*

ワクワク系マーケティング実践講座2017に行ってくれたスタッフさんとふりかえり!

ちょうど1年前、たこ梅 分店の上原さん、東店の大西さんが、大阪から新横浜まで連続5回の「ワクワク系マーケティング実践講座2016」に通ってくれました

ワクワク系マーケティング実践講座で大西さんが取り組みを発表です

ワクワク系マーケティング実践講座で大西さんが取り組みを発表です

このときは、私もオブザーバーとしてついて行って、後ろで寝てました、、、じゃなくて、しっかり、二人が学んでいるのを見守ってました、、、^^;;;

帰りの新幹線で、ワクワク系マーケティング実践講座の学びを3人でふりかえります

帰りの新幹線で、ワクワク系マーケティング実践講座の学びを3人でふりかえります

この講座は、小阪裕司先生が提唱されるワクワク系マーケティングの基本を学ぶとともに、毎回、店(あるいは会社)にもちかえって実践をし、その結果と発見、学びを発表し、一緒に学ぶ仲間からフィードバックを受け、また、現場で実践する、、、
こんなことを繰り返しながら、さらにワクワク系マーケティングを身体の中に落とし込み、現場で実際に使っていけるようになる!という講座です

「ワクワク系マーケティング実践講座2017」に新たに2名のスタッフさんが参加

今年も、このワクワク系マーケティング実践講座が開催されるにあたり、昨年と同じく、分店から峯松さん、東店から多比羅さんに参加いただくことにしました
もちろん、参加いただくお二人には、参加の意思についてきいてますよ
うち、無理矢理に行ってもらうことは、まず、ありません、、、
効果、薄そうでしょ!?(笑)

ところで、今年も昨年と同じ店から1名ずつ2名参加してもらったのには理由があります
それは、同じ店から参加すると、「ワクワク系マーケティング」を学んだスタッフさんが、各々2人ずつになりますよね
そうするなることで、お互いにわからないとき相談したり意見が聞けるようになります
「ワクワク系マーケティング」が、二人の共通言語になるからです
特にうまく行かないとき、そのことをわかってくれる人がいるって心強いですから、、、

さて、この「ワクワク系マーケティング実践講座2017」の第1講が、5月11日(水)に新横浜で開催されました
第1講は、ワクワク系マーケティング全般のおさらいと講師の肥前さん(ワクワク系マーケティングの実践者でもあります)の実体験も交えながら、参加者と質問を受けたり、意見を交換して学びを深めていきます

講座の翌日にふりかえり会です

さて、この「ワクワク系マーケティング実践講座2017」第1講から帰ってきた翌日、学んだばかりの峯松さん、多比羅さんに、初回を受講してどうだったかを「ふりかえる」時間をつくりました
メンバーは、受講者の峯松さん、多比羅さんと私の3人です

ワクワク系マーケティング実践講座2017 第1講のふりかえり!!

ワクワク系マーケティング実践講座2017 第1講のふりかえり!!

行ってみてどうかをまず聞いてみました!
すると、「いやーー、こんなんいうとなんですけど、ほんま楽しかったです!」「うん、おもしろかった、、、!!」と二人が、笑顔で口をそろえて言ったんです

正直、そういう反応は、あまり期待してなかったので、
「え゛?ホンマに、おもろかったんや、、、」
と、ちょっとビックリするのと同時に、やっぱり、「行ってもらってよかったわぁ~」って嬉しくなりました

で、つぎに、
「どういうところが、一番、よかった?」
と、きいてみると、、、

たこ梅では、すでにワクワク系マーケティングをとりいれていますが、峯松さんも多比羅さんも、すでに知っている基本的なことの見え方や意味が、さらに深くとらえられたようです

峯松さんの場合は、『究極の質問』といわれる「どうして、私がいま、あなたから、この商品を買わなければならないの?」という問いがあります
この問いをお客さまに尋ねられとき、どのように答えれば、お客さまは、「そうそう、そうなのよ!それ、ちょうだい!!」ってなるか?を考えて、商品やサービスを伝えていこうというものです

峯松さんが、これまでと違って見えたのは「究極の質問」

峯松さんが、これまでと違って見えたのは「究極の質問」

これまでも、この問いのことも知っていたし、それなりには考えていた、、、
でも、それなりだった、、、んですよね!
そう!そこに気がついたんです
この問いに答えるということは、同時に、その場面場面、例えば、店頭で見かけるとき、次ぎに、気になって立ち止まってよく見るとき、さらに、ちょっと暖簾から店の中をのぞくとき、、、のように、お客さまという「人」の行動は場面の連続です!そのたんびに、どのようにかかわっていくか、仕組みを調えるかを考えて行動していくことが必要になってきます
そういうことも、今回、「ワクワク系マーケティング実践講座2017」に行き、この究極の質問をあらためて学ぶ中で気づいたようです

また、多比羅さんは、「人の心に働きかけて、人の行動を変えるまたは生み出すこと」という『動機づけ』が違って見えたそうです

多比羅さんは、「動機づけ」の意味がかわった!

多比羅さんは、「動機づけ」の意味がかわった!

これまでも、POPや看板、SNSなどでも動機づけしてきました
ただ、今ふりかえると、その動機づけは、「なんとか、こうして欲しい!」「こうしてもらおう!!」という人の行動の段階がいくつかあると、一番上の層で働きかけていたことに気づいたんです
そして、今回、動機づけの話を講座で聞いてみて、人の行動のもっと奥底、パソコンで言えばアプリケーションでなくOSレベルで動機づけを考えて行くことが大事なんだ!と感じたそうです

3人で、30分ちょっとふりかえりをしてただけなんですが、相当に深い話になりました
といいつつ、笑いが絶えない楽しいふりかえりタイムでもあったんですけどね!

また、来月、6月に第2講へ二人が行ってきてくれます
今度は、どんな話が聞けるのか楽しみです!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

営業中・仕込み中の行動探求とは?

9月の現場会議~その2・行動探求をもっと現場で使うためには?~

おはようございます 昨日は、9月の現場会議で話された「研修が継続的でもっと使うためには?」どうして

記事を読む

「利益が見える戦略MQ会計」を上原さんに贈呈

MG研修中の上原さんに「利益が見える戦略MQ会計」を贈呈です!

「経営者の視点で考えて行動しろ!」「経営者のつもりで仕事に取り組め!」っていう経営者の方に、ときどき

記事を読む

退職される方へのお花

スタッフさんが退職され、次のステップに進まれます!

年に数回、、、も最近はありませんが、1,2年に1回くらいは、別れがやってきます 先日も、おひとりの

記事を読む

721フォーラムのワールドワーク版のデモンストレーション ミンデル夫妻がガイドをされています

5月3,4日アーノルド・ミンデル、エイミー・ミンデル夫妻による「葛藤解決と平和のためのプロセスワーク」セミナーに行ってきました

平成20年8月のリーマンショック以後、順調だった経営が、急激に右肩下がりに、、、 (そのおかげで、

記事を読む

通天閣がグリーンに

通天閣がグリーンに!休業要請が5月16日より段階的に解除です

4月8日の緊急事態宣言から、早1ヶ月以上がたちました 大阪府の解除基準を発表する吉村府知事[

記事を読む

本日は、臨時休業させていただきます

本日(5/16)、研修のため臨時休業です!スタッフさんとお勉強してきます!!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年令和1年に創業

記事を読む

セミナー後に小阪裕司先生と記念撮影 左から、和田さん、小阪先生、てっちゃん

小阪裕司先生のワクワク系マーケティング1dayセミナーに、スタッフさんと行ってきました!

この6月から、道頓堀にある たこ梅 本店の店長になってくれた和田店長といっしょに、小阪裕司先生のワク

記事を読む

「ぼくらはお金で何を買っているのか。」松野恵介 著

「ぼくらはお金で何を買っているのか。」(松野恵介 著)が届きました!

毎年、たこ梅の研修でお世話になっているコトマーケティング協会代表理事の松野恵介先生 どうやっ

記事を読む

マネジメントゲームMG

MQ会計を学ぶため、マネージメントゲームMGを研修に取り入れようかな、、、

スタッフさん(社員さん)に自主的に仕事に取り組んで欲しい!! おそらく、多くの経営者や管理職の方が

記事を読む

新調した提灯です

お店の提灯が、新しくなりましたよ!!独特の油のいい香りがします!

たこ梅の店頭には、関東煮と書かれた赤い提灯が掲げられています 最近は、ビニル製が多いのですが、たこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑