*

朝日新聞に「サザエさん」の関係で、たこ梅が載ってます!でも、サザエさんとたこ梅の関係って???

もう、170年以上、お店をやっていて、今では、たこ梅は、日本で一番古いおでん屋(関東煮屋)となっています
そのおかげもあって、ときどき、テレビや雑誌、新聞、ラジオなどの取材を受けます

2019年1月12日の朝日新聞にたこ梅が載りました

昨日(1月12日)の朝日新聞 朝刊の「be」で、たこ梅が載っています

2019年1月12日 朝日新聞朝刊「be」の「サザエさんをさがして」にたこ梅が載ってます

2019年1月12日 朝日新聞朝刊「be」の「サザエさんをさがして」にたこ梅が載ってます

「サザエさんをさがして」というコーナーで、漫画サザエさんに登場する習俗をテーマに日本の文化や風俗を探求していきます

「サザエさんをさがして」のテーマは『おでん』

今回の「サザエさんをさがして」のテーマは『おでん』です
サザエさんが作る料理で最も登場頻度が高い物のひとつが「おでん」なんだそうです

そして、大阪のおでん・関東煮(かんとだき)で欠かせないタネのひとつが、鯨の本皮を油抜きした「コロ」と鯨の舌からつくる「さえずり®」
商業捕鯨が禁止となり、コロやさえずり®の原料も手に入りにくくなりました

たこ梅がどんな風に記事に載ってるのか?

そんな中、コロ・さえずり®を今も出しているお店として、朝日新聞の記者さんが、道頓堀にある たこ梅本店に取材に見えました

道頓堀のたこ梅本店

道頓堀のたこ梅本店

戦後、たこ梅の常連で、さえずり®がことのほか好きだった作家の開高健さんの「新しい天体」の一説を引用しながら、たこ梅のことが記事に書かれています

朝日新聞の「サザエさんをさがして」の記事

朝日新聞の「サザエさんをさがして」の記事(画像をクリックすると大きく読みやすくなります)

 そのコロを出す店がある。大阪・道頓堀の「たこ梅」本店。創業は江戸後期の1844年で、現存のおでん屋では最古だという。奥村さんのお薦めは「さえずり」(鯨の舌)。かむ音が小鳥のさえずりに似ているとされ、命名された。だしは鯨肉を基本にカツオ節を加える。「初代から使ってきたさえずりも、だしに欠かせません」と5代目の岡田哲生さん(52)。3代目は大阪大空襲の際、だしを持って逃げたという。
 たこ梅のさえずりは独特の味と食感。常連客だった大阪出身の作家で健啖家、開高健(1930~89)は小説『新しい天体』で店名を出してこう書いた。<舌を馬鹿にさせない味である。酒を邪魔しない味である。ご先祖さまの味である。クジラの舌も根や先端などの部分によって組織がそれぞれ異なるらしくて、シコシコしたの、クニャクニャしたの、やや固い噛み切りやすいの、とろとろになったの、香ばしいの、焦げ味のあるなどと、串の一本一本がまことに小憎く複雑であって、ひときれひときれがたのしみである。>。実に、おでん種の真骨頂である。

新しい天体(開高健 著)

新しい天体(開高健 著)

道頓堀 たこ梅本店の和田店長がアップで載っています

ところで、この新聞記事をみると写真が1枚ありますよね
キャプションには~鍋の中でだしがじんわりとしみていくおでん種=大阪市中央区道頓堀1丁目の「たこ梅」本店~とあります

で、この写真、道頓堀の たこ梅 本店においでのお客さまでしたら、「あれ、この人、、、」ってわかるハズ!

そう、たこ梅本店の和田店長です

和田店長、とうとう、全国区で新聞デビューです!!

道頓堀 たこ梅本店の 暖簾をくぐったら「新聞、載ってたな!」とかって、ぜひ、和田店長に声をかけてあげて下さい
照れるかもしれませんが、きっと、喜びますから!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「ハリハリ」関東煮(かんとだき/おでん)!鯨好き!って方も、食べたことない!って方にも食べて欲しい!

私(てっちゃん)が、子どもの頃は、家でも、ちょくちょ鯨が晩ご飯にでていました 私の親の世代ともなる

記事を読む

文藝春秋「名作名食」コーナー2,3ページ目

文藝春秋に道頓堀のたこ梅本店が、開高健『新しい天体』に登場する店としてセンターカラー5ページで取り上げていただきました!

ミナミという土地柄なのか、江戸時代から芝居小屋が軒を連ねたせいなのか、作家さん、役者さん、、、いろん

記事を読む

仕込みが終わって、出番待ちの「菜の花」たち

「菜の花」の関東煮・おでんを仕込んでますよ!

春分の日も過ぎて、春が、感じられることも多くなってきましたね たこ梅でも、『春』を関東煮(かんとだ

記事を読む

NVCの基礎オンラインセミナー受講中の和田店長と安藤さん

スタッフさんのNVC基礎コース、オンライン受講がスタートしました!

仕事をしていて、結局、一番課題になるのが人と人とのコミュニケーションですよね 同僚や上司部下との関

記事を読む

土を洗ってヘタを切り落とした里芋

小学生のときから大好きな関東煮(かんとだき/おでん)があります!

冬の人気の関東煮(かんとだき/おでん)のトップ2というと、聖護院大根(しょうごいんだいこん)、牡丹牡

記事を読む

赤い貝割れ菜の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん!「赤い貝割れ菜」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

たこ梅 本店の新店長「和田店長」が誕生です

【祝】道頓堀の「たこ梅 本店」に新しい店長が誕生しました!!

一時、休店していて、平成19年から再開した道頓堀にある たこ梅 本店、、、 そこで、店長をやってく

記事を読む

緊急事態宣言延長で再開は最短で5月12日以降

緊急事態宣言が1ヶ月延長?再開は5月12日以降(未定)となります

緊急事態宣言から1ヶ月経過するまで、あと数日、、、 「やっと、自粛から(ある程度)解放される!」っ

記事を読む

冬だけの丸大根「聖護院大根」

トロける丸大根「聖護院大根」の関東煮(かんとだき/おでん)始めます

関東煮(かんとだき/おでん)といえば冬が定番 その冬でも一番人気といえば、、、 冬だけの丸大根「

記事を読む

たこ梅で一緒に働いてお客さまに選ばれる楽しい店をつくってね!

お客さまにもっと喜んでいただけるようになるためパートさんを新規募集します!

「お客さまに喜んでいただき続ける!そして、結果、お店が、お客さまから選ばれる!!」ということに、たこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑