*

寒い日が続くと、ますます、美味しくなる関東煮(かんとだき/おでん)が『ねぎま』です!

公開日: 関東煮・おでん, 季節・旬

暖冬かと思ってたら、先週、いきなり猛烈な寒気がやってきて、大阪でも、連日の氷点下、、、
冷たかったですねぇ~
寒い、寒い、、、と思いがちですが、実は、この寒さ、冷たさのおかげで、とってもいいことがあります!!

寒くなるとネギがますます美味しくなる!

今どき、スーパーマーケットに行くと、年中、ネギ、売ってますよね!
「うん、売ってる!売ってる!」
って、うなづかれた方も多いかも、、、
確かに年中、「ネギ」が売られてますが、この連日の寒さ、冷え込みのあとの『ネギ』は、特に美味しくなります

水洗いしてカゴで休憩中のネギちゃんです

水洗いしてカゴで休憩中のネギちゃんです

というのも、気温が下がる!
特に、氷点下になると、水が凍りますよね
水が凍るとネギの細胞内の水が氷となって膨張し、細胞自体を破壊してしまいます
つまり、死んじゃうわけです
「死ぬのはいやや!困る!」って思ったネギは、一所懸命に、ネギ独特のネバネバを増産!!
このネバネバが、車のラジエーターに入っている不凍液と同じ役割を果たします
そう!氷点下でも凍らないんです(化学?物理?でならった「凝固点降下」というやつです)
そして、このネバネバが、ネギの旨味の最大の素(もと)でもあります

だから、冷たーーーーい時のネギは、ネバネバが多くて、一番うまい!!んですね
写真のネギも、寒波にさらされて、ネバネバいっぱいのネギを水洗いして、カゴにあげて休憩しているところです

ネギをタップリ使う「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)

このネギをタップリ使うのが、、、
「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)です
その名の通り「ネギ」と「マグロ」をさしあわせています

ネギとマグロの「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)です

ネギとマグロの「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)です

この「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)、ネギが美味しくなる寒い冬場が、一番うまいわけです
(だから、夏だって、マグロもネギもあるけど、秋から春までしか、たこ梅では「ねぎま」をやってないんですけどね)
特に、寒波襲来後の今の「ねぎま」が、ネギの旨味がアップしているので、さらに美味しい!
この「ねぎま」ちゃんは、お酒、ビールと、とっても相性がいいので、お酒、ビールを注文されたら、「『ねぎま』も!」って、たこ梅のスタッフさんに声をかけてくださいね!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

鯨の舌から赤身の部分を取り除いていきます

鯨の生の舌から、さえずり®を仕込んでいきます!

たこ梅が創業したのが、私の4代前の曾々祖父 岡田梅次郎です 弘化元年、1844年ですので、いまから

記事を読む

「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)

もっちりモチモチがたまらん!「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)が始まります!

秋になると出てくるアレ、、、 栄養タップリなだけじゃなく、独特のもちもち感が、、、 「銀杏(ぎん

記事を読む

でっかいナガス鯨のヒレでつくった「尾羽毛(おばけ)」

夏といえば、ヒュードロ、、、のオバケですが、美味しい尾羽毛(おばけ)もありますよ!(笑)

ひゅー、どろどろどろ、、、 で、でたーーーーー!! っていうと、オバケ、、、ですよね! ち

記事を読む

卵がたっぷりの子持ち烏賊(こもちいか)

子持ち烏賊!卵がたっぷりで旨いです!!関東煮(かんとだき/おでん)の話ね

いやぁ~、夏ですね!! 関東煮(かんとだき/おでん)が旨い季節です!! え゛? 「暑いのに

記事を読む

左から、てっちゃん、長田さん、勝矢さん、山田さん

ワクワク系マーケティングのグランプリホルダー おさぴーが、道頓堀 たこ梅本店に来てくれました!

先日、すごい人が、道頓堀の たこ梅 本店に来て下さいました 小阪裕司先生が提唱される「ワクワク系マ

記事を読む

水菜の関東・おでん

シャキシャキ!ハリハリ!「水菜(みずな)」の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

冬になると美味しくなると、美味しくなる野菜があります そんな旬の野菜を関東煮(かんとだき/おでん)

記事を読む

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)、始まったでーーーーー!

野菜っていろんな野菜がありますが、大阪が発祥の野菜もいっぱいあります 今の時期からどんどんでてくる

記事を読む

文藝春秋2018年3月号です

文藝春秋「目耳口」に、たこ梅の関東煮・おでんのお取り寄せ(通販)を載っけて下さいました!

先週、文藝春秋さんから、郵便が届きました 「うん?なんだろう、、、、」とおもいつつ、開封してみ

記事を読む

道頓堀の たこ梅本店で「大阪ほんわかテレビ」のロケ取材です

読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」さんが、道頓堀の たこ梅本店に取材に来てくれましたよ!

大阪のいろんな情報をお届けされている夜のテレビ番組に、読売テレビさんの「大阪ほんわかテレビ」がありま

記事を読む

「花の慶司」の真田幸村からのお便りです(ホンマかいな、、、^^;;;)

道頓堀の たこ梅 本店にも「真田丸」が出現!!また、六文銭がぁ~!!

JR大阪駅の高架下にある たこ梅 北店と分店では、ときどき、店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑