*

食欲の秋!でもスタイルはキープしたい!梅田には、そんなアナタにぴったりのランチがあります!!

公開日: 関東煮・おでん, たこ梅 東店

秋になると秋刀魚(さんま)、銀杏、松茸、栗、梨、、、そして、新米!!
秋になると美味しいものが、いっぱいにあふれます
まさに、食欲の秋ですね!!
とは言え、スタイルはキープしたい!!っていう女性も多いです
そんな気持ちが、よーーーくわかるのは、やっぱり、女性!!
それで、、、

食欲の秋でもスタイルはキープ!というランチ

ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店のフミちゃんが、そんな女性として、気持ちがよくわかる!
だから、私(フミちゃん)が、伝えよう!!と、こんな看板を描いてくれました

食欲の秋!でも、スタイルはキープ!のランチです

食欲の秋!でも、スタイルはキープ!のランチです

たこ梅 東店があるのは、大阪の繁華街ド真ん中のホワイティうめだ(地下街)です
ですから、ランチタイムには、平日は、仕事のお昼休み時間で来店下さる女性も多いし、土日は、ショッピングで梅田に出てこられた女性もたくさんおいでいただきます
ランチタイムには、関東煮(かんとだき/おでん)の定食があって、店頭にランチメニューをお知らせするボードがありますが、商品名と価格と写真、、、だけでは、どうして、これを女性に食べていただきたいのか!が、伝わりませんよね
それで、お昼のランチタイムに たこ梅で働いてくれているフミちゃんが、女性の目線で、店頭看板にメッセージをこめてくれました

【フミちゃんから貴女へのメッセージ】
徐々に強まってくる「食欲」と、スタイルはキープしないとねっていう「乙女心」と日々闘っているそこの貴女!
貴女のその闘いを応援させてください!!

まず、闘いには相応のエネルギーが要ります。
しかも、心満たさなければ持久戦には臨めません。
そして、何よりも元気でなければお仕事や恋もうまくいきません!
たこ梅のランチは、無駄なお肉になりにくく、ヘルシーで美味しく、心満たされるように貴女を応援します(^o^)!

◎ご飯の量は、リクエストにお応えします!
控えたい時、ガッツリいきたい時、その日のあなたの気分とお腹のワガママ聞いちゃいマス(^o^)v

これが、ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店の店頭看板に書かれています
正直、オトコでは、こうは書けません、、、^^;;;
わたしなんか、絶対にムリ!
女心がわかってないんでしょうねぇ、、、^^;;;

ただ、私が女心がわかってなくても、うちの女性スタッフさんが、ちゃんと女性の立場に立って、女性の気持ちをわかって看板やPOPを書いて伝えてくれるんです
いや、ホント、ありがたいです!!

美味しいだけじゃダメ

ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店の関東煮(かんとだき/おでん)の定食、正直、旨いです
私も、お昼に、ちょくちょく、東店で、この関東煮(かんとだき/おでん)の定食をいただいています
なんちゅーか、ちょっと素朴で、食べ飽きない懐かしい味なんですよね
とはいっても、美味しいお店は、ホワイティうめだ(地下街)だけでも、ごまんとあります
マズイお店は、(おそらく)一軒もないんじゃないでしょうか、、、
そんな中で、どんなお客さまに自分とこのランチを食べて欲しいのか?関東煮(かんとだき/おでん)を食べて欲しいのか?
どういう理由で食べて欲しいのか?
これを食べたお客さまには、どんないいことがあるのか?
そんなことをしっかり伝える行動、この場合だと看板に書く!ってことをやらないと伝わりませんよね
ちゃんと、たこ梅 東店のランチタイムの関東煮(かんとだき/おでん)の定食を女性に食べていただきたい理由(わけ)をフミちゃんが看板で伝えてくれています
ホントにありがたいことです!
フミちゃん、ありがとーーーーーー!!(^o^)

私も、ちょっと、ホワイティうめだ(地下街)の たこ梅 東店で、関東煮(かんとだき/おでん)の定食を食べてこようかな?(^o^)v

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

あまから手帖「酒場遺産(レガシー)」2017年3月号

あまから手帖「100年続いてほしい酒場遺産特集」2017年3月号で、道頓堀 たこ梅本店を取り上げていただきました!

今、発売中の関西の食文化を発信する月刊誌「あまから手帖」2017年3月号は、「100年続いてほしい酒

記事を読む

文藝春秋「名作名食」コーナー2,3ページ目

文藝春秋に道頓堀のたこ梅本店が、開高健『新しい天体』に登場する店としてセンターカラー5ページで取り上げていただきました!

ミナミという土地柄なのか、江戸時代から芝居小屋が軒を連ねたせいなのか、作家さん、役者さん、、、いろん

記事を読む

村の直売所でかった野菜や特産品

緊急速報!山添村の野菜、特産品がお店に登場します!

奈良の山添村でスタッフさんと自然農法の小さな畑をやってます 毎月、1回、野菜部のメンバーと一緒にい

記事を読む

道頓堀 たこ梅本店とテイクアウト用の商品札

関東煮(おでん)のテイクアウトで、商品が選びやすくなりました!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 実店舗がたいへんでテイクア

記事を読む

旅の手帖 2021年2月号

旅の手帖 2021年2月号の「ハフハフわが町のおでん」に、たこ梅本店が掲載されました

日本一古いおでん屋「たこ梅」です 旅の手帖 2021年2月号[/caption] 旅を

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)の鯨のスジです

関東煮・おでんの人気の「スジ」!たこ梅は、牛でも豚でもありません!実は、、、

2,3日前から、いきなり寒くなりましたね! というか、この気温が普通なんでしょうが、今年は、ずーー

記事を読む

ワクワク系マーケティング実践講座2017 第1講のふりかえり!!

ワクワク系マーケティング実践講座2017に行ってくれたスタッフさんとふりかえり!

ちょうど1年前、たこ梅 分店の上原さん、東店の大西さんが、大阪から新横浜まで連続5回の「ワクワク系マ

記事を読む

一斗樽に氷をいれてラムネ、ひやしあめをキンキンに冷やします

キッチンカーで出張おでん屋!夏は、おでん、、だけじゃない!?

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 大阪も梅雨入りしたかと

記事を読む

台風24号の進路予想図(9月30日午前5時現在)

本日(9/30)は、台風24号襲来のため、本店はお昼のみ営業、梅田の3店は臨時休業いたします

おはようございます いま、超大型台風24号(チャーミー)が、日本に近づいています 今日の夕方くら

記事を読む

店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)「ふぐ天」

店主の知らない関東煮・おでん「ふぐ天」

最近、特にないなぁ、、、 もう、大丈夫かな?  、、、って安心してたら、、、 や、やられまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑