*

MMOT(The Managerial Moment of Truth)の本「最強リーダーシップの法則」を入手できました

公開日: 気になる本, 緊張構造・構造思考

先日のブログでも書きましたが、最近、会議やミーティング、面談で、ロバート・フリッツの開発した「緊張構造チャート」をちょくちょく使うようになっています

お客さんが喜んで循環する店を創りだす緊張構造

お客さんが喜んで循環する店を創りだす緊張構造(緊張構造チャートの一例)

緊張構造のことを書いたブログはコチラ!
→ 12月の店長会議~「緊張構造チャート」で創りだしたいものを創ることに取り組んでみました~

緊張構造とは?

私も勉強中なので、正確ではないかもしれませんが、私の今の理解で緊張構造のことを少し説明しておきますね

まず、1)本当に創りだしたいもの(こと)を見出し設定します
そして、現状はそうなっていませんが、2)今の現状をそのまま書き出します
すると、本当に創りだしたいものが本物で、真実の現状がわかれば、そのとき、本当に創りだしたいものを創りだしたい!たどり着きたい!というテンションがかかります
そして、そこに行き着くための 3)行動リストをつくり、あとはこれをひたすら実行します

言われてみると一見当たり前のようですが、これがものすごく奥が深いのです

偉大な組織の最小抵抗経路(ロバート・フリッツ 著)

偉大な組織の最小抵抗経路(ロバート・フリッツ 著)

詳しいことは、「偉大な組織の最小抵抗経路」(ロバート・フリッツ 著)をご覧下さい

緊張構造を創る上で難しいこと

実際にうまく働く緊張構造をつくる上で難しい、、、と私が感じる大きなポイントが2つあります

創りだしたいもの(こと)の設定

ひとつは、適切なビジョン(創りだしたいこと/もの)の設定です
これは、壮大すぎる(広すぎる)のも上手くワークしないし、細かすぎても上手く行きません
壮大すぎるというのは、例えば、今の私が、「宇宙の平和のために」というと確かにいいことだけど、あまりにも広すぎて漠然としすぎています
細かすぎるというのは、パート、アルバイトさんの求人で悩んでいて、「時給をいくらにすべきか」です
確かにひとつの要素ではありますが、求人における本当の目的の一部、細部にすぎないからです

ただ、これは、繰り返しやりながら、広すぎて上手く行かなかったら再設定してまたやってみる!を繰り返すことでだんだん上手く設定できるようになるんだろうなぁ、、、と思いながら取り組んでいます

今の私の段階では、質より量!が重要で、どんどん緊張構造チャートを描くことでそのあたりは自然とわかってくるのだろうと思っています
また、これについて相談できる人や機会も幸いなことに私は恵まれているので、、、

現状の洗い出し

もうひとつの難しいことは、現状の認識です
現状をあるがままに観ることです

人は、無意識の前提を持っていて、そのフィルターを通して物事を認識しています
ですから、「現状」といって同じ出来事を見ても、AさんとBさんでは違うように認識している可能性があります
、、、というか、そんなことの方が多いのかも知れません

チームで仕事をする中では、その認識がそもそもズレていたら、まともに進むわけがありません
ですので、この現状をありのままに認識できたら、、、と思っていました

現状をありのままに観るためのスキルMMOT

そんなとき、そのありのままの現実を認識するテクノロジーとしてMMOT(The Managerial Moment of Truth)を知りました
これも、ロバート・フリッツが開発した手法です

近々、そのトレーニングを受けて仕事で使ってみようとおもっているのですが、このMMOTがある本の中で紹介されていることを知りました

The Managerial Moment of Truth 最強リーダーシップの法則(ブルース・ボダケン&ロバート・フリッツ 著)

The Managerial Moment of Truth 最強リーダーシップの法則(ブルース・ボダケン&ロバート・フリッツ 著)

その本が「The Managerial Moment of Truth 最強リーダーシップの法則」(ブルース・ボダケン&ロバート・フリッツ 著)です
この本、絶版になっていて古本で探しました

元々の定価は1600円(税別)ですが、古本市場では3000円から5000円以上で取引されているようです
幸い私は、もうちょっとお安目に手に入れることが出来てラッキーでした

いま、この「The Managerial Moment of Truth 最強リーダーシップの法則」(ブルース・ボダケン&ロバート・フリッツ 著)を読んでいます

トレーニングを受けられるのは、もう少し先のようなので、本で学んで理解した部分からでも現場で使っていこうと思います
さて、今日も、楽しくがんばります!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

スタッフさんが、たこ梅文庫に寄贈してくれた本

スタッフさんが、たこ梅文庫に本を寄贈してくれました!

うちの事務所には、書架が数台並んでいて、現在、500-600冊くらいあります 「たこ梅文庫」

記事を読む

「教えないから人が育つ」横田英樹毅のリーダー学(天外伺朗 著)

「教えないから人が育つ」横田英樹毅のリーダー学(天外伺朗 著)を購入!

私、社会人になったときはメーカーに就職して、いわゆるサラリーマンを10年やってました そして、実家

記事を読む

老子(道徳経)

ミンデル本の9冊目に行く前に、「老子(道徳経)」を読んでおきます!

プロセス指向心理学、プロセスワークの創始者であるアーノルド・ミンデルさんのワークショップが、5月のゴ

記事を読む

「孫子」「孫子を読む」(浅野裕一著)

「孫子」を読んでみようと思います

この2年くらいで、もっとも、読んでいて興味をそそられ、面白い!って思った本「複雑さを生きる~やわらか

記事を読む

「ガッテン農法 農薬・肥料に頼らず自然の好循環でおいしい野菜づくり」(三浦伸章 監修)

「ガッテン農法 農薬・肥料に頼らず自然の好循環でおいしい野菜づくり」(三浦伸章 監修)を買っちゃいました!

奈良の山添村というところに、たこ梅の研修用の施設があります (って、大層なもんじゃなく、たんなる古

記事を読む

「POWER AND LOVE / 未来を変えるために本当に必要なこと」(アダム・カヘン 著)

「POWER AND LOVE / 未来を変えるために本当に必要なこと」(アダム・カヘン 著)をゆえあって再読します

この前、ブログで、たこ梅が小阪裕司先生が提唱されるワクワク系マーケティングに取り組んでいる理由(わけ

記事を読む

「安売りするな!価値を売れ!」コミック版ゲットです!

「安売りするな!価値を売れ!」(藤村正宏 著)のコミック版を買ってきました!

「売上を上げたい!」「もうけたい!」「どうやって、売ればいいんだ、、、」ってやればやるほど、売れませ

記事を読む

「慈悲の瞑想」「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ 著)

「慈悲の瞑想」「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ 著)を購入しました!

今日は、2018年3月11日ですね 2011年3月11日の東日本大震災から、8年目を迎えます

記事を読む

最難関のリーダーシップ(ロナルド・A・ハイフェッツ、マーティ・リンスキー、アレクサンダー・グラショウ 著)

今、気になる2冊の本!「なぜ弱さをみせあえる組織が強いのか」と「最難関のリーダーシップ」

仕事をする上で、スタッフさんとどう関わるか、、、 どう関わると、スタッフさんの仕事のサポートを通じ

記事を読む

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)は、現場の人に手厚い本だと思います

このブログを読んで下さってる方は、ご存じかもしれませんが、平成20年のリーマンショックを期に、お店の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑