*

忙しくて花見にも行かれへん、、、ですよね!だから「今宵のお花見、ととのえております!」お店で、、、(^o^)v

そろそろ、お花見シーズンですね
桜も、ちらほら、咲き始めているところもあるようです
ソメイヨシノは、もう少しかかるようですが、、、

満開の桜

満開の桜

ただ、「花見いきたいけど、仕事忙しいし、、、」「友だちと日が合わないから、ひとりで行くのも、チョット寂しいなぁ、、、」ってこともありますよね
また、せっかく、お花見の日でも、「なんで、今日、雨やねん、、、」とか、あいにくの悪天候のこともあります

やっぱり、楽しくお花見して欲しいし、たこ梅のお客さまには、桜を楽しんで欲しい、、、
それで、うちのスタッフさん、「何か、できないかなぁ、、、」って考えてくれたんです
そして、こんなことを始めました

「今宵のお花見、ととのえております!」

お花見にいく時間がない!
ひとりで行くのはチョット寂しい!
この天候じゃぁ、、、

そんな時、そんなお客さまのために、「お店で、お花見できるようにすればいいいじゃないか!!」って、うちのスタッフさん思ったようです

それで、昨日(3月27日)から4月中旬頃まで、『お店でお花見』をやってます
たこ梅の全店でやっていますが、店ごとに、趣向や工夫は、さまざまなんです
自分のお店のお客さまに喜んでもらうには、どうしたらいいか?って店ごとに考えているもので、、、

今日は、新梅田食道街 たこ梅 北店の『お店でお花見』を紹介しますね!

お店の外に貼ってあるお店でお花見のお知らせ

お店の外に貼ってあるお店でお花見のお知らせ

お店の外には、「今夜のお花見ご用意整いました。」の看板を掲げて、店の前を通るお客さまにお知らせしています
そして、これを見て立ち止まられたお客さまに、さらに、「店で花見?どんなん?」って興味を持っていただけるように、畳二畳もある大暖簾にも桜の花が、、、

暖簾も、今だけ、桜もよう

暖簾も、今だけ、桜もよう

桜の花をかたどった色紙には、それぞれ、お花見に関するスタッフさんのメッセージも込められています
暖簾をめくって、中に入ると、こんな『桜』が飛び込んできます

お店の中に桜が咲き始めています!

お店の中に桜が咲き始めています!

壁に大きな桜の木の絵が描かれていて、そこには、桜の花のメッセージカードが貼られています
スタッフさんはもちろん、お客さまの桜や花見に関する思い出、お店で花見の感想などなどです

そして、メニューも、このお店で花見の期間だけの限定があるようです

ちょっとお花見セットです

ちょっとお花見セットです

この季節だけの桜ラベルの瓶ビール、たこ甘露煮、小桜(練り物)の関東煮(かんとだき/おでん)です
もちろん、この「ちょっとお花見セット」を卓上POPでも、お知らせです!

ちょっとお花見セットの店内POPです

ちょっとお花見セットの店内POPです

開店前にお店をのぞいたのですが、こんなものまで用意されていました!

和本店長が、お花屋さんで調達してくれた桜の花です

和本店長が、お花屋さんで調達してくれた桜の花です

ホンモノの桜の花です
なんでも、和本店長が、知り合いの花屋さんで調達してきたのだとか!
ただ、何につかうのかは、もったいつけて教えてくれませんでした、、、
新梅田食道街の たこ梅 北店に行くと、その理由もわかるかも!

道頓堀の たこ梅 本店、新梅田食道街の たこ梅 分店、ホワイティうめだの たこ梅 東店も、それぞれ、工夫をこらして『お店でお花見』を楽しんでいただけるように頑張ってますので、近くにいったら、ちょっと、暖簾をめくってのぞいてあげて下さいね!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

FUJIWARAのフジモンさんとお母さん

FUJIWARAのフジモンさんがお母さんと道頓堀の たこ梅 本店でロケ収録です!

道頓堀にある たこ梅 本店には、ときどき、テレビや新聞、雑誌などの取材の方がみえます たいかがい、

記事を読む

やわらかくたけたタコを釜からあげていきます

170年間、たこ甘露煮たいてます!!生から、たき上げまで公開です!!

170年以上前の創業からの名物に「たこ甘露煮」があります 瀬戸内の真蛸を秘伝のダシでやわらかくたき

記事を読む

多比羅さんと一緒に考え、シナリオと仕組みを創っていきます

今回は、一緒に考え創っていくコーチングをやってみました!

昨日は、ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店のスタッフ、多比羅さんとコーチングでした た

記事を読む

赤い王冠とラベルの祝瓶ビール

お正月しか飲めない祝瓶ビール!普通のビールとの違い、ご存じですか?

お正月には、めでたいビールを飲んで欲しい! それで、お正月の期間は、祝瓶ビールを たこ梅 全店でご

記事を読む

酒米を炊いたらこうなるのかぁ、、、

冬の部活「ホンマに旨い酒捜査班」の第3弾打合せは、アイスブレイクからスタート!

2月11日に迫った冬の部活「ホンマに旨い酒捜査班」(酒蔵見学)の第3弾打合せのため、昨日、1月11日

記事を読む

錫貯金の発案者である前保さん

「私、錫貯金で、錫の上燗コップをゲットしました!!」というお客さまが誕生です

関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮をあてに飲む酒は旨い!! それも、錫のタンポで燗つけして、

記事を読む

お客さまが、「今月いっぱいだよ!」って、おすすめしてくれてます!

たこ梅のスタッフさん、最近は、お店のブログやフェイスブックに、結構、投稿しています 今日、ふと、ホ

記事を読む

水野真紀の魔法のレストランRevolution

今夜、水野真紀の「魔法のレストランR」に、道頓堀 たこ梅 本店が映るらしい、、、

ごめんなさーーーーい! すっかり忘れていて、お知らせするのが、今朝になってしまいました 今夜

記事を読む

あまから手帖「酒場遺産(レガシー)」2017年3月号

あまから手帖「100年続いてほしい酒場遺産特集」2017年3月号で、道頓堀 たこ梅本店を取り上げていただきました!

今、発売中の関西の食文化を発信する月刊誌「あまから手帖」2017年3月号は、「100年続いてほしい酒

記事を読む

桜の枝に近寄ってみると、蕾があちこちに見受けられます

難波の公園の桜は、七分咲きくらいです!

難波の公園の桜は七分咲き~蕾です 今日から、4月ですね 昨日、道頓堀の たこ梅 本店へ行こうと難

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑