*

私、この本で「学習する組織」を知りました!!その本とは、、、

公開日: 気になる本, 学習する組織

2008年9月のいわゆるリーマンショック以降、それまで順調だった売上が下降するようになります

平成20年9月のリーマン・ショック

平成20年9月のリーマン・ショック

そのとき、これまで私が知ってるマーケティング理論では上手く行かない世の中になったのではないか?という恐れにさいなまれました(あとで、考えると、これ、残念ながら結構あたってました、、、:笑)

リーマンショックのおかげで創ることになった「学習する組織」

当時は、どうしていいかわからなくて、それまで読んだことのない種類の本を読んだり、いったこともないセミナーに行ってみたりしました

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

そして、ピーター・センゲの提唱する「学習する組織」という考え方を知り、2010年4月から、たこ梅が百年後もあるために学習する組織を創ることにして、それ以来、取り組んでいます

この話は、私のブログで何度も書いているので、このブログをお読みの方だったらご存じかもしれません

特に、私のブログを長く読んでいただいている方ほど、私が、いきなり「学習する組織」という本に出会った、、、ように思われているかもしれません
でも、その前に、ある本を読んで、そこで「学習する組織」という考え方があることを知って、「学習する組織」という本を読むに至ったのです

「学習する組織」を知るきっかけになったのは、、、

先に書いたとおり、当時の私、手当たり次第に本屋で、それまで読まなかった種類の本を買って読んでました

今は、自分のあり方(=Beingといってもいいかもしれません)が、行動に多大な影響を及ぼすし、あり方が変わって、異なるやり方を行うと望ましい変化が起こりやすいということは知っています
でも、当時は、とにかく、上手く出来る「やり方」「How to」が知りたかったし、欲しかった
今考えると笑い話のようですが、ほんとの話で、「あり方」なんていう語彙は、ありませんでしたし、、、^^;;;

そんなとき手に取った本の中に、この本があったのです

「学習する組織」(ピーター・センゲ 著)、「こうすれば組織は変えられる!」(ピーター・クライン、バーナード・サンダース 著)

「学習する組織」(ピーター・センゲ 著)、「こうすれば組織は変えられる!」(ピーター・クライン、バーナード・サンダース 著)

ピーター・クライン、バーナード・サンダースの「こうすれば組織は変えられる / TEN STEPS TO A LEARNING ORGANIZATION」です

ちなみに、中身はこんな感じです
目次ですが、、、

「こうすれば組織は変えられる!」(ピーター・クライン、バーナード・サンダース 著)の目次

「こうすれば組織は変えられる!」(ピーター・クライン、バーナード・サンダース 著)の目次

今考えると、組織変革とか組織開発というジャンルにはいる本だと思うのですが、当時は、組織変革、組織開発なんてことばも知らずに読んでました

そして、この本の設定が、ピーター・センゲの提唱する「学習する組織」は素晴らしいが、どうやって創ったらいいのか、そこがみなわからず悩んでいるので、それを実現する、つまり学習する組織をつくるためのやり方を紹介するということなのです

実際読んでみて、書いてあることは初見のことが多くて、あんまり理解できなかったんですが、そのせいで、かえって私の知らないことばっかり書いてあるもんだから、どれもが新鮮!!
「えーーー、この通りにやったらこんな風になるの?意味分からんとこ(結構、たくさん)あるけど、すげーーーーーー」
って思って、ページは、ドッグイヤーとラインマーカーだらけになっています(笑)

この「こうすれば組織は変えられる!」を読み終わって、すぐに「学習する組織」も買い求めて読み始めました
当時は、この前の版の本で邦題は「最強組織の法則」でしたけど、、、

かすかに「学習する組織」風味くらいはあるかも

そうして、2010年4月から、学習する組織にしよう!と取り組んでいて、もう、丸9年が経ち、10年目に突入しました

これまで、ぜんぜん、出来てる気がしなくて、かすかでも学習する組織になってきているんだろうか?ってよく悩みました
現在も、出来てる気はまったくしなくて、いつになったら出来るんだろうか?と思ってますが、おそらく永遠にできないのだと思います
基本、学習する組織を目指すというのは、そういう『道』なのであって、常に動き変化し続ける性格のものでもあるし、完成形はそもそもないのです、、、と今は理解してます

それでも、学習する組織を志した頃よりは進化しているようで、昨年は、ホワイト企業大賞の特別賞「学習する組織経営賞」をいただきました

ホワイト企業大賞特別賞「学習する組織経営賞」を受賞です

ホワイト企業大賞特別賞「学習する組織経営賞」を受賞です

このときの詳しいことはこちらのブログを見てね!
→ ホワイト企業大賞の特別賞「学習する組織経営賞」をいただきました!

そして、今年は、日本能率協会(JMA)さんが、毎年、表彰されている「社会価値を生み出す持続的な経営・組織・人づくりを行っている取り組みを称え、紹介するための表彰制度『KAIKA Awards』」d「KAIKA賞」をいただきました

KAIKA Awards 2018「KAIKA賞」を授与されました

KAIKA Awards 2018「KAIKA賞」を授与されました

KAIKA賞をもらったときのことはコチラです!
→ KAIKA Awards 2018「KAIKA賞」をいただきました!

何かようわかりませんが、こういうのをいただけるというのは、それなりに何かしら、ちっとは学習する組織への道を歩んでいることのひとつの現れではないのかなと思っています

こういう賞をいただいたことも、ひとつのマイルストーンとして、これからも、スタッフさんといっしょに百年後もあるお店であるため学習する組織への道を歩んでいきます

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

ドラッカーと論語(安冨歩 著)

「ドラッカーと論語」(安冨歩 著)を読んで気づいた、経営する上で大切なこと

昨年の年末頃に読んでいて、この数年で私にとって一番面白いって思ったのが、「複雑さを生きる~やわらかな

記事を読む

KAIKA Awards 2018「KAIKA賞」を授与されました

KAIKA Awards 2018「KAIKA賞」をいただきました!

2月20日、「ちょっと、おいで!」と呼ばれたので東京に行ってました KAIKA Awards 20

記事を読む

学習する組織入門、学習する組織、マンガでやさしくわかる学習する組織

コロナで大変な時期だから「学習する組織」を復習?学び直し?することにしました

新型コロナの影響で、7月もお店はたいへんです まず、売上が、前年の半分くらい 50%ダウンです

記事を読む

「自主経営組織のはじめ方」をティール組織のとこに並べます

今日から「自主経営組織のはじめ方」を読みます

先月、英治出版さんに「自主経営組織の始め方」をいただきました 英治出版さんにいただいた「自主

記事を読む

「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)をプレゼント

オンラインでの連続8回のNVC基礎講座、第1回を金田さん、深澤さんが受講です!

起きた出来事をきちんと受け取って向き合うためには、まず、自分がその出来事をどのように捉えているのかを

記事を読む

たこ梅文庫に収蔵される新着のマンガ・コミック

マンガ・コミックでわかるシリーズを6冊、たこ梅文庫に追加です!!

事務所には、書架が何台か並んでいます そこには、いろいろ本が並んでいます 当たり前か、、、 た

記事を読む

新人スタッフさんの「行動探求 入門」レクチャー用テキスト

行動探究入門~「学習する組織」を導くリーダーシップ~の新人スタッフさんレクチャー用テキスト制作しています

お店が成長するためには、スタッフさんの成長が不可欠です スタッフさんが成長が、組織としてのお店の成

記事を読む

なぜ部下とうまくいかないのか(加藤洋平 著) なぜ人と部下は変われないのか(ロバート・キーガン著)

成人の発達理論を知りたい!「なぜ部下とうまくいかないのか」(加藤洋平 著)を読みました!

やっと、ロバート・キーガン、リサ・ラスコー・レイヒー 著の「なぜ人と組織は変われないのか」を読み終え

記事を読む

「手書きPOPのつくり方」(増澤美沙緒 著)

「手書きPOPのつくり方」(増澤美沙緒 著)POPの書き方、考え方、行動デザインまで網羅されてた、、、

先日、梅田のうちの店に行ったとき、近くにある紀伊國屋書店さんに立ち寄りました いや、別に、特に探し

記事を読む

「真経営学読本」(福島正伸 著)

「真経営学読本」(福島正伸 著)は、人生が豊かになる本の一冊であると思います

先代社長が亡くなり、突然、10年以上つとめた会社員を退職、たこ梅を継いで17年目になります そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑