*

熊本産の竹の子を関東煮(かんとだき/おでん)にしまーーーす!!立派やわぁ~!

公開日: 関東煮・おでん, 季節・旬

今週の月曜日(4/17)から始まった春の関東煮(かんとだき/おでん)『竹の子(タケノコ)』!!

今日は、あの昨年、たいへんだったところから届いていますよ!

熊本産の竹の子、到着!!

大阪の竹の子は、だいたい、鹿児島、熊本の南九州から始まって、中国、四国、大阪近辺、京都、そして、石川県(加賀)あたりに行って終了です

そして、始まったばかりの今は、昨年、地震でたいへんだった熊本から届いてます!
見てくださいね
めっちゃ、立派な土付きの竹の子です

熊本産の竹の子(タケノコ)です!立派!!

熊本産の竹の子(タケノコ)です!立派!!

こういうのが届くってことは、ちょっとずつ復興してきてるのかな?
うちも、熊本の竹の子をいっぱいお客さんに食べもらえるようお店のPOPやブログで、熊本産の竹の子おいしさを伝えていかないとね
きっと、そういう活動が、熊本の応援になってる気がするので、、、

さて、で、この熊本さんの竹の子ですが、届くとすぐに土を落として糠(ぬか)で茹でていきます
数が多いので、大きな釜で茹で上げます

届いたばかりの筍(タケノコ)を糠で茹でています

届いたばかりの筍(タケノコ)を糠で茹でています

茹で上がったら、ひとつひとつ皮をむいていく
そして、お客さまに出せる大きさに切りそろえ、ダシで下だきです
さらに、火を止めてもしばらくそのままで、ゆっくりさます
そのときに、ダシの味が、竹の子にしみこんでいくんです
そうして、今度は、関東煮鍋で本だき!!

お客さまの「竹の子ちょーだい!」「竹の子おくれ!」っていう声にあわせてお皿にいれて、「どうぞ!!」ってお出しする

「竹の子」の関東煮(かんとだき/おでん)です

「竹の子」の関東煮(かんとだき/おでん)です

いろいろ手間はかかりますが、やっぱり、缶詰や水煮のパック竹の子より、堀りたての竹の子の方が、圧倒的に風味が楽しめるし、ざくっ!という歯触りも自然です

さぁ、今日も、美味しい竹の子をお出ししないとね!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たきあがった「飯蛸の甘露煮」です

春だけの「飯蛸の甘露煮」も、もうじき終わりますよ!!

弘化元(1844)年からの名物「たこ甘露煮」は、瀬戸内のマダコを秘伝のダシでたいています そして、

記事を読む

「椎茸(しいたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)です

出汁を吸ってますます旨い!「椎茸(しいたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!!

鍋もん、煮ものっていうと、コイツがないとね、、、 そうそう! アイツです!! そのアイツの関東

記事を読む

半月と桜(梅田界隈の公園にて)

「今夜のお花見、分店、東店も、ととのいました!」本店、北店に続き、、、

大阪も桜が、あちこちで咲き始めたようです 半月と桜(梅田界隈の公園にて)[/caption]

記事を読む

「子持ち烏賊(こもちいか)」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏だけ!「子持ち烏賊(こもちいか)」の関東煮(かんとだき/おでん)やってまっせ!!

夏に大人気、、、 そんな関東煮(かんとだき/おでん)があります それは、、、 子持ち烏賊(

記事を読む

純米「中汲み」無濾過原酒

清酒を搾る時、一番に綺麗で旨いところが「中汲み」です!その中汲みだけのお酒を限定ですがお届けします!

お酒って、米と麹、そして、酵母で発酵させてつくる それを搾る、、、 これだけ見ると、単純そうです

記事を読む

庄野アナウンサーにインタビューをうけてます

道頓堀のたこ梅本店をテレビ大阪「ニュースリアル~のれんの向こう側~」で取り上げていただきました!

この前、テレビ大阪のニュース番組「ニュースリアル」さんが、道頓堀にある たこ梅 本店に、『のれんの向

記事を読む

子どもの頃の味が大人の飲み物になった「ネクター酎ハイ」

40歳以上には懐かしい不二家ネクター!それを大人の飲み物酎ハイに、、、

今から40年くらい前、、、 っていうと、私が子どもの頃なんですが、思い返すと懐かしい飲み物がありま

記事を読む

あまから手帖「酒場遺産(レガシー)」2017年3月号

あまから手帖「100年続いてほしい酒場遺産特集」2017年3月号で、道頓堀 たこ梅本店を取り上げていただきました!

今、発売中の関西の食文化を発信する月刊誌「あまから手帖」2017年3月号は、「100年続いてほしい酒

記事を読む

届いたばかりの旬の蕗(ふき)

蕗(ふき)の関東煮・おでんの仕込みで、一本一本、丁寧に皮とスジをとってます!

春になると、あの鮮烈な香りがたまらないアノ野菜がでてきますよね! そう、蕗(ふき)です やっぱり

記事を読む

たこ甘露煮と飯蛸の甘露煮

春だけの「飯蛸の甘露煮」を楽しめるのも、あと、わずかになってきました!!

170年以上前、弘化元(1844)年からの名物と言えば、鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/お

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑