*

6月もワクワク系マーケティングDVDで基礎を学ぶ対話会の第3弾やってます

お店として、小阪裕司先生の提唱されるワクワク系マーケティングに取り組むようになって、3,4年くらいになります
そのワクワク系マーケティングをかかわるスタッフさんが、みな、等しく理解して取り組んでいけるように4月から、ワクワク系マーケティングの対話会というものを始めました

ワクワク系マーケティングの対話会

4月からワクワク系マーケティング実践術2017のDVDを観て、それについて対話する中でワクワク系マーケティングの基礎を学び理解を深める対話会を開催しています

ワクワク系マーケティング実践術2017のDVD

ワクワク系マーケティング実践術2017のDVD

このDVDは4枚構成になっていて、4月、5月、6月、7月と各自(または数人のグループ)で月1枚のDVDを観て、数名ずつ集まり、内容をおさらいしつつ対話するというやり方でやっています
その対話会の進行は、私(てっちゃん)がファシリテーターとして進めています

ワクワク系マーケティング対話会 第3回

ワクワク系マーケティング対話会 第3回

そして、6月も、3枚目のDVDを観ての対話会を開催しました

令和最初ののワクワク勉強会

令和最初ののワクワク勉強会

正社員さんは、これまで、ワクワク系マーケティング実践講座という5回の連続講座などに参加したり、毎月、店長会議や現場会議の前に、2時間のワクワク系マーケティングの勉強会を1年以上続けています
ですから、ある程度は、ワクワク系マーケティングのことはわかっています

対話会でワクワク系マーケティングの理解が深まる

ただ、パートスタッフさんは、仕事の中で、ワクワク系マーケティングに基づく取り組みをしてもらっていますが、それが、どのようなワクワク系マーケティングの考え方やフレームワークに基づいているのか?ということは、ご存じありません
当然ですよね、、、

パートスタッフさんとワクワク系マーケティング対話会

パートスタッフさんとワクワク系マーケティング対話会

正社員さんもそういうことはあるのですが、特にパートスタッフさんで顕著に聞かれる言葉があります

それは、「(この対話会で)あれは、こういうことだったんですね!」「やっとわかった!」「はよ、教えてくれたらよかったのに(笑)」など、、、

まず、ビデオを観る

ワクワク系マーケティング実践術2017のビデオを観ることが基本です
ビデオを観ると何が分かるのか?
ワクワク系マーケティングがわかる!のではなく、「これ(ここ)どういうこと?」っていう分からないところに「モヤモヤ」がおきるのです

ワクワク系マーケティング実践術2017DVDとテキスト

ワクワク系マーケティング実践術2017DVDとテキスト

そして、それを持って対話会に参加

次ぎにテキストでおさらい、最後に対話をスタート

まず、ザーッとその会のビデオの内容をテキストを使っておさらいします

そして、ビデオを観て、テキストでおさらいして「今、どうですか?」と問いかけて対話をスタートさせます

1on1(?)のワクワク系マーケティング対話会

1on1(?)のワクワク系マーケティング対話会

そうすると、いろんな、、、って時もあれば、いくつかの質問の時もあって、それについて、ファシリテーターの私は、初めから回答することはなく「(あなたは)どう思いますか?」「それはどういう種類の○○ですか?」「他になにかありますか?」など、ご本人が問いかけていることに「何があるのか?」ということを尋ねていきます

そして、これらの問いかけから、自ずとスタッフさん同志が意見を交換するようになり、対話モードに入っていくのです

ビデオ、テキストのおさらい、対話の組合わせで理解が深まる

そうすることで、自分のモヤモヤ、疑問の本質に近づき、それが同時にワクワク系マーケティングの理解につながっていきます

毎回、最後に「今日、どうでしたか?」と尋ねると、多くのスタッフさんが「ビデオを観るだけではわからなかったことが分かった(理解できた)」と嬉しそうに答えてくれるのです

ビデオとテキストをつかったおさらい、対話を組み合わせることで、
・ビデオ、テキスト、対話と3回の復習になる
・違う角度からワクワク系マーケティングに向き合う
・問いかけが呼び水となって対話が深まる
というステップを経て、ワクワク系マーケティングの理解が深まっていきます

そして、お店に戻ると、普段の仕事やイベントなどで、ワクワク系マーケティングの仕組みがまわっていますから、今後は、単に作業としてやるのではなく、意味や目的が分かって取り組むことになります
それは、当然ですが、自分の身体をつかって体験するので、身体知につながります
それが、ワクワク系マーケティングの理論を学んでいることで、形式知として理解されていく、、、
この循環が起こっていくのだろうと私は思っています

これからの、スタッフさんがますます楽しみです!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート 著)を再読している理由(わけ)は、、、

以前読んだ本をまた読んでいます ザーッ!と流し読みに近いんですが、読んでいます 私、同じ本を

記事を読む

五龍館さんを出発する前に、みんなで記念撮影!

長野県白馬村のリピーター率60%を超える五龍館さんへ2泊3日で研修旅行!

たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)は、ほとんどが自家製です その仕込みをしている仕込み場を大幅に

記事を読む

ロバート・フリッツと記念に

ロバート・フリッツ 創り出す思考ワークショップに、行ってきました!

2008年9月のいわゆるリーマンショックを機に、順調だった売上(社内では買上といってます)が下がり始

記事を読む

クリエイティブ・プロセスワーク(エイミー・ミンデル著)

アーノルド・ミンデル、エイミー・ミンデルの本、15冊目「クリエイティブ・プロセスワーク」を読み始めました

来週、5月3,4日、アーノルド・ミンデルさんとエイミー・ミンデルさんのご夫妻が来日されて、プロセスワ

記事を読む

店主の古藤ご夫妻と記念撮影

東京都江戸川区瑞江の東京一旨いとんかつ屋「とんかつ二条」さんに行ってきました!

この前、横浜に行ったとき、翌日、ワクワク系マーケティング 社長のアカデミー賞2018を受賞された坂井

記事を読む

11月の店長会議

11月の店長会議~「質のいい顧客名簿」を育てる2大要素について考える~

この前、11月の店長会議をやってました 新型コロナでは制限と解除を繰り返す 新型コロナで、4月、

記事を読む

休憩時間に勉強する深澤さん

新人の深澤さん、休憩時間に勉強!!、、、してるの?

昨日の夕方、道頓堀の たこ梅本店に寄りました ちょうど、4時過ぎで、休憩の時間です ん?休憩

記事を読む

ワクワク系マーケティングの本をたこ梅 分店の上原さんにプレゼント

スタッフさんと全5回のワクワク系実践講座に行きます!で、まずは、予習から、、、

百年後も、たこ梅がある!ってことは、明日も、明後日も、来年も、5年後も、10年後もある!ってことです

記事を読む

メンバーと自分の「顧客の旅デザインマップ」についてディスカッションする髙羽さん

ワクワク系マーケティング実践交差2018の第2講は「顧客の旅デザインマップ」!です

5月から、来年1月まで、5回にわたる「ワクワク系マーケティング実践講座2018」に、新梅田食道街 た

記事を読む

「ぼくらはお金で何を買っているのか。」松野恵介 著

「ぼくらはお金で何を買っているのか。」(松野恵介 著)が届きました!

毎年、たこ梅の研修でお世話になっているコトマーケティング協会代表理事の松野恵介先生 どうやっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑