*

12月の「これからのリーダーシップ勉強会」にスタッフさんと行ってきました!

たこ梅は、「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋®です
170年以上前から、、、
今となっては、「日本一古いおでん屋」でもあります
業種としては、いわゆる飲食店に属します
ただ、、、
多くの飲食店と違うことのひとつには、スタッフさんが、研修やセミナーに参加する頻度が高いと言うこと!

「これからのリーダーシップ勉強会」に行ってきました!

昨日も、道頓堀にある たこ梅 本店のスタッフリーダー和田さんと、ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店の岡店長といっしょに、「これからのリーダーシップ勉強会」に行ってきました
たこ梅のスタッフさんが、ファシリテーションの研修でお世話になって5年目になる大阪にあるチーム経営さんという会社が毎月開催されている勉強会です
9月から翌年7月までが1サイクルで、だいたい3ヶ月ごとにひとつのテーマについて深めていきます

【「これからのリーダーシップ勉強会」のテーマ一覧】

オープニング:学びのねらいをつくる
  9月10日(木) この勉強会で何を得たいのかを考える

チームに対する洞察力を高める
  10月8日(木) チームの関係性をつかむ<対話>
  11月12 日(木) 場をみるトレーニング(1)
  12月10 日(木) 場をみるトレーニング(2)

自らのレジリエンス(回復力)を高める(1)
  1月14日(木) レジリエンスを高めるためには?<対話>
  2月18日(木) チームづくりのための“介入”を試してみる

チームの成長を促す力を高める
  3月10日(木) チームの成長を促すためには?<対話>
  4月14日(木) チームの成果をあげる要因に気づく体験学習(1)
  5月12日(木) チームの成果をあげる要因に気づく体験学習(2)

自らのレジリエンス(回復力)を高める(2)
  6月9日(木) メンタルタフネスを高める

クロージング:1年間のまとめ
  7月14日(木) 学んだことをわかちあい、次の一歩を踏み出す

昨日は、このシーズンの4回目「場をみるトレーニング(2)」です

これからのリーダーシップ勉強会「場をみるトレーニング(2)」

これからのリーダーシップ勉強会
「場をみるトレーニング(2)」

メンバーが、模擬会議をするグループとそれを外側から観察するグループにわかれて、グループプロセス(グループの中で起こっていること)を観察するPOPOと言われる演習をしました
グループの中で起こっていることといっても、実際に、言葉で発言された、、、言い換えると、いわゆる議事録に残せるような発言だけでなく、参加メンバーの態度や表情、雰囲気、身体の緊張、目の動きなども観て、言葉になっていないけれども、どんな気持ちでいるのか、本当に伝えたいことは何なのか、、、まで観察していきます
ただ、実際、スグにこれができるわけではありません(笑)
「教えてもらったとおり、ちゃんとやろう!!」って思って私は、外側から観察にのぞみます
一所懸命、気づいたことをノートに書いていくと、書いているうちに会議は生き物のように一刻一刻、その様相を変化させます
「これじゃ、観察記録をつけるどころじゃないなぁ、、、」って、正直、感じました

最後の全体でのシェアの中で、他の参加メンバーの言葉を聞く中で、自分で気づいたのは、「ちゃんとする!正しくしよう!」ではなく、「ひとつでも会議がよくなるように気づけたらいいじゃないか!観ていて、自分の心に違和感が湧いたとき、それが何が呼び起こしたのか?何にひっかかったのか?を観ればいいんじゃないか?」ということです
この自分での気づきを次回、たこ梅の会議で活かす!というか、実際の会議の現場でやってみようと思います

ところで、チーム経営さんやリーダーシップ勉強会に興味をもたれた方は、チーム経営さんの公式サイトをご覧下さいね!
チーム経営さんの公式サイトはこちらをクリック!
「これからのリーダーシップ勉強会」の公式サイトはこちらをクリック!

さて、研修のあとは、、、

研修のあとは「ふりかえり」の時間です

一緒に参加している岡店長、和田さんと、場所をかえて3人で今回のワーク(演習)について、お互いの気づきや発見、どう感じたか、、、などを共有する「ふりかえり」の時間です

3人で、勉強会後の「ふりかえり」です

3人で、勉強会後の「ふりかえり」です

実際に、この日の「これからのリーダーシップ勉強会」のワーク中で、どうだったかをまずはひとりずつ話していきます
その時、質問や意見があれば、出し合います
そうやって、お互いの学びを3人の学び、智恵に変えてインストールしていきます
それがひとしきり終わったら、「カンパーイ!!」して、すこし喉を潤しながら、さらに、勉強会の話やそこから派生して、仕事の中でどうするかとかに話は広がりました
もちろん、たこ梅では、店長さんやスタッフリーダーさんとの会議、個別の月1回の面談もあります
ただ、お酒が少し入るリラックスして、そして、いつもと違う場所で話をすると同じメンバーでも、話の内容や場の雰囲気が異なります
普段より、らくーにいろんなことが話せる感じです
「これからのリーダーシップ勉強会」とともにこういう機会、『場』も大事にしていきます!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「ワードプレスでブログを書くぞ♪講習会」をやりました!!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年171周年に突

記事を読む

岐阜の酒「三千盛(みちさかり)」と「杜氏の持ち帰り酒」

岐阜の遊学旅行で見つけた旨い酒、お店でメッチャ数量限定ですがお出しするようです!

先週、岐阜の長良川温泉へスタッフさんと1泊2日の遊学旅行に行った話をブログに書きました 楽し

記事を読む

42.5インチモニターが届きました

40インチオーバーのモニターディスプレイが届きました!

毎月、店長会議、現場会議をするスペースには、パソコンからつないで画面をみんなで見られるようにモニター

記事を読む

上手くいっていない出来事をシステム思考の氷山モデルを使って探求

1月の現場会議~上手くいかない出来事を氷山モデルで探求~

先日は、今年最初の現場会議(たこ梅の若手スタッフさん中心の会議)でした 2018年1月の現場

記事を読む

顧客の旅をストック&フローで説明する紙芝居

顧客の旅をストック&フローでスタッフさんに説明する紙芝居を作成しました!

お客さまの進化っていうのか、見込み客さんが、新規客さんに、そして、常連さんに、、、ってありますよね

記事を読む

バルーンヘルプの宮本さんと顧客データベース「大福帳」の打合せ

顧客データベース「大福帳」を「顧客の旅デザインマップ」に合わせた改良にチャレンジ!?

商いで大切なことは、お客さまに喜んでもらう!ことだと、私は、思っています 同時に、喜んでもらって、

記事を読む

ケン・ウィルバー関連の書籍6冊です

成人の発達理論のマイブームで、ケン・ウィルバーやっちまいました、、、

昨日のブログで、最近のマイブームは「成人の発達理論」という話しを書きましたよね 個人と組織の

記事を読む

このPOPを見るんだ!!

POP、看板の書き方?ちょっと、オレのを見に来いよ!!

新梅田食道街にある たこ梅 北店、お客さまとのいろんな取り組みをやってます 6月からは、日本一周、

記事を読む

7月の研修を現場で継続的に活かすには?

9月の現場会議~その1・研修が継続的でもっと使うためには?~

昨日は、たこ梅の若手スタッフさん中心に運営されている現場会議の日です この現場会議では、事前に、ス

記事を読む

「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!、価値創造の思考法をまとめ買い

価値創造の思考法、「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!(小阪裕司 著)をスタッフさん用にまとめ買い!

お客さまという「人にフォーカス」するワクワク系マーケティングというのを情報工学博士でもある小阪裕司先

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑