*

今宮戎さんへ残り福で「商売繁盛=よろこびの循環」をお願いしていきました!

公開日: 大阪のこと, つれづれに

お正月が明けて、昨日までの三日間はアレですよね!
そう、十日戎、えべっさん!です

たこ梅の難波事務所は、難波にあるので、今宮戎神社も、歩いて行ける距離なのです

昨日、1月11日は、残り福です
※1月9日は宵戎、1月10日が本戎(十日戎)、1月11日は残り福

事務所で仕事を終えて、夜の10時半頃に今宮戎さんに到着

南海電鉄の今宮戎駅から戎さんまでは、こんな時間にもかかわらず超満員で入場制限です
入るまでに30分はかかりました

残り福の今宮戎さんは超満員!

そして、やっと、今宮戎さんの境内にはいると、、、

今宮戎さんの残り福

今宮戎さんの残り福

ものすごい人です!!

福笹をもらうだけでも一苦労、、、

福娘さんにお札、縁起物をつけてもらう

それでも、なんとか、笹をゲットして、次は、お札や吉兆などの縁起物を笹に授けてもらうため、福娘さんのところへ

今宮戎さんの福娘さん

今宮戎さんの福娘さん

お札や吉兆や米俵などは、境内のあちこちで着けてくれます
ただ、今年の選ばれた福娘さんがいるのは、入り口から手前の方、、、

奥へ行くと、基本、年季があがっていく傾向に、、、^^;;;

もちろん、手前の方に並んで、かわいらしい福娘さんにお札や縁起物をつけていただきましたよ

商売繁盛はよろこびの循環

今年も、残り福、それもギリギリの時間でしたが、商売繁盛をお願いすることが出来ました

もっとも、商売繁盛は、われわれが、お客さまによろこびを提供することによって、お客さまが楽しまれ選ばれた結果
また、そのお客さまの姿がスタッフさんのよろこびとなって、また、もっとお客さまに喜んでもらえる、楽しんでもらえることを考え、創造していくことのエネルギーが生まれます
よろこびの循環が、つまり商売繁盛となっていくのだと思います

ですから、えべっさんにも、よろこびの循環がつながって広がって、さらに大きなよろこびの循環となるよう勉めて参りますので、お見守り下さい、、、とお願いしました

今年も、えべっさんで福笹も受けたし、商売繁盛(=よろこびの循環)もお願いしたし、愉しくがんばりまーーーーーす!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

皆既月食中の月

2018年1月31日は、日本では3年ぶりの皆既月食!!

昨日、2018年1月31日は、満月でした そして、日本では3年ぶりの皆既月食、、、 わたし、

記事を読む

コールドプレスジュースの野菜たち

朝のコールドプレスジュースで、調子がよくなりました!

仕事柄、、、というか、私のやり方にもよるのでしょうが、これまでのところ、仕事が、朝早く、夜遅くなりが

記事を読む

缶の中にはグレイシアがいっぱい

今年のホワイトデーは、AUDREY(オードリー)のグレイシアにします!

今日は、3月14日「White Day(ホワイトデー)」ですね 毎年、この日には、お店のスタッ

記事を読む

アサヒドライプレミアムを持ってポーズを決めてます!?

会議の前に、全員が缶ビール???

この前、たこ梅の若手スタッフさんが中心の現場会議でした いっつも、ちゃんと、マジメに会議してます

記事を読む

福娘さんから福笹を渡していただきます

今宮戎さんで、残り福、いただいてきました!

昨日は、1月11日で戎さんの残り福の日、仕事の途中、ちょっと、今宮戎にお参りしてきました ちょうど

記事を読む

THERMOS(サーモス)500ML

ちょっとだけエコ!で、マグボトル「THERMOS O.5L」を購入です

平成20年にリーマンショックがありましたよね! それまでは、経営的には売上、利益とも順調でした

記事を読む

自然農法菜園の防虫ネットを外しました

開始から1ヶ月、裏庭の自然農法菜園の防虫ネットを外すと、、、

3月にたこ梅のスタッフさんと奈良県山添村で自然農法による畑を始めました 山添村の自然農法の畑

記事を読む

たこ梅各店の清荒神さんの新しいお札を受けます

今年も、清荒神さんへお札を納め、受けてきました!

たこ甘露煮、関東煮(かんとだき/おでん)、そして、燗酒というと、煮る、焚くなど『火』とは切っても切れ

記事を読む

清荒神さんで、お店の新しいお札を受けました

元日に、清荒神清澄寺さんへお参りして、お店のお札を受けてきました!

一月一日、つまり、元日に、必ずすることがあります 大釜でマダコをたこ甘露煮にたきあげていきま

記事を読む

英治出版さんの本は17冊ありました!

英治出版さんが来てくれはりましたが、何冊くらい、英治出版さんの本があるのか調べてみました!

私、単なる読者です 作家でも、講演家でもありません ふつーの飲食店の経営者で、たこ梅の五代目店主

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑