ人と組織は変われないのか」を読み終え

記事を読む

マンガでやさしくわかる部下の育て方(中原 淳 著)

「マンガでやさしくわかる部下の育て方」(中原 淳 著)をたこ梅文庫に追加です!!

難波にある事務所の書架には、500-600くらいの本が並んでいます 「たこ梅文庫」の書架です

記事を読む

ワクワク系マーケティングの本を渡された髙羽さん

ワクワク系マーケティング実践講座2018に参加する髙羽さんに参考図書をプレゼント!

一昨年から、年に2人ずつ、ワクワク系マーケティング実践講座に行ってもらってます ワクワク系マ

記事を読む

実務でつかむ!ティール組織(吉原史郎 著)

「実務でつかむ!ティール組織」を読んで気づいたこと、そして、問い

一昨日のブログで「ディヤン・スートラ 瞑想の道」と並行して「読み始めました!」と言っていた「実務でつ

記事を読む

無常の見方、無我の見方、苦の見方(アルボムッレ・スマナサーラ 著)

無常の見方、無我の見方、苦の見方(アルボムッレ・スマナサーラ 著)を買ってみた、、、

ちょうど3年くらい前から、瞑想をするようになりました 初めは5分から始めて、今では、だいたい4

記事を読む

利益が見える戦略MQ会計(西順一郎 監修,宇野寛・米津晋次 著)

利益が見える戦略MQ会計(西順一郎 監修,宇野寛・米津晋次 著)を5冊購入!!

先週、道頓堀にある たこ梅本店の和田店長と5月の店長面談をやってました 5月の店長面談の和田

記事を読む

和本店長の難しい会話のマトリックス

行動探求する中で、和本店長の「使命」が見えてきました!

学習する組織の構築を加速するテクノロジーのひとつに「行動探求(Action Inquiry)」があり

記事を読む

ワクワク系マーケティングの本をたこ梅 分店の上原さんにプレゼント

スタッフさんと全5回のワクワク系実践講座に行きます!で、まずは、予習から、、、

百年後も、たこ梅がある!ってことは、明日も、明後日も、来年も、5年後も、10年後もある!ってことです

記事を読む

老子(道徳経)

ミンデル本の9冊目に行く前に、「老子(道徳経)」を読んでおきます!

プロセス指向心理学、プロセスワークの創始者であるアーノルド・ミンデルさんのワークショップが、5月のゴ

記事を読む

たこ梅 分店のお店運営 月一面談です

お店の運営面談では、店長・スタッフさんが自ら気づき、発見して前に進んでいきます

やっぱり、お店の中では、スタッフさんとのコミュニケーション、、、だいじですよね それで、たこ梅では

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑