*

ロバート・キーガン教授来日セミナー「VUCA時代に変化を恐れない組織のあり方とは」に行ってきました!

8月に、ロバート・キーガン、リサラスコウ・レイヒーの共著「なぜ弱さを見せあえる組織は強いのか」が日本で出版されました

「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)

「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)

この本の中で、DDO(発達指向型組織)という考え方が提唱されています

この本を読んだ時、たこ梅の組織構築において、このDDO(発達指向型組織)という考え方が非常に参考になり、実際、今、取り組んでいること、これから取り組もうとしていることが明確になりました
その当たりのことは、先日、超長いブログに書いたので、よかったら見てね!
「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)から気づいたことと決めたこと

ロバート・キーガン教授来日セミナー「VUCA時代に変化を恐れない組織のあり方とは」

先日、著者のひとりで、発達理論の大家であるハーバード大学教育学大学院のロバート・キーガン教授の来日公演「VUCA時代に変化を恐れない組織のあり方とは」があったので行ってきました!

ロバート・キーガン教授来日セミナー「VUCA時代に変化を恐れない組織のあり方とは」

ロバート・キーガン教授来日セミナー「VUCA時代に変化を恐れない組織のあり方とは」

今回の講演は、この「なぜ弱さを見せあえる組織は強いのか」の出版記念講演でもあり、前半は、キーガン教授の講演、後半は、こういった発達指向型組織に取り組む経営者、コンサルタントの方を交えたパネルディスカッションです

ロバート・キーガン教授来日セミナー「VUCA時代に変化を恐れない組織のあり方とは」に行ってきました

ロバート・キーガン教授来日セミナー「VUCA時代に変化を恐れない組織のあり方とは」に行ってきました

パネラーはキーガン教授と古河電気工業の小林敬一社長、サイボウズの青野慶久社長、エゴンゼンダーの丸山泰史パートナーで、監訳者であるオーセンティックワークスの中土井社長がファシリテーターでした

講演を聞いて気になった2つのこと

講演の前半、ロバート・キーガン教授のパートは、「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」という著書に沿った内容で、本で読んだことを思い出しながら聞いていました

後半のパネルディスカッションやその後の質疑応答なかで、キーガン教授が話された2つのことが頭から離れません

DDO(発達指向型組織)は「孤独」をなくす

そのひとつ、それは、直接、本には書かれていません
DDOについて、キーガン教授が話された中で言われたひとことです

それは、DDO(発達指向型組織)は「孤独」をなくす!ということ

組織やグループでは、たくさんの人が集まっています
そう、集まっているからこそ、組織であったり、グループであったりします

それなのに、そこに集まった人は、どうすれば自分がよくみられるか?弱い(と自分が思う)部分はどうやって隠そうか?そんなことにエネルギーを注いでいます

言い換えると、弱さを隠さなければ、隠す必要がなければ、人はもっと人と繋がりあえる
弱さを隠すためのエネルギーを能力を発揮するため、貢献するために使うことが出来る

そんな組織になっていけば行くほど、「孤独」はなくなっていく、、、

私は、そんな組織であるDDO(発達指向型組織)に近づけば近づくほど、ポジティブシンキングではない、それこそ、あるがままに弱さを隠すことなく、もてる力を発揮できる組織になっていくように思いました

正直、DDO(発達指向型組織)は、孤独をなくす!というのは私には響いたんです

たこ梅の実践の場でも、このことについて取り組むし、考えて行こうと思います

徹底的な透明性(Radical transparency )

もうひとつは、「徹底的な透明性(Radical transparency )」です

嘘はいわない!
ホントのことを言う!
情報を完全に開示する!
正直に言う!

とかってことですよね、、、

私、それこそ、正直に言うと、透明性(transparency )って怖いんです

「ホント(に思ってる)のこと言って、怒られたら、嫌な顔をされたらどうしよう、、、」
「全部、情報を開示して、つけこまれたらどうしよう、、、」

こんなことを思って、怖いんです

怖さを越えて、、、って思ったんですが、そうではなく、「徹底的な透明性(Radical transparency )」が私のもたらす恐怖は、何で、どこから来ているのか?を探求しようと思います

そうする中で、「徹底的な透明性(Radical transparency )」を実現していこうと、今は、思います

そして、それは、きっとできる!って知ってる自分もいるから、やらないわけないはいかない、、、んです(笑)

ムリせず、片意地はらず、怖いときは「怖い」とか「助けて」って言いながらがんばります(^o^)v

講演の後に、、、

4時間の講演のあと、会場の外で、、、

著書にキーガン教授のサインをいただきました!

著書にキーガン教授のサインをいただきました!

持って行っていた「なぜ弱さを見せあえる組織は強いのか」に、キーガン教授のサインをいただきましたよ

ロバート・キーガン教授来日セミナー「VUCA時代に変化を恐れない組織のあり方とは」のファシグラ

ロバート・キーガン教授来日セミナー「VUCA時代に変化を恐れない組織のあり方とは」のファシグラ

そして、講演内容はファシグラされていて、そのボードがおいてあります

しばらく、そのファシグラを眺めながら、この日の講演のふりかえり、、、

そのあとは、会場で出会った友人たちと飲みにいって、そこで、また、ともにふりかえり、、、

久しぶりに楽しい講演でした!!
この講演で発見したことをお店で生かしていきます!!(^o^)v

 

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

和田店長と昇格面談

最後の関門、和田店長の昇格面談!どうなったか?というと、、、(*゚д゚*)

9年前、スタッフさんの成長が目的で、人事評価制度をつくることにしました だから、人事評価の項目は、

記事を読む

老子(道徳経)

ミンデル本の9冊目に行く前に、「老子(道徳経)」を読んでおきます!

プロセス指向心理学、プロセスワークの創始者であるアーノルド・ミンデルさんのワークショップが、5月のゴ

記事を読む

「世界で一番やさしい 会議の教科書」「世界で一番やさしい 会議の教科書 実践編」(榊巻 亮 著)

「世界で一番やさしい 会議の教科書」(榊巻 亮 著)&実践編を買いました!

毎月、1回、店長会議、現場会議という定例会議をやってます 各店やビール工場見学などのイベントごとで

記事を読む

松本さんが自分のパートをプレゼンテーション

11月のワクワク勉強会、新人 深澤さんも参加してくれました!

先日、11月のワクワク勉強会でしたが、今年入社の新人 深澤さんも飛び入り参加してくれました 定例の

記事を読む

「ワクワク系マーケティング実践術2017」DISK2の対話会

「ワクワク系マーケティング実践術2017」対話会で一番勉強になってるのは私かも、、、

小阪裕司先生が提唱されるワクワク系マーケティングに、数年前から、会社として取り組んでいます 正社員

記事を読む

学習経路の6グリッド(行動探求のマトリックス)のシート

行動探求で、自分のメンタルモデルだけでなく、お客さまの気持ちや前提も明らかに!!

2017年4月から、毎月1回、行動探求(Action Inquiry / アクションインクワイアリー

記事を読む

商商業界 2019年5月号の巻頭特集「顧客名簿こそ、収益源」

商業界2019年6月号の巻頭特集「顧客名簿こそ、収益源」のケーススタディーでたこ梅の事例を紹介いただいています

中小企業、商人を応援する月刊誌に「商業界」というのがあります タイトルのショルダーには「お客を愛し

記事を読む

多比羅店長、4級へ昇格です

多比羅店長、谷口さんの昇格面談の結果は、、、!?

10月上旬に、正社員さんを対象とした人事評価者会議を開きました 人事評価者会議10月[/ca

記事を読む

評価者会議2018春

評価者会議2018年春~人事評価制度の目的はスタッフさんの成長~

昨日は、正社員さんの人事評価を決定する評価者会議の日でした 評価が決まると、昇給や賞与も、この評価

記事を読む

「孫子」「孫子を読む」(浅野裕一著)

「孫子」を読んでみようと思います

この2年くらいで、もっとも、読んでいて興味をそそられ、面白い!って思った本「複雑さを生きる~やわらか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑