*

170年前も、今日も、「たこ甘露煮」をたいています!

公開日: たこ甘露煮

今日も、「たこ甘露煮」をたいていました
創業の弘化元(1844)年から、毎日、毎日、ダシ(というかタレ?)を追い足しながら、たき続けてきた「たこ甘露煮」です

瀬戸内海のマダコを大釜で強火でたく

瀬戸内海で漁(と)れた真蛸(マダコ)を大きな釜で、強火でグラグラとたいていきます

瀬戸内海のマダコを大釜でたいています

瀬戸内海のマダコを大釜でたいています

味付けに使うのは、砂糖、醤油やお酒など、昔からあるものだけ、、、
化学調味料などは、一切使いません
そんなことをしなくても、瀬戸内海のマダコは、タコ自体に旨味がタップリ!
その旨味を引き出してやるだけで十分です
そして、170年以上にわたって注ぎ足されたきたタコ旨味が、じっくりとけこんだ秘伝のダシがあれば、それ以上、何もいらない、、、

タコの個性にあわせて、一匹ずつたき上げる時間をかえる

マダコをたいていくのですが、タコは、天然物!
だから、一匹一匹、個性があります
同じくらいの大きさのタコを仕入れてきても、やわらかぁ~く、たき上がる時間はまちまちです
だから、そのタコにあわせて、私は、30秒単位で、たき上げの時間をかえていきます
そのタコにぴったりの時間を見極めて、、、

たき上がった「たこ甘露煮」です

たき上がった「たこ甘露煮」です

今日も、旨味たっぷりの瀬戸内海のマダコちゃんたちが、やわらかーくたき上がってくれました
赤銅色に、ええカンジにつやつやと輝いています
このタコちゃんたちを道頓堀の 本店、新梅田食道街の 北店、分店、ホワイティうめだ(地下街)の東店に届けます
今夜も、お客さまに、170年前からの名物「たこ甘露煮」をあじわっていただいて、お酒とともに楽しんでいただかないとね!!(^o^)v

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

目の左右に金色の環があるイイダコ

今が旬の飯蛸(イイダコ)って、紋付きを着てるって、知ってました?

春、米粒大の卵がイッパイで一番うまい時期を迎えるのが「飯蛸(イイダコ)」です この飯蛸(イイダコ)

記事を読む

文藝春秋「名作名食」コーナー2,3ページ目

文藝春秋に道頓堀のたこ梅本店が、開高健『新しい天体』に登場する店としてセンターカラー5ページで取り上げていただきました!

ミナミという土地柄なのか、江戸時代から芝居小屋が軒を連ねたせいなのか、作家さん、役者さん、、、いろん

記事を読む

お土産のタコを大釜でたいています

年末恒例、徹夜で「たこ甘露煮」をたきます!!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 12月30日は、たこ梅

記事を読む

たき上がった「たこ甘露煮」

「たこ甘露煮」を大釜でたいてるとこ、動画で撮ってみました!

170年以上前、弘化元年(1844年)からの名物に、真蛸をやわらかーく、そして、甘辛くたいた「たこ甘

記事を読む

たこ梅の店長さんたち

緊急事態宣言が6月20日頃まで延長!?来週、5/29,30、店で会いたいなぁ!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 緊急事態宣言が再々延長か!

記事を読む

緊急事態宣言中のたこ梅分の営業時間を変更します

たこ梅 分店(新梅田食道街)の緊急時事態宣言中の営業時間が変更になりました

日本一古いおでん屋「たこ梅」です 1月14日から2月7日まで、大阪にも緊急事態宣言です

記事を読む

全スタッフさんが毎日使い捨てで3ヶ月は大丈夫なマスクを確保

休業再開に向けてスタッフさん用マスクが到着!これで3ヶ月以上OK!!

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて、たこ梅は全店舗休業中です 1ヶ月間の休業に入っ

記事を読む

「たこ甘露煮」がたき上がりました

子どもプールも大活躍!徹夜で「たこ甘露煮」をたき続けます!!

冬、、、 年末に大活躍するといえばアレですよね! そう! 「子どもプール」です 年末に

記事を読む

産経新聞 2021年1月16日 朝刊「時短より休業 苦渋の飲食店」

コロナでの休業が産経新聞さんの記事になって掲載されたようです

日本一古いおでん屋「たこ梅」の雑用係 兼 五代目店主 てっちゃん(岡田哲生)です 大阪にも緊急事態

記事を読む

たこの子甘露煮

夏の1ヶ月だけの珍味!?「たこの子甘露煮」が始まりますよ!!

今年もいよいよ、、、 夏のわずかな機関だけです そして、今自分になると、お酒の好きなお客さまから

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑