*

アーノルド・ミンデル、エイミー・ミンデルの本、15冊目「クリエイティブ・プロセスワーク」を読み始めました

来週、5月3,4日、アーノルド・ミンデルさんとエイミー・ミンデルさんのご夫妻が来日されて、プロセスワークまたはプロセス指向心理学の2日間セミナーがあります
それに参加することにしたので、せっかくだったら、ミンデルさんの本をできるだけ読んで、ちょっとは、理解してから参加しよう!と思って読み始めました

アーノルド・ミンデルさんを知ったきっかけ

別段、私自身、プロセスワークの専門家(プロセスワーカー)やプロセス指向心理学の心理療法士になりたいわけではありません
昨年の秋、CRR Japanさんという団体が提供されるORSCあるいはシステムコーチングといわれるプログラムの基礎コースに行ったとき、そのプログラムの中で、プロセスワークの考え方やスキルを取り入れられていることを知り、同時に、アーノルド・ミンデルさんの名前も知ったんです

他にもいろんな方のスキルや考え方も入っているのですが、私は、アーノルド・ミンデルという初めて聞いた人のことが気になりました
で、ググってみて、
「へぇ~、もともと理論物理学を勉強していたのが、留学先のチューリッヒのカフェでユングの研究所の所長と知り合って、心理学の世界に入ったんだぁ、、、」
とかとかを知り、ますます、気になりました

ミンデルさんの本を12冊買って読み始めました!

それで、本を買って読み始めたんです

まとめ買いしたアーノルド・ミンデルの本12冊

アーノルド・ミンデルの本を12冊まとめ買いしました

ただ、アーノルド・ミンデル、エイミー・ミンデルご夫妻が来日されるまでに、とにかく出版されている本を読むため、このブログでも、5月2日までに12冊読みます!!なんて宣言しました
そのときのブログ記事はコチラです
→ 宣言!アーノルド・ミンデルの12冊の本を5月2日までに読破します!その理由はというと、、、

そして、4月の上旬に12冊を読了!!

追加でミンデル本を3冊読むことに

読んでる間に、また、3冊買って、追加で読むことに、、、

追加のミンデル本3冊 ドリームボディ(アーノルド・ミンデル著) メタスキル、クリエイティブ・プロセスワーク(エイミー・ミンデル著)

追加のミンデル本3冊
ドリームボディ(アーノルド・ミンデル著)
メタスキル、クリエイティブ・プロセスワーク(エイミー・ミンデル著)

その顛末はコチラのブログ記事を見て下さいね
→ アーノルド・ミンデルの本を12冊読了しました!が、追加が、、、(笑)

昨日、ドリームボディ(アーノルド・ミンデル著)に続いて、メタスキル(エイミー・ミンデル著)を読み終わりました
そして、3冊目の「クリエイティブ・プロセスワーク 目ざめながら夢をみる30の方法」(エイミー・ミンデル著)に入ったんです

こちらのクリエイティブ・プロセスワークは、ほんと、読み始めなので、まだ、何とも感想もいえませんが、昨日に読み終わった「メタスキル」!これは、スゴイ本です!!

プロセスワークに限らず、コーチング、ファシリテーション、あるいは、人と話す、関係性を築くにおいて、エイミー・ミンデルさんのいう『メタスキル』なるものをとらえて、自由に使うことが出来たら、そこに生まれる関係性や未来は、まったく違ったものになると感じました
「え!じゃあ、『メタスキル』って何なの?」って聞きたくなると思いますが、私、うまく説明できません
ひとつには、私自身が、ともて大切で重要なものと感じているのと同時に、それをとらえきれていなくて、理解しきれていないのです
ですので、気になった方は、ぜひ、メタスキルを読んでみて下さいね

ただ、『メタスキル』を私の今の理解でいうと、
・自分の中の湧いてきたり流れゆく感情や動きに気づくこと、意識すること
・それを目の前のことにどのように使うかと向き合う態度、姿勢とその力(ちから)
の二つが融合したものです
そして、それらが、川の流れに舞い降りた落ち葉が水の流れ身を任せる如く、自然に自分から現れ出でてつかえる状態の自分でいることのように思います

実は、あと2冊、ミンデル本買いました!

エイミー・ミンデルさんの「クリエイティブ・プロセスワーク」までの15冊で終わり!!
って思ってたんですが、アマゾンで「アーノルド・ミンデル」って検索すると、「24時間の明晰夢」「昏睡状態の人と対話する」という2冊の本も出てきます
「別に、明晰に夢を見んでもええやろうし、昏睡状態の人と話すことも仕事ではなさそうやし、、、まぁ、これらは、ええか、、、」って思ってました

ただ、15冊目まで読んでくると、発売されているのに、読んでないのが、なんか、やり残した感が強くなってきて、つい、アマゾンで「ポチッ!」としてしまいました
それで、、、

24時間の明晰夢、昏睡状態の人と対話する(アーノルド・ミンデル著)

24時間の明晰夢、昏睡状態の人と対話する(アーノルド・ミンデル著)

「24時間の明晰夢」「昏睡状態の人と対話する」(アーノルド・ミンデル著)の2冊の本が、新たに手もとにやってきました
せっかくなので、理解できるかどうかわかりませんが、この2冊も読むことにします
さすがに、ミンデル夫妻が来日される5月3日までには、難しそうですが、
「『24時間の明晰夢』『昏睡状態の人と対話する』(アーノルド・ミンデル著)の2冊を5月中に読みます!!」
と、ここで宣言しておきます!!

宣言すると、微妙にプレッシャーがかかって、読めるんですよね
がんばります!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たこ梅 北店の大西さん、本を3冊貸出です

今日も、スタッフさんが、たこ梅文庫から本をかりて行ってくれました!

毎月の店長会議、(若手スタッフさんの)現場会議を難波にある事務所やっています その会議をやっている

記事を読む

「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)

「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)から気づいたことと決めたこと

今から2ヶ月前、8月9日に「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ

記事を読む

「情報があり過ぎる時代に、選んでもらうためのエクスマ・SNS活用セミナー」に行って来ました!

モノを売るな!体験を売れ! 昨日は、「モノを売るな!体験を売れ!」というエクスペリエンスマーケティ

記事を読む

メンバー同士でディスカッションです

台風9号の中、ワクワク系マーケティング実践講座の第3講にスタッフさんと行ってきました!

8月22日の月曜日、大阪は静かでエエ天気やったようですが、関東方面は、電車や飛行機が運休したり、大幅

記事を読む

「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)

「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)は、アカン、面白すぎる、、、

やばい、、、 アカン、、、 面白すぎる、、、 いま、そんな本を読んでいます 「なぜ人と組織は

記事を読む

本日は、臨時休業させていただきます

本日(9/21)は、研修のため、臨時休業させていただきます

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年174年目の『

記事を読む

「生きる技法」安冨歩 著

「生きる技法」(安冨歩 著)を読みました!

書名が気になって、ふと開き、レジへ、、、ということって、たまにあります きっと、経験のある方も、い

記事を読む

NVC 人と人との関係にいのちをふきこむ法 新版(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)

「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)の在庫がなくなって注文!新版が届きました!

仕事をしてると、「なんで、こんなことに、、、」「あいつのせいで、うまくいかないやないか!」なんて思っ

記事を読む

たこ梅文庫に収蔵される新着のマンガ・コミック

マンガ・コミックでわかるシリーズを6冊、たこ梅文庫に追加です!!

事務所には、書架が何台か並んでいます そこには、いろいろ本が並んでいます 当たり前か、、、 た

記事を読む

「フロー体験 喜びの現象学」(ミハエル・チクセントミハイ 著)

「フロー体験 喜びの現象学」(ミハエル・チクセントミハイ 著)と「虫とり」でのフロー体験!

リーマンショックから、売上が下がり続ける、、、という経験をしました 「学習する組織」(ピータ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑