*

文藝春秋「目耳口」に、たこ梅の関東煮・おでんのお取り寄せ(通販)を載っけて下さいました!

先週、文藝春秋さんから、郵便が届きました

「うん?なんだろう、、、、」とおもいつつ、開封してみると、中には、文藝春秋2018年3月号が入っています

文藝春秋2018年3月号です

文藝春秋2018年3月号です

なんか、取材うけたかなぁ、、、と思って、メールの文藝春秋さんのフォルダーを開けてみると、たこ梅の 関東煮(かんとだき/おでん)のお取り寄せ(通販/通信販売)のことで取材を受けていました

わりと前の話だったのでスグには、思い出せなかったのです

文藝春秋さんには、「目耳口」というおもしろい商品を紹介するコーナーがあって、たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)のお取り寄せを(通販/通信販売)を紹介したいということでした

この「目耳口」というページは、モノクロの文字だけで、写真はありません
しかし、記者の方が、自分で味わって「よし!」と思ってから書かれるので、事前に商品をお送りしました
そして、実際に味わって、その上で、記事にしていただいています

文藝春秋2018年3月号「目耳口」のページ

文藝春秋2018年3月号「目耳口」のページ

これが、文藝春秋2018年3月号の「目耳口」のコーナーです
たこ梅のお取り寄せは、「老舗のおでん」という見出しでご紹介いただいています

このままでは見にくいと思いますので、ちょっと、拡大を、、、

たこ梅 関東煮(かんとだき/おでん)の通販が載ってます

たこ梅 関東煮(かんとだき/おでん)の通販が載ってます(クリックすると大きく読みやすく表示されます)

目耳口のコーナーのトップでご紹介いただいています

ここでは、関東煮(かんとだき/おでん)のお取り寄せをご紹介いただいていますが、名物の「たこ甘露煮」もお取り寄せいただけますよ

たこ梅のお取り寄せ・通販(通信販売)サイト

たこ梅のお取り寄せ・通販(通信販売)サイト

あと、錫の上燗コップなんぞも、ご購入いただけます

たこ梅のお取り寄せサイトも、参考までに、お知らせしておきます
たこ梅のお取り寄せ(通販/通信販売)公式サイトはコチラをクリックしてね!

さて、今日も、文藝春秋さんにご紹介いただいた関東煮(かんとだき/おでん)は、もちろん、たこ甘露煮も、美味しくた上げますよ!!

がんばるぞーーーーーーーーーーーーーーーー!!(^o^)v

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

空豆(そらまめ)の関東煮(かんとだき/おでん)です

店主の知らない関東煮・おでん!「そら豆」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)「ふぐ天」

店主の知らない関東煮・おでん「ふぐ天」

最近、特にないなぁ、、、 もう、大丈夫かな?  、、、って安心してたら、、、 や、やられまし

記事を読む

たこ甘露煮、やわらかくたき上がりました!

たこ甘露煮、たいてまーーーす!

昨日は、私が、タコたきの当番です 170年以上前、創業からの名物である「たこ甘露煮」は、数人のスタ

記事を読む

明日、火曜日、幻の関東煮(かんとだき/おでん)が登場します!

お客さまら、「あれ、いつあるの?」「今日はないの?」って、ちょくちょく尋ねられる幻の関東煮(かんとだ

記事を読む

飴色にやわらかくたき上がった「たこ甘露煮」ちゃん

今日のタコは、立派で大きかった!!もちろん、やわらかーーーくたき上げましたよ!

今日も、朝からたいてましよ!アレを、、、 それにしても、、、 今日のタコは立派で大きめ!! 1

記事を読む

北浦染工場の大将が暖簾の意味と伝えたいことを語っています(産経新聞 2018年7月5日朝刊)

【祝】たこ梅の暖簾を作ってもらってる北浦染工場さんが産経新聞に載ってました!!

たこ梅の暖簾、特に、道頓堀にある 本店の暖簾は、畳でいうと2畳ほどもある大きな暖簾です 道頓

記事を読む

「男の隠れ家」2017年2月号

「男の隠れ家」2月号に、道頓堀 たこ梅本店が掲載されましたよ!

「自分の時間を大切にする大人たちへ。」向けた雑誌に『男の隠れ家』がっていうのがあります 趣味や時間

記事を読む

あまから手帖12月号

「あまから手帖12月号」の『名店買い物帖』で、たこ甘露煮を取り上げていただきました!

大阪の食文化を支え続ける雑誌に「あまから手帖」さんがあります その今月号で、たこ梅のアレを取り上げ

記事を読む

左から、てっちゃん、長田さん、勝矢さん、山田さん

ワクワク系マーケティングのグランプリホルダー おさぴーが、道頓堀 たこ梅本店に来てくれました!

先日、すごい人が、道頓堀の たこ梅 本店に来て下さいました 小阪裕司先生が提唱される「ワクワク系マ

記事を読む

キノコ満載!?店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)が登場!!

すっかり、朝、夕も涼しく、、、というより、肌寒い感じですね 秋も、深まってきたようです そんな秋

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑