*

熊本産の竹の子を関東煮(かんとだき/おでん)にしまーーーす!!立派やわぁ~!

公開日: 関東煮・おでん, 季節・旬

今週の月曜日(4/17)から始まった春の関東煮(かんとだき/おでん)『竹の子(タケノコ)』!!

今日は、あの昨年、たいへんだったところから届いていますよ!

熊本産の竹の子、到着!!

大阪の竹の子は、だいたい、鹿児島、熊本の南九州から始まって、中国、四国、大阪近辺、京都、そして、石川県(加賀)あたりに行って終了です

そして、始まったばかりの今は、昨年、地震でたいへんだった熊本から届いてます!
見てくださいね
めっちゃ、立派な土付きの竹の子です

熊本産の竹の子(タケノコ)です!立派!!

熊本産の竹の子(タケノコ)です!立派!!

こういうのが届くってことは、ちょっとずつ復興してきてるのかな?
うちも、熊本の竹の子をいっぱいお客さんに食べもらえるようお店のPOPやブログで、熊本産の竹の子おいしさを伝えていかないとね
きっと、そういう活動が、熊本の応援になってる気がするので、、、

さて、で、この熊本さんの竹の子ですが、届くとすぐに土を落として糠(ぬか)で茹でていきます
数が多いので、大きな釜で茹で上げます

届いたばかりの筍(タケノコ)を糠で茹でています

届いたばかりの筍(タケノコ)を糠で茹でています

茹で上がったら、ひとつひとつ皮をむいていく
そして、お客さまに出せる大きさに切りそろえ、ダシで下だきです
さらに、火を止めてもしばらくそのままで、ゆっくりさます
そのときに、ダシの味が、竹の子にしみこんでいくんです
そうして、今度は、関東煮鍋で本だき!!

お客さまの「竹の子ちょーだい!」「竹の子おくれ!」っていう声にあわせてお皿にいれて、「どうぞ!!」ってお出しする

「竹の子」の関東煮(かんとだき/おでん)です

「竹の子」の関東煮(かんとだき/おでん)です

いろいろ手間はかかりますが、やっぱり、缶詰や水煮のパック竹の子より、堀りたての竹の子の方が、圧倒的に風味が楽しめるし、ざくっ!という歯触りも自然です

さぁ、今日も、美味しい竹の子をお出ししないとね!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

金の巾着ふくろ、銀の巾着ふくろ

店主の知らない関東煮・おでん!どころか、お金を出しても買えない関東煮(かんとだき/おでん)があった、、、

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

関テレ「みんなのニュース ワンダー」

関テレ「みんなのニュース ワンダー」さんが関東煮(かんとだき/おでん)の由来のを調べに取材に来てくれました!

現在、日本で一番古くからやってるおでん屋、関東煮屋の「たこ梅」です わたし、てっちゃんで、五代目に

記事を読む

タコたき職人「シンイチロー」(上原さん)と師匠の和本店長

タコたき職人「シンイチロー」が、誕生です!

弘化元年、、、1844年というと今から173年前ですが、道頓堀に たこ梅が創業した年です 鯨

記事を読む

茹で上がった聖護院大根を流水でさらしています

色白の聖護院大根が、だんだん、美味しく飴色に染まっていきます

12月から2月下旬くらいまで、煮(た)くとメッチャうまい大根があります いま、たこ梅の関東煮鍋にも

記事を読む

たこ甘露煮と飯蛸の甘露煮

春だけの「飯蛸の甘露煮」を楽しめるのも、あと、わずかになってきました!!

170年以上前、弘化元(1844)年からの名物と言えば、鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/お

記事を読む

今年の梅酒を漬けています

今年も、古城梅と焼酎、氷砂糖だけの自家製梅酒をつけました!来年用です!!

6月というと梅の季節ですね 今年も、綺麗な梅の実が出始めています だから、早速、来年に向けて

記事を読む

1年床下で寝かした自家製の梅酒です

床下で1年寝かせた自家製梅酒が、今年も始まりましたよ!だいたい、毎年、2,3ヶ月で売切れのようです

毎年、6月から、2,3ヶ月だけの飲み物があります べつに、もったいつけてるわけじゃなくて、売り切れ

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)の鯨のスジです

関東煮・おでんの人気の「スジ」!たこ梅は、牛でも豚でもありません!実は、、、

2,3日前から、いきなり寒くなりましたね! というか、この気温が普通なんでしょうが、今年は、ずーー

記事を読む

子どもの頃の味が大人の飲み物になった「ネクター酎ハイ」

40歳以上には懐かしい不二家ネクター!それを大人の飲み物酎ハイに、、、

今から40年くらい前、、、 っていうと、私が子どもの頃なんですが、思い返すと懐かしい飲み物がありま

記事を読む

店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)の「三つ葉(みつば)」

店主の知らない関東煮・おでん「三つ葉(みつば)」!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑