*

令和のスタートに、香りだけで飲みたくなるお酒できちゃいました!

今日から、いよいよ令和元年が始まりますね

今から175年前、江戸時代のお酒

たこ梅は、今から175年前の弘化元年に初代店主 岡田梅次郎が創業しました

この記念すべき令和元年の5月1日に何が出来るだろう?と考えたとき、創業の時、つまり江戸時代の人が飲んでいた酒を再現して飲んでもらったら、、、Back to the Koka-Gannen !です(笑)

現在、お酒の仕込みはステンレスやホーローのタンクで行われ、瓶に詰めてお店に運ばれます
175年前は、仕込みは人がまるっぽ何人も入れるような大きな杉の桶ですし、運ぶのは杉の樽です
そして、お酒は純米酒です(っていうかこれしかなかった、、、)

そのため、当時の人は、杉のさわやかな香りについた純米の芳醇な味わいの酒を楽しんでいたのです

175年前のお酒を再現!?

ダメもとで、最高にうまい純米酒を杉樽に詰めてお店で出すことはできないだろうか?と蔵元である白鹿さんに相談したら、いろいろあったものの、「やります!」との返事をいただきました

で、、、

樽酒と檜枡

樽酒と檜枡

これが登場したのです

杉樽に特別純米山田錦のお酒が詰められています

よく見てね!
この樽酒、無地ですよね
白鹿さんも注文で樽酒を出されていますが、その樽は、こんなんです

白鹿さんの通常(でも要注文)の樽酒

白鹿さんの通常(でも要注文)の樽酒

ちゃんと「白鹿」とかいろいろ書かれていますよね
でも、うちに来たのは「無地」です

というのも、特別純米山田錦を詰めた樽酒は、白鹿さんにも存在しなかったから、、、
そう、今回、特別に初めて造ってくれたんです

香りだけでスグ飲みたくなるお酒

それよりも、届いた特別な樽酒、香りがすごい!

実は、私、樽酒が、道頓堀のたこ梅本店に届いたので見に行ったのです
で、その香りをかいだら、
「アテいらんから、すぐ、この酒飲みたい!!」
って我慢ができなくなるほどでした、、、

いや、この酒、飲み過ぎに注意です!
酒だけで、次々に飲みたくなっちゃうから、、、
ある意味、危険です(笑)

5月1日、令和元年のスタートの日である今日から、たこ梅全店で一斉に、この特別な飲み過ぎてしまいそうでヤバイ樽酒をお出しします

3週間ぐらいはもつかなぁ、、、と思いますが、売り切れちゃったらゴメンね!

「ぜったい飲んでみたい!!」って思った酒好きさんは、このゴールデンウィーク中に、お店にいって「樽酒(たるざけ)!」って店員さんに声をかけてね(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「ねぎとろ団子」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏の関東煮(かんとだき/おでん)「ねぎとろ団子」も始まりました!

なんか、知らん間に春をすっ飛ばして夏になってきたのか、暑くなってきましたね 私も、5月下旬から、半

記事を読む

酒の肴「カキ酢」

季節の酒の肴「かき酢」やってます

こんにちは 日本一古いおでん屋『たこ梅』の雑用係 兼 五代目店主 てっちゃん(岡田哲生)です

記事を読む

「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)

もっちりモチモチでたまらん!「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)が始まったよ!

秋になると出てくるモッチリうまいアレ! ビタミンの宝庫で栄養タップリなアレ! それは、、、 「

記事を読む

2月15日(土)西宮「白鹿 蔵開」、たこ梅の関東煮・おでんブースを出店です!

毎年、2月、3月頃に、西宮の6つの酒蔵さんが蔵開きをやってます 西宮の酒蔵さんの蔵開2020

記事を読む

ニューズレターの封筒宛名印刷

たこ梅FUN倶楽部通信10月号の封筒印刷が、今日の雑用係の仕事です

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです たこ梅では、お店におい

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)用に仕込まれる松茸(まつたけ)

毎日、松茸の関東煮(かんとだき/おでん)を仕込んでいます!

今週から始まった秋の味覚の王者! そう、アレの関東煮(かんとだき/おでん)が始まったんです

記事を読む

冬の部活「酒蔵見学」の白鹿さんとの打合せ

冬の部活「酒蔵見学2018」の第1回打合せです!!

2017年夏、部活で、アサヒビール工場に、たこ梅FUN倶楽部の部員さんと普通じゃない見学に行きました

記事を読む

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)

人気の「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)も、そろそろ終わりが近づいてきました!

冬に人気の関東煮(かんとだき/おでん)のひとつに「ねぎま」があります 焼き鳥の「ねぎま」じゃありま

記事を読む

ネギと鮪の刺し合わせ「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)が始まりました!

9月に入ると、聞かれるんです! 常連さんに、「そろそろ、ちゃうん?」「まだか?」って、、、

記事を読む

わ組・も組のブロマイド?

新梅田食道街の たこ梅 分店では、わ組・も組がデッドヒートです!

いま、新梅田食道街にある たこ梅 分店では、デッドヒートがくりひろげられています! わ組、も組のデ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑