*

サピエンス全史 上巻を読んで~慣れ親しんだ視点と異なる視点からの展開~

公開日: 気になる本, つれづれに

1年半ほど「積ん読」になっていた「サピエンス全史 上巻・下巻」(ユヴァル・ノア・ハラリ著)を昨年末から読み始めました

サピエンス全史 上巻・下巻 ユヴァル・ノア・ハラリ著

サピエンス全史 上巻・下巻 ユヴァル・ノア・ハラリ著

読み始めについては、こちらのブログを!
→ サピエンス全史(ユヴァル・ノア・ハラリ著)を読みます

で、その上巻を読み終えました

サピエンス全史 上巻 を読んで

サピエンス全史では、人類を「認知革命」「農業革命」「科学革命」の視点で読み解いています
上巻では、認知革命から農業革命の途中までが記されています

認知革命を読んで

認知革命の章で、もともと、サピエンスは、われわれ「ホモ・サピエンス」だけでなく、いろいろいたのに、ホモ・サピエンスがエリアを広げるに従って、他のサピエンスは消滅していった
また、ホモ・サピエンスが広がるにつれて大型哺乳類を中心に同時期に数千種類が絶命していった

これが起きたことですが、偶然の一致なのか、意図的に取った行動が絶滅させたのか、無意識の活動の結果として絶滅を引き起こしたのか、、、
このいずれかですが、われわれの祖先が実際にどういうことをしたのか、その祖先の血が自分にもながれているし、現代の人類全員に流れている、そして、中級温暖化や現在もいろんな種を絶滅させている事実をみると、なんだか複雑な気持ちになります

農業革命を読んで

農業革命の章をすべて読んだわけではありませんが、上巻の農業革命の部分を読んだとき、一番印象に残ったのは、あらゆる種にとっての使命を子孫を増やすこと考えると恐ろしい事実が見えてきます
そういう視点をユヴァル・ノア・ハラリは提供してくれました

人類は、現在、74億人程度で、われわれは生物の頂点、食物連鎖の頂点、最も反映している生物という見方ができます
しかし、子孫を増やすということであれば、羊や牛、豚、鶏は、われわれの食料としてですが、その数は、われわれを優に超えます

家畜化されることで、子孫を飛躍的増やすことに成功した!
人類を活用して、種としての最大の繁栄を勝ち取ったという見方ができます

また、植物に目を移すと、その最大の繁栄を勝ち取ったのは、小麦だというのです
太古においては、そのままでは、食べるのに適さない植物です
食べるには加熱が必要ですから、リンゴやイチゴなどの果実や木の実よりも、人類には食べにくい食べ物でした

それが、野生の小麦を栽培することを思いついてから、一気に、その子孫の数を増やすことに成功したのです
人類を使って、、、

米もトウモロコシなども、小麦同様に成功した植物と言えます

ところで、小麦や米、トウモロコシもそうですが、羊、牛、豚、鶏は、確かに子孫の数を増やすと言うことには成功しました
でも、彼らは、幸せなのか?
少なくとも、多くの羊、牛、豚、鶏は、幸せではないかもしれません
狭い場所に押し込められて乳を搾られたり、肉にされたり、、、

子孫、数を増やすという意味での種としての繁栄と、その個体の幸せとは一致しない

読んでいて、そういう視点から眺めると、人類も74億人を超えるところまで種としては、まちがいなく過去最大の繁栄をしています
しかし、個体、個人で言うと、、、、

本当に、読んでいて、私の慣れ親しんだ視点とは異なる視点から考えさせてくれる本です

サピエンス全史 下巻 を読み始めます

さて、いよいよ、下巻を読み始めます

少し読んだところですが、宗教について取り上げています
これも、私が思い込んでいたのとは異なる視点から話が展開しています

サピエンス全史 下巻 ユヴァル・ノア・ハラリ著

サピエンス全史 下巻 ユヴァル・ノア・ハラリ著

またまた、いろいろと考えさせられそうです

読み終わって、気が向いたら、ブログに読書感を書きますね

では、サピエンス全史 下巻を読み進めます

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「#笑顔の連鎖」への参加、応援の店内お知らせ

お取り寄せに続いて、お店でも「#笑顔の連鎖」はじまっています!!

4月の緊急事態宣言での休業から再開すると当初の売上は前年の20-30%、、、 それでも、7月には5

記事を読む

てっちゃん購入のところで、印刷用紙切れとなったらしい!ぎりセーフ!!

GoToイート食事券の購入にチャレンジ!無事に購入できるのか!?

新型コロナでたいへんな業種はいろいろありますが、飲食業も総じて苦労しています たこ梅も、緊急事態宣

記事を読む

4つの目を持つ方相氏(ほうそうし)とその脇をかためる侲子(しんし)による追儺式の様子

節分は年4回ある?始まりは追儺式?恵方巻きの正しい食べ方は?

おはようございます 今日、2月3日は、節分ですね ところで、節分自体は、年4回あるってご存じでし

記事を読む

たこ梅 北店の大西さん、本を3冊貸出です

今日も、スタッフさんが、たこ梅文庫から本をかりて行ってくれました!

毎月の店長会議、(若手スタッフさんの)現場会議を難波にある事務所やっています その会議をやっている

記事を読む

MMOTのテキストと「最強リーダーシップの法則」

MMOTのオンライン講座を受講しました!

いま、たこ梅で流行っている(?)ものに、「緊張構造チャート」があります 緊張構造チャートとは?

記事を読む

法人版マイナンバーが届きました

法人版のマイナンバー(法人番号)が、たこ梅にも届きました!

10月から、個人への通知がスタートしたマイナンバー、、、 私のところへも、、、まだ、来てません

記事を読む

ニオイバンマツリがちょうど満開です

ニオイバンマツリが咲いていい香りです

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 今日は、ゴールデンウィ

記事を読む

産みたて卵2つ(ふつーの卵と双子卵)

久しぶりに双子卵(二黄卵)を産みました

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです ひよこ灯に集まってい

記事を読む

マンガでやさしくわかる学習する組織を手に取る大西さん

「マンガでやさしくわかる学習する組織」(小田理一郎 著)、大西さんが持ってっちゃいました、、、

先週、学習する組織関連の本が2冊、立て続けに出版されました 「学習する組織」(ピーター・M・

記事を読む

高野登のホスピタリティってなんだろう?

「高野登のホスピタリティってなんだろう?」Vol.7~9が届きました!

元リッツ・カールトン日本支社長の高野登さんが、毎週火曜日にSBC信越放送で「高野登のホスピタリティっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑