*

「プロセスワーク入門 歩くことで創られる道」(ジュリー・ダイアモンド&リー・スパーク・ジョーンズ 著)がようやく届きました!

量子物理学者であり、ユング派の心理療法士でもあったアーノルド・ミンデルさんが、自らの体験の中から気づき創始したプロセスワーク

ミンデル夫妻来日セミナー

ミンデル夫妻来日セミナー

私も、本を読んだり、アーノルド・ミンデルさんが、この前のゴールデンウィークに来日されたときは、そのワークショップに行ってきました

その来日セミナーについては、コチラのブログを見てね!
→ プロセスワークの創始者アーノルド・ミンデルのセミナーに行ってきました!

ミンデル夫妻、友だちのしのさんと記念撮影

ミンデル夫妻、友だちのしのさんと記念撮影

アーノルド・ミンデルさんの本、読んでみるとだいたいは、その時に気づいたことを中心に膨らませまとめて書かれているとか、プロセスワークのひとつのパート、例えばワールドワーク、夢のワーク、ディープデモクラシーなどについて各々書かれています
どちらかというと、当たり前かもしれませんが、専門的な内容で、そのパートについてつっこんで書かれています

まとめ買いしたアーノルド・ミンデルの本12冊

アーノルド・ミンデルの本を12冊まとめ買いしました

それは、それでいいし、分からないところも未だにいっぱいあるけど、私も読んでて面白いと思っいました
ただ、初めて、プロセスワークに触れるとか、どんなものなの?っいうときの入門書みたいなのがあったらなぁ、、、
って、思ってました

プロセスワークの入門というと、目黒にある日本プロセスワークセンターで年に数回開催される入門講座をうけるくらいしか方法がなかった

だから、プロセスワークの入門書があったら、興味をもった友人も紹介できて、ハードルが下がるのに、、、
って、ずいぶん前から思ってたんですが、そしたら、、、

出ました!!

プロセスワーク入門ー歩くことで創られる道ー(ジュリー・ダイアモンド&リー・スパーク・ジョーンズ 著)

プロセスワーク入門ー歩くことで創られる道ー(ジュリー・ダイアモンド&リー・スパーク・ジョーンズ 著)

はい、まんま!!

「プロセスワーク入門 歩くことで創られる道」(ジュリー・ダイアモンド&リー・スパーク・ジョーンズ 著)が!!

この本、5月25日発売になってます

翻訳者は3人いらっしゃるのですが、その中のお二人、松村憲さん、田所真生子さんは、米国ポートランドにあるプロセスワーク研究所のプロセスワークの認定プロセスワーカー(ディプロメイト)で、私が、いくつかのプロセスワークの講座を受けたときなどにお世話になった方々です
そのご縁で、フェイスブックで、この「プロセスワーク入門」が発売になる!って知りました

「プロセスワーク入門」の発売当初、アマゾンでは取り扱いがなかった

「プロセスワーク入門」の発売当初、アマゾンでは取り扱いがなかった

ただ、5月25日の発売当初は、梅田の紀伊國屋書店に行っても取り扱っておらず、アマゾンでもおいてなかったのです、、、_| ̄|○

買うとしたら、日本プロセスワークセンターに出向いて、そこで直接買うとかか一部のネットショップにはあるようなので、そこで探すしかなかったのです

先日、梅田にあるたこ梅のお店のスタッフさんと面談したあと、阪急梅田駅の1階にある紀伊國屋書店さんに立ち寄って、ふと、書籍検索端末で「プロセスワーク入門」を検索しました
すると、在庫が僅少ですが「有」になっていて、店員にお問い合わせ下さいと表示されました

やったーーーー!!と思って、店員さんに尋ねると、、、
「すみません、、、売り切れでした、、、お取り寄せ出来ますが?」とのこと

スグにも欲しかったので、「紀伊國屋書店さんに置かれているんだったら、いまなら、アマゾンにもあるかも?」とスマホから検索です

すると、ハケーーーン!!

アマゾンで「プロセスワーク入門」の在庫状況

アマゾンで「プロセスワーク入門」の在庫状況

はい、しっかり、在庫されています!!

それで、そのまま、ぽちっ、、、と!(^o^)v
嬉しくなったのと、私と同様に、なかなかこの「プロセスワーク入門」が手にはいらない人もおおいだろうなぁ、、、と思って、アマゾンで買えることをフェイスブックでお知らせしたんです

そしたら、私のフェイスブックの書き込みを見た友人たちが、あっという間に注文して、、、

「プロセスワーク入門」が再びアマゾンでも在庫切れ

「プロセスワーク入門」が再びアマゾンでも在庫切れ

また、在庫切れになっちゃってました

まぁ、アマゾンさんは商売気が強いので、売れてる!って思ったら、きっと、スグ、在庫補充してくださるんじゃないかと思います

ところで、私の手元には、無事、プロセスワーク入門がやってきました

プロセスワーク入門ー歩くことで創られる道ー(ジュリー・ダイアモンド&リー・スパーク・ジョーンズ 著)

プロセスワーク入門ー歩くことで創られる道ー(ジュリー・ダイアモンド&リー・スパーク・ジョーンズ 著)

いろいろ積ん読で、読まれる順番を待ってる本もあるので、この「プロセスワーク入門」もふくめ、順番に読んでいきたいと思います

それにしても、手元にその本がある!っていうのは、いつでも読みたいときに読み始められる!っていう安心感があって、なんか嬉しいです

あ、もちろん、「プロセスワーク入門 歩くことで創られる道」(ジュリー・ダイアモンド&リー・スパーク・ジョーンズ 著)」も、たこ梅のスタッフさんへの貸出図書が並ぶ「たこ梅文庫」に並べますよ!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

本をならべるのは、てっちゃんのお仕事です

たこ梅文庫の書架を増設して整理完了!スタッフさんへの貸し出しもスムーズになります!!

たこ梅では、スタッフさんに本の貸し出しをやっています また、スタッフさんは、本を読むのも仕事なんで

記事を読む

大西さんの発表を解説される小阪裕司先生

ワクワク系マーケティング実践講座2016の最終講にスタッフさんと行ってきました!

昨日(1月16日)は、昨年5月にスタートした「ワクワク系実践講座2016」の第5講であり最終講でした

記事を読む

今回のテーマは「レジリエンスを高める」です

これからのリーダーシップ勉強会6月は「レジリエンスを高める」!スタッフさんと今月も行ってきましたよ!!

昨年の9月から、月1回、本店の和田店長、東店の岡店長といっしょに、チーム経営さんの「これからのリーダ

記事を読む

学習する組織と能力の成長の新聞広告

書籍の新聞広告見てたら、学習する組織構築に繋がる本が数珠つなぎに思い出されます

うち、家で、日経新聞を取っています 朝、子どもを送り出して、郵便受けの新聞を取って、いつものように

記事を読む

「指示ゼロ経営」を提唱される米澤晋也社長

「指示ゼロ経営」入門セミナーに参加して、「社長、リーダー、トップの在りようってこんなかな?」って気づいたこと

先週、大阪産業創造館さんで、「指示ゼロ経営」入門セミナーに行ってきました 講師は、長野県で有限会社

記事を読む

「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)

「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」には、自分の気持ちを伝えるシンプルでパワフルなやり方が書かれています

相手に、こうしてほしい!こうしてくれたらいいのに、、、 なんで、この気持ちが伝わらないんだろう、、

記事を読む

「ソウル・オブ・マネー」(リン・トゥイスト著)

「ソウル・オブ・マネー」という本を買っちゃいました!

なんか、なぜか、めちゃめちゃ興味があって欲しい!ってわけでもないのに、気になる本があります 先日も

記事を読む

「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)

「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)は、組織の発達には必須の本だと思います

平成13年に店を継いで、いろいろあったものの典型的なマーケティングを展開して、売上や利益的には順調に

記事を読む

7月の研修を現場で継続的に活かすには?

9月の現場会議~その1・研修が継続的でもっと使うためには?~

昨日は、たこ梅の若手スタッフさん中心に運営されている現場会議の日です この現場会議では、事前に、ス

記事を読む

最難関のリーダーシップ(ロナルド・A・ハイフェッツ、マーティ・リンスキー、アレクサンダー・グラショウ 著)

今、気になる2冊の本!「なぜ弱さをみせあえる組織が強いのか」と「最難関のリーダーシップ」

仕事をする上で、スタッフさんとどう関わるか、、、 どう関わると、スタッフさんの仕事のサポートを通じ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑