*

場や会議が劇的に変わる!結果を出すファシリテーターの6つの「流儀」に行ってきました

月1回、店長さんが集まる店長会議、若手スタッフさんの現場会議をやってます
たこ梅の会議では、参加メンバーは、必ず、事前に会議ファシリテーションの基本研修を受けることになっています
もう6年前になりますが、私も、お店のスタッフさんとチーム経営さんという会社の方においでいただいて、一緒に研修を受けました
新メンバーも、チーム経営さんが開催される会議ファシリテーションの研修を受けています

基本は、仕事のひとつである会議で使うのが目的なので、普段、ファシリテーションについて、それ以上、つっこんで深く勉強することはありません
それでも、たまに、本を読んだりファシリテーションの研修をうけたりします

石橋先生のファシリテーショングラフィックのデモンストレーションです

石橋先生のファシリテーショングラフィックのデモンストレーションです

昨年も、たこ梅 本店の安藤さん、東店の多比羅さんが、ファシリテーショングラフィックスの研修に行ってくれていました
そのときのブログはコチラです!
→ ファシリテーショングラフィック講座をスタッフさんと一緒に受けてきました!

プロフェッショナルファシリテーター(ラリー・ドレスラー著)を3年前に読みました

そんなこともあって、3年前に、「プロフェッショナル・ファシリテーター ~どんな修羅場も切り抜ける6つの流儀~」(ラリー・ドレスラー著)が出版されたときは、スグに買って読みました

「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)

「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)

この本、ファシリテーションのスキルやノウハウの本ではありません
いろんなスキルをいっぱい持ってるファシリテーターでも、その時のメンバー、雰囲気、状況、テーマや議題によっては、会議が炎上、あるいは、全く話が進まず大失敗、、、なんてことに見舞われます

その一番の原因は、そこに立つファシリテーターの「あり方(Being)」にあるというのです
どういう、「あり方(Being)」が必要なのか?を6つの流儀としてまとめられています

【修羅場を切り抜ける6つの流儀】
流儀1)自分の状態変化に敏感になる
流儀2)「いま、ここ」に集中する
流儀3)オープンマインドを保つ
流儀4)自分の役割を明確に意識する
流儀5)意外性を楽しむ
流儀6)共感力を養う

各々の流儀の詳しい内容は、実際に本を手に取ってみて下さいね
詳しく書かれていますから

さらに、その「あり方(Being)」の鍛え方もかかれていますし、「なるほどなぁ、、、」と思ったのは、6つの流儀と鍛え方が語られた後の最終章に、「振り返りと休息」があったことです

ファシリテーションが終わった後に、ふりかえり、学ぶ、、、
そして、洗い流して、次ぎに向かって進めるようにする

いわれてみて、本当に大切だと思うし、このブログでも何回かふれていますが、リーマンショック後、お店を「学習する組織にしよう!」と思って学んでいるとき、スゴイ!って思う人がちがやっている3つの共通のことに気づきました
それは、
・瞑想
・ヨガ、太極拳、合気道など
・リトリート
です

ファシリテーションが終わった後にも、大きい、小さいは別にして「リトリート」が必要なんだなぁ、、、って思ったんです

場や会議が劇的に変わる!結果を出すファシリテーターの6つの『流儀』

ところで、なんで、3年前に読んだ、「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)のことを書いてるかというと、ほんの数日前、あらためて読み直したから!
というのは、昨日(4/1)、この「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)の翻訳者でもあり、ラリー・ドレスラー氏のBlue Wing社認定Standingin the Fireファシリテーターの佐々木薫さんによる、「場や会議が劇的に変わる!結果を出すファシリテーターの6つの『流儀』」があって、参加することにしたからです

STANDING IN THE FIRE テキスト と「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)

STANDING IN THE FIRE テキスト と「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)

講座の流れとしては、
(1)オープニング
(2)「炎」がつくメカニズム
(3)流儀1:自分の状態変化に敏感になる
(4)流儀2:「いま、ここ」に集中する
(5)流儀3:オープンマインドを保つ
(6)流儀4:自分の役割を明確に意識する
(7)流儀5:意外性を楽しむ
(8)流儀6:共感力を養う
(9)クロージング
と、6つの流儀にしたがっています

講座では、この流れに沿いながら、実際にファシリテーター(参加者)が使えるワークや経験談を惜しみなく紹介されながら、実践で使える!を主眼にすすめられていました

その中でも、一番、今回の講座で記憶に残っているのは、本の中にも書かれているのですが、ファシリテーションをしていて「炎」がつくのはどういうときか?どうやってつくのか?が、折に触れて、佐々木さんは語られていたことです
「炎」がついて炎上するとはいいますが、その炎は、どこでもない、ファシリテーター自身がつけてしまうものだからです
ファシリテーターの「大丈夫かな?」「なんか、まずいぞ、、、」「うまくいってない、、、」などの不安や心配などが、「炎」を燃え広がらせてしまうのです

燃え広がらせないため、そもそも、そうならないためには、「あり方(Being)」にかかるということなのです
その「あり方(Being)」にかかわる6つの流儀ですから、きっと、何度も、何度も「炎」がつくことについてふれておられたのだと思います
この「炎」がつくことに関しても、詳しくは本に書かれていますから、興味のある方は、ぜひ、ご覧下さいね

今回の講座を受講して、ファシリテーションだけでなく、「人とかかわる」というのは、その人の「あり方(Being)」によるところが大きい!とあらためて感じました
直接、かかわるだけでなく、文章をかいたり、ただ、そこにいる!だけでもそうです

私も、少しずつですが、日々、「あり方(Being)」を鍛えるように努力していこうと思います
実は、2つほど、宿題もでましたしね、、、(^o^)v

さぁ、今日も、がんばります!!

 

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「クリーンランゲージ入門」(ウェンディ・サリヴァン、ジュディ・リース著)

最近、「クリーン・ランゲージ入門」という本を読み始めました

以前に買ったけど読んでない本、、、 結構、あります、、、 そんな本の1冊をふと読み始めました

記事を読む

古民家の和室で面談タイム

12月の野菜部 in 山添村~古民家の和室でいろいろ話し合います~

12月も、奈良の山添村にある自然農法の畑にスタッフさんと行ってました キャベツの収穫中[/c

記事を読む

はじめてのスピノザ 自由へのエチカ(國分功一郎 著)

スピノザの入門編を読もうと思います

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 先月、知り合った人と話

記事を読む

「無意識がわかれば人生が変わる」(前野隆司 由佐美加子 著)

「無意識がわかれば人生が変わる」(前野隆司 由佐美加子 著)を買ってみた

昨日、ちょっと時間があったので、本屋をのぞいてみた そして、前から気になっていた本を探してみよ

記事を読む

5月の店長会議です カメラを向けると“ボケ”る人もいます(笑)

5月の店長会議~進行役、書記役のスキルがアップしてます!~

毎月、1回、店長さんがあつまる「店長会議」というのをやってます 店長会議、、、といっても、「売上は

記事を読む

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート 著)を再読している理由(わけ)は、、、

以前読んだ本をまた読んでいます ザーッ!と流し読みに近いんですが、読んでいます 私、同じ本を

記事を読む

研修に参加して、効果がスグでる人って、こういう人なんですね!!

昨日は、ランチェスター戦略に基づくNo.1戦略コンサルタント 佐藤元相先生の「あきない接点道場」フォ

記事を読む

衛生管理のビデオ学習中

改修工事のお休みに衛生管理を学びます

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 仕込み場の改装工事が

記事を読む

インタビューに見えた大川さん(右)と赤木さん(左)と私(左手前)

組織開発や人材開発支援をされている大川恒さんが取材にたこ梅にみえました

組織開発や人材開発の支援をされている企業に株式会社HRTがあります その株式会社HRTの代表が大川

記事を読む

プロジェクト・デザイン・パターン、パターン・ランゲージ、複雑系入門(井庭崇ら 著)とプロジェクト・デザイン・パターンカード

「プロジェクト・デザイン・パターンカード」買っちゃいました!社長のアカデミー賞2017グランプリホルダーがスゴイ!っていうもんだから、、、

この前、フェイスブックを見てたら、ある記事が目にとまりました たこ梅では、小阪裕司先生が提唱される

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑