*

発達理論の関係の本を最近よく読む理由(わけ)

うちの店「たこ梅」は、飲食店です
で、五代目店主の私ですが、最近、よく読むのが発達理論関係の本です

スタートは「学習する組織」です

平成20年9月のリーマンショックを経験して、いくらお店の人たちががんばっても、自分ががんばっても、いきなり、自分たちのセイじゃないのに、とんでもないことが起こって、迷惑だけは被る、、、ってことが実感としてわかりました

地震だってそう、新型インフルエンザの流行だってそうです
べつに、うちの店の人のセイでもなけりゃ、わたしのセイでもないけど、お客さまが減ったり、、、というか街全体から人が減って、売上は下がります(あ!でも、家賃も水道光熱費も下がりません:笑)

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

それで、リーマンショックのあとMITのピーター・センゲ博士が提唱する「学習する組織」という考え方を知り、「これやったら、リーマンショックがあっても、地震があっても、百年後に『たこ梅』あるわ!!」って思いました
いろんなことは起こります
それでも、それに向き合って、メンバーさんたちと一緒に、今、この瞬間から未来を創っていく考え方
そのためには、認知の限界を超えるためにシステム思考が必要だったり、共有ビジョンを持っていたりと、基本として必要になるって、その「学習する組織」の考え方で語られています

この学習する組織を構築するために有効なメソッドとして、「学習する組織」の翻訳者でもあるチェンジ・エージェント社の小田理一郎さんが、ビル・トルバート博士の「行動探求(Action Inquiry)」を紹介されました

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

もちろん、この本も読みましたし、ビル・トルバート博士が来日された3日間のワークショップにも参加しました

ビル・トルバート氏とツーショットで記念撮影です

ビル・トルバート氏とツーショットで記念撮影です

ワークショップの時の話はこちらのブログをご覧下さいね!
→ ビル・トルバート博士の行動探求(Action Inquiry)ワークショップに行って来ました!

先日も、たこ梅で、行動探求(Action Inquiry)を活用するためチェンジ・エージェント社の小田理一郎さんをたずね相談にも行ってきました

チェンジエージェントさんのオフィスに来ました

チェンジエージェントさんのオフィスに来ました
左から、てっちゃん、江口潤さん、小田理一郎さん

このときの話はこちらのブログで!!
→ 行動探求の現場での活用についてチェンジエージェントの小田理一郎さんに相談に行ってきました!

発達理論関係の本を最近よく読む理由(わけ)

このビル・トルバート博士の「行動探求(ACTION INQUIRY)」を読む中で、成人の発達理論というものを知りました
「行動探求(ACTION INQUIRY)」も、成人の発達理論というのがベースのひとつになっています

学習する組織を構築する中で、スタッフさんとコーチングや会議ファシリテーションなども活用しながら、いろいろたくさん関わってきています
その中で、関わりが上手くいくときと、ほどほどのとき、そうでもない時やまったく上手くいかないことがあるのには気づいていました

「行動探求(ACTION INQUIRY)」を読んだこと、ビル・トルバート博士のワークショップに参加したことがきっかけで、「ひょっとしたら、お互いの発達段階がちがってて、それをお互い知らんまんまでかかわってるから、上手くいかへんのとちゃうやろか?」って思ったんです
別に、これが、すべての要因とは思いません
ただ、この視点をもって、そして、発達段階や発達論理を理解してお互いがかかわれたら、もっと違う未来が創造されるんじゃないだろうか?って思うんです

っていうのも思ったのと同時に、正直、私の「直観」が、「発達理論勉強して、つこうてみーや!」って言うんです(笑)
で、ちょっと、発達理論勉強してみようと思いました

ネットで、成人の発達理論をググると「ロバート・キーガン、オットー・ラスキー、カート・フィッシャー、ケン・ウィルバーとかとか名前が出てきます
日本人だと、加藤洋平さんの名前も出てきました

とりあえず何冊か買って読み始めました

発達理論の本

発達理論の本
ロバート・キーガンら、加藤洋平、カート・フィッシャーら

ビル・トルバート博士の名前もでてきましたが、まずは、行動探求(ACTION INQUIRY)を読んだので、次に、ロバート・キーガン博士の「なぜ人と組織は変われないのか」と加藤洋平さんの「なぜ部下とうまくいかないのか」を買って読みました

ちなみに、今は、ちょっと違う方向で、エドガー・シャイン博士の「組織文化とリーダーシップ」なんていう本を読んでいます ^^;;;

さて、先日、カート・フィッシャー博士らの「成人の知的発達のダイナミクス」っていう私が読んで理解できるのかどうか怪しい本も届きました、、、

わかるわからないはおいといて、まず、いっかい、このあたりの発達理論関係の本を読んでみます
そして、どう、仕事の中で、学習する組織構築のなかで使っていくかを考えて、できるとっから実践していこうと思います
今日も、がんばるよーーーーーー!!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「ファシリテーションの本質とファシリテーターのあり方」で星野欣生先生と!

星野欣生先生のワークショップで気づいた「上手く行くOD(組織開発)と上手く行かないODの違い」

もう、1年以上前になりますが、「人間関係づくりトレーニング」など多数の著書があり、グループプロセスの

記事を読む

「世界で一番やさしい 会議の教科書」「世界で一番やさしい 会議の教科書 実践編」(榊巻 亮 著)

「世界で一番やさしい 会議の教科書」(榊巻 亮 著)&実践編を買いました!

毎月、1回、店長会議、現場会議という定例会議をやってます 各店やビール工場見学などのイベントごとで

記事を読む

実務でつかむ!ティール組織(吉原史郎 著)

「実務でつかむ!ティール組織」を読んで気づいたこと、そして、問い

一昨日のブログで「ディヤン・スートラ 瞑想の道」と並行して「読み始めました!」と言っていた「実務でつ

記事を読む

難しい会話のマトリックス

不愉快、不都合な出来事が、何を教えたがっているのか?が行動探求のプロセスで紐解かれる

毎月、1回、正社員、ホールのパートスタッフさんと行動探求(Action inquiry / アクショ

記事を読む

「TOC・スループット経営」(小宮一慶 著)、「利益が見える戦略MQ会計」(西順一郎 編著、宇野寛/米津晋次 著)

そろそろ、「利益が見える戦略MQ会計」「TOC・スループット経営」を読もうかと、、、思います

わたし、割とよく本を買います ああ、割とよく本を読みます、、、じゃなくて、「買います」です

記事を読む

サーバントリーダーシップ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)

サーバントリーダーシップ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)を再読しています

ちょうど6年前に、サーバントリーダーシップ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)を読んでいました

記事を読む

マンガでわかるSDSs

「マンガでわかるSDGs」をたこ梅文庫に追加です

最近、よく「SDGs(エスディージーズ)」という言葉を見かけるようになりました でも、SDGsって

記事を読む

「たこ梅 追っかけ四〇年」の著者 平野耕平さんと

たこ梅の大常連さんが書かれた「たこ梅 追っかけ四〇年」(平野耕平 著)を各店で読めます!

お店をやっていると、何度も足を運んで下さる常連さまができてきます たこ梅にも、そういう常連さまが大

記事を読む

たこ梅 本店の松本さんと行動探求(アクション・インクワイアリー)

今月もやってますよ!行動探求(アクション・インクワイアリー)を!!

もう、初めて、2年半になります なにがって、いうと、、、 行動探求(アクション・インクワイア

記事を読む

「複雑さを生きる~やわらかな制御~」(安冨歩 著)

「複雑さを生きる~やわらかな制御~」(安冨歩 著)、この本、最近で一番面白かった!!

ひさしぶりです!読んでて、すごく面白い!!って感じる本に出会いました 冒頭の数ページを読んだ時点で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑