*

加藤洋平さんの「成人発達理論と人材育成」講座に行ってきました!

この前、アントレプレナーファクトリーさんのEBA講座で、成人発達理論の研究者である加藤洋平さんが登壇されました
そして、そこでのテーマは、「成人発達理論と人材育成」でした

学習する組織を構築する中で、お店でスタッフさんの成長発達、そして、組織の成長発達に成人発達理論の考えを組み入れていますし、加藤洋平さんの著書も拝読しているてっちゃんとしては、いかないわけにはいかない、、、
その上、会場が、大阪富国生命ビルなので、たこ梅の梅田のお店から徒歩1,2分ですから、これは、行くしかない!!ってことで行ってきました

成人発達理論に興味をもって加藤洋平さんを知りました

2008年のリーマンショックで、順調だったお店の売上がだだ下がり、、、

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

どうしたらいいのか?と悩む中で出会ったのが、ピーター・センゲの提唱する「学習する組織」です

お店が「学習する組織」になれば、リーマンショックや地震、新型インフルエンザなど、とんでもないことがあってもお店は百年後もある!と考えて、2010年4月から「学習する組織」の構築を目指しています

ビル・トルバート氏とツーショットで記念撮影です

ビル・トルバート氏とツーショットで記念撮影です

その中で、成人発達理論の大家、ビル・トルバート博士の「行動探求」(アクション・インクワイアリー)を導入するのが、学習する組織をつくる早道だと聞かされ、4年前、ビル・トルバート博士が来日されたとき、成人発達理論も全く知らないままワークショップを受講しました

その後、すでにお店に導入していたコーチングでおきる「本質的変化」と呼ばれるものは、成人の発達と関係がある気がして、成人発達理論に興味を持ち、それから自分なりに成人発達理論の本を読んだり勉強を始めたのです

なぜ部下とうまくいかないのか、能力の成長(加藤洋平 著)

なぜ部下とうまくいかないのか、能力の成長(加藤洋平 著)

その時であった本の中に「ぜ部下とうまくいかないのか」「成人発達理論による 能力の成長」(加藤洋平 著)があって、加藤洋平さんのことを知りました

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナール始まりました!

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナール始まりました!

そして、この「成人発達理論による 能力の成長」が発売になったタイミングで、加藤洋平さんが『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールをされることを知って受講したのです

そのオンラインゼミナール受講時の話はこちら!
→ 『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナール始まりました!

加藤洋平さんの「成人発達理論と人材育成」講座

オンラインゼミナールでは、何度も加藤さんとお話をしましたが、対面でお会いしたことはありませんでした
それが、今回、大阪、それもたこ梅のお店から徒歩2,3分のところで講座をされるとあって行ってきたのです

加藤洋平さんの「成人発達理論と人材育成」講座

加藤洋平さんの「成人発達理論と人材育成」講座

2時間ほどの講座でしたが、大変興味深い時間を過ごすことが出来ました
限られた時間のため、講座の初めに、参加者がスマホでアンケートのウェブサービスを通じて質問したいことを投げかけます
それらの問いの中から、時間の許す限り、加藤洋平さんがその問いをもとに回答されたり意見を述べられながら講座は進みました

講座で、てっちゃんの質問も取り上げていただきました

講座で、てっちゃんの質問も取り上げていただきました

講座の中のてっちゃんの質問

私が投げかけた問いも取り上げていただきました
その質問とは、次の問いです

発達段階とティール組織などで活用されるアドバイザリープロセスやNVCなどの慣行の関係
また、これは、ティア1の発達段階でも有効でしょうか?
有効な場合、それがどのように働きかけているのでしょうか!

売上推移とテクノロジーの関係

質問の背景

この質問をした背景ですが、たこ梅では、社内で活用されるテクノロジーを次の3つ(OS、ベーステクノロジー、アプリケーションテクノロジー)に分けています

・OS(オペレーティングシステム/基盤)
- 行動探求(Action Inquiry/成人の発達理論)
- NVC(非暴力的コミュニケーション)

・ベーステクノロジー
- 会議ファシリテーション
- 人事評価制度
- コーチング
- MQ会計

・アプリケーションテクノロジー
- 価値を伝えるPOP(コトマーケティング)
- ランチェスター戦略
- ワクワク系マーケティング

このOS、ベーステクノロジー、アプリケーションテクノロジーのことは以前のブログに書いたのでコチラをどうぞ!
学習する組織に向けて活用する3種類のテクノロジーと成人発達理論の勉強

この中のOSにあたる「行動探求」と「NVC」ですが、行動探求は主として出来事を認知するときの自分の中にある意識、無意識の前提(メンタルモデル)を紐解き、NVCではその時の根源的なNeeds、源(Source)を取り扱います
これらが、たこ梅の慣行(Groove)なのですが、スタッフさんの発達段階は、様々です
その様々な発達段階のスタッフさん誰にとっても、これらの慣行~行動探求、NVC~は有効なのだろうか?ひょっとしたら、ある種の発達段階では、阻害的に作用することはないのだろうか?と思って尋ねてみたのです

回答を受けて

加藤さんの回答をきく中で、しっかりどのように受け取られているか観察しながら、つかっていけばいいように理解しました
実践する中で、その結果を丁寧に観察し、その結果が行動へのフィードバックであると捉えるなら、実践、観察、内省のプロセスをサポートする側(この場合は私)が回していくことなのだろうと受け取っています

加藤さんと記念撮影

講座では、いくつもの質問が取り上げられましたが、質問されている方の状況や意図があたりまえですがさまざまです
それについての加藤さんの回答、意見を聞くことで、普段、自分が思いもしない問いかけからの気づきもあったし、そういう視点で観るのか、、、ということもありました

そして、加藤さんの著書を持って行っていたので、そこにサインもいただきました

「成人発達理論による 能力の成長」(加藤洋平 著)に書いてもらった加藤さんのサイン

「成人発達理論による 能力の成長」(加藤洋平 著)に書いてもらった加藤さんのサイン

もちろん、記念撮影も、、、

成人発達理論の研究者 加藤洋平さんと

成人発達理論の研究者 加藤洋平さんと

本当に興味深く楽しい2時間でした

加藤さん、そして、この講座を企画して下さったアントレプレナーファクトリーさん、ありがとうございました!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

日本人初のホラクラシー・ワン認定ファシリテーターの吉原史郎さんと記念に撮影

「ティール組織の学びを深める2日間 Day1」に行ってきました!

ますます、何が正解なのか?これでいいのか?が、だれにもわからないような世の中になってきました 高度

記事を読む

セミナー後に小阪裕司先生と記念撮影です

小阪裕司先生の「ワクワク系マーケティング実践術2016」セミナーに行ってきました!

今週、新横浜で、ワクワク系マーケティングのセミナーがあったので行ってきました! いろんな気づきがあ

記事を読む

たこ梅 北店の大西さん、本を3冊貸出です

今日も、スタッフさんが、たこ梅文庫から本をかりて行ってくれました!

毎月の店長会議、(若手スタッフさんの)現場会議を難波にある事務所やっています その会議をやっている

記事を読む

学習する組織と能力の成長の新聞広告

書籍の新聞広告見てたら、学習する組織構築に繋がる本が数珠つなぎに思い出されます

うち、家で、日経新聞を取っています 朝、子どもを送り出して、郵便受けの新聞を取って、いつものように

記事を読む

起きている出来事に向き合う基本は自己理解!NVC基礎オンライン講座を森口さん、前田さんが受講です

たこ梅って、関東煮(かんとだき/おでん)屋ですので、飲食店です 「そりゃ、知ってるわ!」って声が聞

記事を読む

セミナー後に小阪裕司先生と記念撮影

小阪裕司先生の「新領域(仮称)セミナー」に参加!情報の仕入してきました!!

いやーーー、2年半ぶりでした、、、 数年前から、たこ梅では、小阪裕司先生の提唱されるワクワク系

記事を読む

左から)天外伺朗さん、てっちゃん、武井浩三さん

武井塾「ティール型組織運営:実践編」第3講へ行ってきました!

7月、8月に続いて、武井塾「ティール型組織運営:実践編」第3講へ行ってきました! 第2講の様子はコ

記事を読む

講師の吉原優子さんと完成した畑の畝の前で記念撮影

恵み循環農法畑作りワークショップでスタッフさんと姫路に!野菜つくるぞーーーー!?

「よし!野菜つくろう!!」なんて、思ってしまいました それというのも、、、 奈良にある畑(予定地

記事を読む

各店に配布する新版の「“商い”デザイン」のブックレット

「“商い”デザイン」の店用を作成!配布します!!

多くの会社やお店で、経営計画や経営戦略があります たこ梅も、昔ありましたが、今は、ありません、、、

記事を読む

事務所の新人教育項目表とホールさんの資格等級表

事務所スタッフさんの人事評価制度をつくります

私がたこ梅を継いだのが平成13年です そのとき、特に人事評価なんてありませんでした お給料は、「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑