*

「フロー経営の奇跡 名経営者に育った平凡な主婦の物語」購入!読んでみました!!

公開日: 気になる本, 働く環境

最近、ちょくちょく、マンガ本、コミックを買います
といっても、通常の書籍をマンガ、コミック化した本です
うちのスタッフさんにとっても、人によっては、マンガやコミックの方が取っつきやすいので、、、

ところで、また、一冊、そういったマンガ本を購入しました!

フロー経営の奇跡 名経営者に育った平凡な主婦の物語

買ったのは、「フロー経営の奇跡 名経営者に育った平凡な主婦の物語」(原作 天外伺朗・作画 小川健一)です
原作は、元ソニーで、CD、ワークステーションのNEWSやペット型ロボットのAIBO開発を指揮した本名 土井利忠さんで、現在は、天外伺朗のペンネームで著述活動やフロー経営塾の主催をされています

「フロー経営の奇跡 名経営者に育った平凡な主婦の物語」(原作 天外伺朗・作画 小川健一)

「フロー経営の奇跡 名経営者に育った平凡な主婦の物語」(原作 天外伺朗・作画 小川健一)

そのフロー経営塾にいらっしゃったフランチャイズコーヒーショップの経営をされている方の事例を元に描かれているようです
その主人公の方は、北海道の一主婦、もちろん経営なんて経験もなく、まったくわからない、、、
にもかかわらず、経営がうまく行っていなかったお店が、フロー経営を実践することで1年ほどで、2000店舗ほどあるチェーン店舗のなかでベスト3に入って表彰されるまでになった!!

その過程で、フロー経営にそって、どんなことをやってきたのか、、、
主人公は、スタッフさんに何を伝え、どういうかかわりをしてきたのか、、、
そんなストーリーです

マンガで100ページあまりの本なので、1時間もあれば読めてしまいます

「フロー」というとミハイル・チクセントミハイ氏が有名って言うか提唱者ですが、これまで読んだ本でしょっちゅう見かけた名前とフローという言葉です

フロー体験入門、フロー体験 喜びの現象学(ミハイル・チクセントミハイ 著)

フロー体験入門、フロー体験 喜びの現象学(ミハイル・チクセントミハイ 著)

先日、「フロー体験入門」(ミハイル・チクセントミハイ 著)を読んだこともあって、今回、このフロー経営を実践した物語を読んでみたくなったんです

フロー経営ってなんなのか?

実は、フロー状態って、スポーツで言う「ゾーンにはいった!」状態であるとか、熱中して没頭している状態であるとかと説明されることがよくあります
なんとなくわかりはするんですが、「これがそうか!!」っていう『掴んだ!』感覚が私には、まだ、ありません
頭ではわかりますが、「あーーー、こういうことかーーーーーーーーー」っていう風にはわかってないのです

ましてやフロー経営というと個人ではなく、グループや組織で生じるということなので、「それって、、、」とちょっと頭がウニになってきます

で、今回、この「フロー経営の奇跡 名経営者に育った平凡な主婦の物語」を読んでみて、こういうことなのかな?って思ったことがあるので、覚え書き程度ですが書いておこうと思います

【本を読んで思った「フロー経営」】
・スタッフさんを信じてまかせる
・取り組む仕事が「自分事」になっている
・スタッフさんが自分で判断して行動している
・スタッフさんが自分の行動に責任を持っている
・うまく行かなくても責めない
・自主性を重んじ「勝手になんでもやっていいいよ」
・経営者の仕事は、みんながイキイキと仕事ができる仕掛け作り
・店長の仕事は、スタッフさんの働きやすさの提供
・スタッフさんは、のびのび仕事をしている
・経営者は、先を見通す力が必要

【本を読んで思った疑問点】
・スタッフさんが持つ責任は、どんな「種類」の責任なんだろうか?
 全責任を持っていると言うことなのだろうか?持てるものなのだろうか?
・仕掛け作りとコントロールの違いは、どうなんだろうか?

今度は、「フロー体験 喜びの現象学」(M.チクセントミハイ 著)を読み始めたいと思います!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「TOC・スループット経営」(小宮一慶 著)、「利益が見える戦略MQ会計」(西順一郎 編著、宇野寛/米津晋次 著)

そろそろ、「利益が見える戦略MQ会計」「TOC・スループット経営」を読もうかと、、、思います

わたし、割とよく本を買います ああ、割とよく本を読みます、、、じゃなくて、「買います」です

記事を読む

本日は、臨時休業させていただきます

本日(9/19)は、全社研修のため臨時休業です!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年175年目を迎

記事を読む

「慈悲の瞑想」「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ 著)

「慈悲の瞑想」「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ 著)を購入しました!

今日は、2018年3月11日ですね 2011年3月11日の東日本大震災から、8年目を迎えます

記事を読む

宣言したアーノルド・ミンデルの本12冊読了です!

アーノルド・ミンデルの本を12冊読了しました!が、追加が、、、(笑)

5月2日までに、プロセスワーク、プロセス指向心理学の創始者であるアーノルド・ミンデル博士の本を12冊

記事を読む

まんがでわかる「トヨタの片づけ」

提案・改善のマンガでわかる本の次は、マンガでわかる「片づけ」本を購入です!

いま、300-400冊くらいの蔵書はある(と思いますが)「たこ梅文庫」には、マンガでわかるコーナーが

記事を読む

新しいアンドロイドタブレットをもつ多比羅店長と大西さん

新しいAndroidタブレットの支給とリプレースがスタートしました!!

会社や組織で「情報共有は大切だ!!」ってよくいわれます わたしも、大切だと思います 情報共有に関

記事を読む

関西示道塾の第一講で、ビスタワークス研究所 大原光秦代表と

ビスタワークス研究所さんの「関西示道塾」(全8回)に通います!

日本経営品質賞やホワイト企業大賞など、人を育てる中で、つぎつぎに受賞されている、、、 もちろん、お

記事を読む

「インテグラル理論(A THEORY OF EVERYTHING)」の旧版と新版(ケン・ウィルバー 著)

大人の事情で「インテグラル理論」(ケン・ウィルバー 著)を読むことに、、、

この前から、エイドリアン・ベジャンの「流れとかたち」を読んでいます 流れとかたち(エイドリア

記事を読む

Windwos10のデスクトップPCを設定中

事務所のPCをWindows7からWindows10に入れ替え中

お店も事務所も、パソコンを使います SSD240GB搭載のWindows10PC(手前)と5

記事を読む

学習する組織入門、学習する組織、マンガでやさしくわかる学習する組織

コロナで大変な時期だから「学習する組織」を復習?学び直し?することにしました

新型コロナの影響で、7月もお店はたいへんです まず、売上が、前年の半分くらい 50%ダウンです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑