*

英治出版さんが、一読者をわざわざインタビューに来てくれはりました!ビックリ、、、(*゚д゚*)

このブログを読んで頂いている方は、ときどき、私が、読んだ本のことを書いているのをご存じかもしれません
「そんなん書いてたっけ?」って思われた方は、ブログの右下にある『カテゴリー』のなかの「気になる本」をクリックしてみて下さいね
私が、読んだ本について、書いたのが一覧で出てきますから

英治出版の方から電話がかかってきました

先日、英治出版のプロデューサー(英治出版さんでは編集に携わる方をこう呼ばれているようです)さんのおひとりから、電話をいただきました
何かというと、「いちどお会いしたいんですが、、、」とのこと

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

私のブログでよく登場する「学習する組織」をはじめ、「サーバントリーダーシップ」「サーバントであれ」「なぜ人と組織は買われないのか」「行動探求」「U理論」「サーチ・インサイド・ユアセルフ」など、そういえば、英治出版さんの本、ちょこちょこ読んでました

出現する未来から導く(C・オットー・シャーマー、カトリン・カウファー著)

出現する未来から導く(C・オットー・シャーマー、カトリン・カウファー著)

ちょうど、今、読んでる「出現する未来から導く」も英治出版さんの本です

まぁ、確かに、英治出版さんから出ている本を読んではいますが、「お会いしたい」ってなんやねん?
正直、「なんか、あやしーーー」って思いました

英治出版さんの出されている本を見ると真面目に出版されているようですので、たまに、経営者向けに「本を出版しませんか?」って言ってきて、編集費名目などで金をむしり取る(あ、失礼、、、ちょっと、言い過ぎ?まぁ、いっか、、、:笑)出版(ヤカラ)とは違うよなーーーとは思いました
ひょっとしたら、ブログで好き勝手書いてるので、「ちょっと困るんで、ひかえめに、、、」くらい、やんわり釘をさされるのかなぁ、、、とか、、、
まぁ、いくつか想像はしたものの、「まぁ、えっか、、、」と都合の合う日をお知らせしたら、事務所の方においでくださるとのこと

どうなるのかわからんけど、ちょっと「あやしーーー」と思ったまんま、その日を迎えました

英治出版さんが、ホンマに、来はりました!

約束の時間になると、英治出版のプロデューサーさんが、おふたりでお見えになりました
「あ、ホンマに来た!」って思いました
同時に、「ホンマに、何しに来はったんやろ?」って、まだ、結構、あやしんでます(笑)

いつも、店長さんやスタッフさんと会議をしているテーブルにお通ししてお茶をお出ししました
ただ、ビミョーーーな雰囲気が流れます
おそらく、これ、私の方が、なんか「さぐる」ような意識があったので、はじめはそんな「場」からスタートすることになりました

英治出版さんが、たこ梅の事務所を訪ねて下さいました

英治出版さんが、たこ梅の事務所を訪ねて下さいました
左から)てっちゃんと英治出版の田中さん、上村さん

お話を聞いていくうちに、英治出版さんは組織開発やリーダーシップ関係の本が多いのですが、そんな本を読んで、実際にそれを実践に移行させてる人に会いたかったらしいのです
ちなみに、私の場合は、このブログで何度も書いてますが、「学習する組織」を読んで、「学習する組織を創る!」って決めた口です(笑)ので、まぁ、どの程度、実践できてるかはおいといて、そういった読者には当たるんだろうと思います

でも、なんで、わたしが「学習する組織を創る!」なんてやってるのかご存じなのかと思ったら英治出版さんのどなたかが、ツイッターとかで、私のつぶやきや書き込みを見て、ブログに英治出版さんの本のことを書いたりすると社内で回覧されていたんだとか、、、
(どこで、どういう理由で、見られてるかわからんもんですねーーーーー)

それで、これまでも、何度も、お店の方に、偶然、私に会えないかとおいでいただいてたんだそうです
あとで聞きましたが、すでに社内の半分の社員さんは、出張のおりに、わざわざうちの店を利用して下さってたんです
でも、一向に(私に)遭遇(?)しないので、今回、電話をいただくことになったんだとか、、、

インタビューちゃんとできなくてスンマセン!

この日、英治出版さんの本を読んで実践している(と思ってはる)私に、いろいろインタビューしたいとインタビューシートもビッチリつくって来られてました
ただ、尋ねられたら、私が、おもいつくままに話すもんだから、予定されていた項目は、ほとんど消化できていなかったようです
英治出版さんも、私に会われるのは初めてなもので、かかわりかたに相当お気遣い頂いたようで、聞きたいことが聞けなかったようです
いや、スンマセン、、、m(._.)m

>英治出版さん
追加で聞きたいことあったら、いつでも、電話、メールで気軽に聞いて下さいね
わかる限り、お答えさせて頂きますので、、、

○○○○をいただいてビックリ!(*゚д゚*)

おいでになったとき、まず、おやつをいただいたんですが、これは、ありがたく、会議用のおやつコーナーに整備させていただきました
会議の時、スタッフさんと美味しくいただきます
ありがとうございます!

それから、こんなもんも、おもち頂きました!

英治出版さんからいただいた本です

英治出版さんからいただいた本です

英治出版さんが出されている本を3冊いただいたんです
・チーム・ダーウィン 「学習する組織」だけが生き残る(熊平美香 著)
・DREAM WORKPLACE―だれもが「最高の自分」になれる組織をつくる(ロブ・ゴーフィー、 ガレス・ジョーンズ 著)
・学習する組織―システム思考で未来を創造する(ピーター・M・センゲ 著)

私のブログを読まれて、私の指向に合いそうな本を選んでお持ち頂いたんだと思います
読んではいませんが「チームダーウィン」という書名は知っていて気になっていた本です
「DREAM WORKPLACE」は、英治出版さんの最新刊をお持ち下さいました
これも、出版前から知っていて、気になってる本だったので、読書するリストに加えさせていただきます
あ、もちろん、「チームダーウィン」もね!

ただ、3冊目の「学習する組織」ですけど、、、
これ、「持ってるし!」「読んだし!」って思いました

ところが、実は、、、

学習する組織の表紙を開くと寄せ書きが!

学習する組織の表紙を開くと寄せ書きが!

表紙を開くと、英治出版さんの社長さん、社員さんが、寄せ書きをしてくれてはったんです
めっちゃ、ビックリ!!
でも、嬉しかったぁーーーーーーーーー!!!

この寄せ書きを読んでいくと、私のブログを読んでいただいてることがよくわかりました
同時に、なんで、この日、わざわざ遠いところを著者でもない、一読者の私のところにおいでになったか、、、

編集者の方は、自分たちが世に出した本が、どのように読まれて、感じられ、さらに、それを実践に活かしているのか「見てみたい!」っていう思いが強いんですね
実際は、読んでもらってるのは、発売部数や書店さんを通じて「数字」ではわかる
ただ、「誰に?」「どんな風に?」、そして、読者を通じ、読者の行動を通して「実際、世の中のどんな役立ってるの?」って、ホンマにホンマに、気になって気になってしょーがないんですよね!
ええ、人たちやなぁーーーー

せやから、ブログに、たまにであっても、自分たちが出版した本のこと、そこから、どんなことをしてるのかを書いている私のブログが気になって、とうとう、来はったんやねぇ、、、
確かに、私が読んだ本について書くことは、いわゆる「書評」ではなく、われわれの目的のために、どのように活用したか!とか、どんな変化を起こしたいのか!とか、どんなことが起きたのか!とか、商いという活動の中で出来事のとらえ方がどう変わったか!などを書いてますもんね

頂いた本も含めて、また、いろんな本を読ませて頂いて、たこ梅の「学習する組織」構築、「商い4.0」(←きっとある気がする!いまから創るやつね!:笑)へ向けて進んでいきます
ほんま、おいでいただいて、ありがとうございました!!
これからも、よろしくね!!(^o^)/~~~~~~~~~~~~

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

まんがでわかる「トヨタの片づけ」

提案・改善のマンガでわかる本の次は、マンガでわかる「片づけ」本を購入です!

いま、300-400冊くらいの蔵書はある(と思いますが)「たこ梅文庫」には、マンガでわかるコーナーが

記事を読む

ワクワク系マーケティングの本をたこ梅 分店の上原さんにプレゼント

スタッフさんと全5回のワクワク系実践講座に行きます!で、まずは、予習から、、、

百年後も、たこ梅がある!ってことは、明日も、明後日も、来年も、5年後も、10年後もある!ってことです

記事を読む

マンガでやさしくわかる学習する組織を手に取る大西さん

「マンガでやさしくわかる学習する組織」(小田理一郎 著)、大西さんが持ってっちゃいました、、、

先週、学習する組織関連の本が2冊、立て続けに出版されました 「学習する組織」(ピーター・M・

記事を読む

スタッフさんとの面談時に氷山モデルを使ったときのメモ

面談で「パターン」や「構造」の話が出るたび、システム思考の氷山モデルが登場します

毎月1回、お店のスタッフさんと面談やコーチングをします 最近は、ちょくちょく、その中で、氷山が登場

記事を読む

高野登のホスピタリティってなんだろう?

「高野登のホスピタリティってなんだろう?」Vol.7~9が届きました!

元リッツ・カールトン日本支社長の高野登さんが、毎週火曜日にSBC信越放送で「高野登のホスピタリティっ

記事を読む

「POWER AND LOVE / 未来を変えるために本当に必要なこと」(アダム・カヘン 著)

「POWER AND LOVE / 未来を変えるために本当に必要なこと」(アダム・カヘン 著)をゆえあって再読します

この前、ブログで、たこ梅が小阪裕司先生が提唱されるワクワク系マーケティングに取り組んでいる理由(わけ

記事を読む

成人発達理論と行動探求の概要をレクチャー

新人深澤さんにコーチングと行動探求のオリエンテーション&レクチャーです!

2013年からコーチングを取り入れました たこ梅 東店の多比羅さん(イッセー)とコーチング中

記事を読む

謙虚なコンサルティング(エドガー・H・シャイン 著)

「謙虚なコンサルティング」(エドガー・シャイン 著)の「パーソナライゼーション」と「アダプティブ・ムーヴ」とは?

今年の5月に発売になった「謙虚なコンサルティング」(エドガー・H・シャイン 著) 書店に並んですぐ

記事を読む

ワクワク系実践講座で作成した「顧客の旅デザインマップ」です

ワクワク系実践講座2回目にスタッフさんと一緒に行って来ました!

お客さまに喜んでいただき、そして、お客さまに選ばれる、、、 これって、「商い(あきない)」をする上

記事を読む

STANDING IN THE FIRE テキスト と「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)

場や会議が劇的に変わる!結果を出すファシリテーターの6つの「流儀」に行ってきました

月1回、店長さんが集まる店長会議、若手スタッフさんの現場会議をやってます たこ梅の会議では、参加メ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑