*

場や会議が劇的に変わる!結果を出すファシリテーターの6つの「流儀」に行ってきました

月1回、店長さんが集まる店長会議、若手スタッフさんの現場会議をやってます
たこ梅の会議では、参加メンバーは、必ず、事前に会議ファシリテーションの基本研修を受けることになっています
もう6年前になりますが、私も、お店のスタッフさんとチーム経営さんという会社の方においでいただいて、一緒に研修を受けました
新メンバーも、チーム経営さんが開催される会議ファシリテーションの研修を受けています

基本は、仕事のひとつである会議で使うのが目的なので、普段、ファシリテーションについて、それ以上、つっこんで深く勉強することはありません
それでも、たまに、本を読んだりファシリテーションの研修をうけたりします

石橋先生のファシリテーショングラフィックのデモンストレーションです

石橋先生のファシリテーショングラフィックのデモンストレーションです

昨年も、たこ梅 本店の安藤さん、東店の多比羅さんが、ファシリテーショングラフィックスの研修に行ってくれていました
そのときのブログはコチラです!
→ ファシリテーショングラフィック講座をスタッフさんと一緒に受けてきました!

プロフェッショナルファシリテーター(ラリー・ドレスラー著)を3年前に読みました

そんなこともあって、3年前に、「プロフェッショナル・ファシリテーター ~どんな修羅場も切り抜ける6つの流儀~」(ラリー・ドレスラー著)が出版されたときは、スグに買って読みました

「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)

「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)

この本、ファシリテーションのスキルやノウハウの本ではありません
いろんなスキルをいっぱい持ってるファシリテーターでも、その時のメンバー、雰囲気、状況、テーマや議題によっては、会議が炎上、あるいは、全く話が進まず大失敗、、、なんてことに見舞われます

その一番の原因は、そこに立つファシリテーターの「あり方(Being)」にあるというのです
どういう、「あり方(Being)」が必要なのか?を6つの流儀としてまとめられています

【修羅場を切り抜ける6つの流儀】
流儀1)自分の状態変化に敏感になる
流儀2)「いま、ここ」に集中する
流儀3)オープンマインドを保つ
流儀4)自分の役割を明確に意識する
流儀5)意外性を楽しむ
流儀6)共感力を養う

各々の流儀の詳しい内容は、実際に本を手に取ってみて下さいね
詳しく書かれていますから

さらに、その「あり方(Being)」の鍛え方もかかれていますし、「なるほどなぁ、、、」と思ったのは、6つの流儀と鍛え方が語られた後の最終章に、「振り返りと休息」があったことです

ファシリテーションが終わった後に、ふりかえり、学ぶ、、、
そして、洗い流して、次ぎに向かって進めるようにする

いわれてみて、本当に大切だと思うし、このブログでも何回かふれていますが、リーマンショック後、お店を「学習する組織にしよう!」と思って学んでいるとき、スゴイ!って思う人がちがやっている3つの共通のことに気づきました
それは、
・瞑想
・ヨガ、太極拳、合気道など
・リトリート
です

ファシリテーションが終わった後にも、大きい、小さいは別にして「リトリート」が必要なんだなぁ、、、って思ったんです

場や会議が劇的に変わる!結果を出すファシリテーターの6つの『流儀』

ところで、なんで、3年前に読んだ、「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)のことを書いてるかというと、ほんの数日前、あらためて読み直したから!
というのは、昨日(4/1)、この「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)の翻訳者でもあり、ラリー・ドレスラー氏のBlue Wing社認定Standingin the Fireファシリテーターの佐々木薫さんによる、「場や会議が劇的に変わる!結果を出すファシリテーターの6つの『流儀』」があって、参加することにしたからです

STANDING IN THE FIRE テキスト と「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)

STANDING IN THE FIRE テキスト と「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)

講座の流れとしては、
(1)オープニング
(2)「炎」がつくメカニズム
(3)流儀1:自分の状態変化に敏感になる
(4)流儀2:「いま、ここ」に集中する
(5)流儀3:オープンマインドを保つ
(6)流儀4:自分の役割を明確に意識する
(7)流儀5:意外性を楽しむ
(8)流儀6:共感力を養う
(9)クロージング
と、6つの流儀にしたがっています

講座では、この流れに沿いながら、実際にファシリテーター(参加者)が使えるワークや経験談を惜しみなく紹介されながら、実践で使える!を主眼にすすめられていました

その中でも、一番、今回の講座で記憶に残っているのは、本の中にも書かれているのですが、ファシリテーションをしていて「炎」がつくのはどういうときか?どうやってつくのか?が、折に触れて、佐々木さんは語られていたことです
「炎」がついて炎上するとはいいますが、その炎は、どこでもない、ファシリテーター自身がつけてしまうものだからです
ファシリテーターの「大丈夫かな?」「なんか、まずいぞ、、、」「うまくいってない、、、」などの不安や心配などが、「炎」を燃え広がらせてしまうのです

燃え広がらせないため、そもそも、そうならないためには、「あり方(Being)」にかかるということなのです
その「あり方(Being)」にかかわる6つの流儀ですから、きっと、何度も、何度も「炎」がつくことについてふれておられたのだと思います
この「炎」がつくことに関しても、詳しくは本に書かれていますから、興味のある方は、ぜひ、ご覧下さいね

今回の講座を受講して、ファシリテーションだけでなく、「人とかかわる」というのは、その人の「あり方(Being)」によるところが大きい!とあらためて感じました
直接、かかわるだけでなく、文章をかいたり、ただ、そこにいる!だけでもそうです

私も、少しずつですが、日々、「あり方(Being)」を鍛えるように努力していこうと思います
実は、2つほど、宿題もでましたしね、、、(^o^)v

さぁ、今日も、がんばります!!

 

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

4月の店長会議です

4月の店長会議~議題はもちろん、会議後にふりかえりもします~

先日、4月の店長会議をやってました 今回は、議題が超目白押し、、、 確認やお知らせ、、、なんかも

記事を読む

対話の中で顧客の旅デザインマップと価値採掘マップを活用

ワクワク勉強会、スタッフさんだけの自主運営がスタートしました!

この前、3月の現場会議でしたが、昨年の5月から、会議の前に2時間の勉強会をやっています 毎月、ワク

記事を読む

長野県白馬村の五龍館さんからとどいたパンフレット

研修旅行先の長野県白馬村「五龍館」さんから、パンフレット一式が届きました!

7月に、仕込み場を大改修します、、、 たこ梅は、ほとんどの関東煮(かんとだき/おでん)のタネが

記事を読む

まんがでわかる「トヨタの片づけ」

提案・改善のマンガでわかる本の次は、マンガでわかる「片づけ」本を購入です!

いま、300-400冊くらいの蔵書はある(と思いますが)「たこ梅文庫」には、マンガでわかるコーナーが

記事を読む

「利益が見える戦略MQ会計」を松本さんにプレゼント

MG研修初参加の松本さんに「利益が見える戦略MQ会計」をプレゼント!

経営者の方って、「社員は経営者の視点で考えるべきだ!」って、よくこういうことを言いますよね 社員さ

記事を読む

卓上イーゼルパッド

卓上の貼ってはがせるイーゼルパッドがやってきました!!

先月、道頓堀の たこ梅 本店の二階の座敷に、42.5インチのモニターを設置しました 42.5

記事を読む

8月の現場会議

8月のワクワク勉強会と現場会議~やっぱり相乗効果がスゴイ!~

毎月1回、若手スタッフさんを中心とした現場会議を開催しています いわゆる「定例会議」というやつです

記事を読む

学習経路の6グリッド(行動探求のマトリックス)のシート

行動探求で、自分のメンタルモデルだけでなく、お客さまの気持ちや前提も明らかに!!

2017年4月から、毎月1回、行動探求(Action Inquiry / アクションインクワイアリー

記事を読む

ワクワク系マーケティングの本をもつ安藤店長

価値創造の思考法、「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!(小阪裕司 著)を安藤店長にプレゼント!

昨年、一昨年と、たこ梅のスタッフさんが、5月から翌年1月まで、何度か、新横浜まで通ってます ワクワ

記事を読む

佐藤先生、中野先生と、卒業の記念撮影をする松本さん

ランチェスター戦略をベースとした半年にわたる「あきない実践道場」を松本さん、見事に卒業です!

2017年8月から、ランチェスター戦略をベースとした「あきない実践道場」に、道頓堀にある たこ梅 本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑