*

熊本産の竹の子を関東煮(かんとだき/おでん)にしまーーーす!!立派やわぁ~!

公開日: 関東煮・おでん, 季節・旬

今週の月曜日(4/17)から始まった春の関東煮(かんとだき/おでん)『竹の子(タケノコ)』!!

今日は、あの昨年、たいへんだったところから届いていますよ!

熊本産の竹の子、到着!!

大阪の竹の子は、だいたい、鹿児島、熊本の南九州から始まって、中国、四国、大阪近辺、京都、そして、石川県(加賀)あたりに行って終了です

そして、始まったばかりの今は、昨年、地震でたいへんだった熊本から届いてます!
見てくださいね
めっちゃ、立派な土付きの竹の子です

熊本産の竹の子(タケノコ)です!立派!!

熊本産の竹の子(タケノコ)です!立派!!

こういうのが届くってことは、ちょっとずつ復興してきてるのかな?
うちも、熊本の竹の子をいっぱいお客さんに食べもらえるようお店のPOPやブログで、熊本産の竹の子おいしさを伝えていかないとね
きっと、そういう活動が、熊本の応援になってる気がするので、、、

さて、で、この熊本さんの竹の子ですが、届くとすぐに土を落として糠(ぬか)で茹でていきます
数が多いので、大きな釜で茹で上げます

届いたばかりの筍(タケノコ)を糠で茹でています

届いたばかりの筍(タケノコ)を糠で茹でています

茹で上がったら、ひとつひとつ皮をむいていく
そして、お客さまに出せる大きさに切りそろえ、ダシで下だきです
さらに、火を止めてもしばらくそのままで、ゆっくりさます
そのときに、ダシの味が、竹の子にしみこんでいくんです
そうして、今度は、関東煮鍋で本だき!!

お客さまの「竹の子ちょーだい!」「竹の子おくれ!」っていう声にあわせてお皿にいれて、「どうぞ!!」ってお出しする

「竹の子」の関東煮(かんとだき/おでん)です

「竹の子」の関東煮(かんとだき/おでん)です

いろいろ手間はかかりますが、やっぱり、缶詰や水煮のパック竹の子より、堀りたての竹の子の方が、圧倒的に風味が楽しめるし、ざくっ!という歯触りも自然です

さぁ、今日も、美味しい竹の子をお出ししないとね!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

京の丸大根「聖護院大根」

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)が、始まりました!

お客さまから、「まだなん?」と、寒くなってくると聞かれる関東煮(かんとだき/おでん)があります お

記事を読む

さえずり®を下だきしてます

この土日にむけて「さえずり®」をしっかり、たっぷり仕込んでますよ!

先週あたりは、大阪は、雨や曇りの日が多くて、なんか、11月だというのに、生暖かいような天気でしたね

記事を読む

12月10日発売 月刊文藝春秋1月号の取材です

月刊文藝春秋さんが、道頓堀の たこ梅 本店を取材です!12/10発売号に掲載予定だそうです

昨日は、道頓堀にある たこ梅 本店で、雑誌の取材でした、、、 12月19日発売 月刊文藝春秋1月号

記事を読む

仕込み場の改修工事始まりました

4日半にわたる仕込み場の改修工事が始まりました!

たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)のタネは、ほとんどが、自家製です! そんな関東煮(かんとだき/

記事を読む

大阪ミナミの隠れた情報も満載の「ミナミ本」

「ミナミ本」で、道頓堀 たこ梅 本店の秘密・ナゾをいろいろ取り上げていただきました!

10月に京阪神エルマガジン社の方が、道頓堀にある たこ梅本店に取材に来てくれはりました 商品

記事を読む

空豆(そらまめ)の関東煮(かんとだき/おでん)です

店主の知らない関東煮・おでん!「そら豆」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

聖護院大根とシンちゃん(上原さん)

これが冬の一番人気の関東煮(かんとだき/おでん)「聖護院大根」の実物です!

冬と言えば、おでん、関東煮、、、の季節です たこ梅でも、やっぱり、冬は夏よりも、ずっとたくさんのお

記事を読む

たきあがった「飯蛸の甘露煮」です

春だけの「飯蛸の甘露煮」も、もうじき終わりますよ!!

弘化元(1844)年からの名物「たこ甘露煮」は、瀬戸内のマダコを秘伝のダシでたいています そして、

記事を読む

茹であがった「わらび」です

店主の知らない関東煮・おでん!「蕨(わらび)」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

牡丹牡蠣(ぼたんかき)の関東煮(かんとだき/おでん)

「牡丹牡蠣(ぼたんかき)」の関東煮(かんとだき/おでん)、やっと、始まりました!

常連さまから、 「なぁ、年超してまうで、、、まだ?」 「冬おわってまうで?いつからやんの?」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑