*

ワクワク系マーケティング「社長のアカデミー賞」グランプリホルダーの長田さんが、たこ梅を来訪!何のために!?それは、、、

この前、スゴイひとが、たこ梅の難波事務所に来てくれました

ワクワク系のグランプリホルダーの長田さんが来訪

たこ梅も、会社として取り組んでいる小阪裕司先生が提唱される「ワクワク系マーケティング」
その実践会に、たこ梅も入会していますが、毎年、いろいろ実践し、それをエントリーという形で報告する中で、もっとも、チャレンジングで、その内容が他の会員に貢献した人に贈られるのが「社長のアカデミー賞」です
そのグランプリを受賞されているのが、愛知県刈谷市で、(当たり前ですが、まったくもってフツーじゃない)靴屋「快足楽歩カンパニー OSADA with」を営まれている長田さんです

ワクワク系マーケティング「社長のアカデミー賞」グランプリホルダーの長田さん

ワクワク系マーケティング「社長のアカデミー賞」グランプリホルダーの長田さん

その長田さんが、わざわざお盆休みに、急遽、たこ梅においでになりました

長田さんがたこ梅に見えた理由は「たこ梅”商い”デザイン」

お忙しい長田さんが、たこ梅にいらっしゃった理由、、、
それは、7月11日さかのぼります

この日、ブログで、「新人オリエンテーションの「”商い”デザイン」っ何?実は、これは、、、」という記事を書きました

たこ梅"商い"デザイン

たこ梅”商い”デザイン

その中で、たこ梅の商売についての理念や考え方をまとめた「たこ梅”商い”デザイン」を内容も含め、紹介しています

「たこ梅"商い"デザイン」の商売の目的と活動ページ

「たこ梅”商い”デザイン」の商売の目的と活動ページ

こんな風な「商売の目的と活動」や「顧客創造の構造」などです

「たこ梅"商い"デザイン」の構造の概念図

「たこ梅”商い”デザイン」の構造の概念図

あと、その構造の説明とか、、、

「たこ梅"商い"デザイン」の構造を説明するページ

「たこ梅”商い”デザイン」の構造を説明するページ

これをご覧になった長田さんが、こういったものを作ろうと考えられていたそうで、「たこ梅”商い”デザイン」について話を聞きたいと連絡をいただきました

ただ、なかなか予定があわず、何日かお知らせしたうちの1日が、今週の月曜日、8月13日だったんです

たこ梅で活用するテクノロジーのことも話させていただきました

愛知県の刈谷市から大阪においでになった長田さんに、どういう参考になるのかわかりませんが、「たこ梅”商い”デザイン」について話をさせていただきました

なんで、こんなものを作ることになったのか?
なんのために作ったのか?
どうやって作ったのか?

などと、あと、たこ梅では、ワクワク系マーケティングを始め、成人発達理論やNVC、ランチェスター戦略、コトマーケティング、さらには、会議ファシリテーション、MQ会計なども取り入れていますが、各々、たこ梅の中では明確な役割があります

売上推移とテクノロジーの関係

その各種テクノロジーを取り入れた経緯、どのように活用しているかとか、たこ梅の中で、その役割をなぜ割り当てているかなどお話しさせて頂きました

なぜ色んなテクノロジーを導入しているのかは、こちらのブログをご覧下さいね!
→ 学習する組織に向けて活用する3種類のテクノロジーと成人発達理論の勉強

長田さんご自身も、会社や先々のことを考えられていて、そのヒントが、「たこ梅”商い”デザイン」についてのブログ記事を読まれたときに「ある」と感じられて、この日おいでになったようです
それにしても、自分の直感に従ってスグ行動する!!
なかなか出来る事じゃありません
わたしなんか、慎重、、、といえば聞こえはいいんですが、元来、臆病なので、なかなか最初の一歩が踏み出せないことが多いです
長田さんの行動力を見てうらやましく思いました

濃い話の後はパンケーキで脳疲労を回復!?

さて、そんなことを入り口に、長田さんから、いろいろ鋭い質問をいただき、それに対して、自分の中を掘り起こしながらお答えしていました
おかげで、あらたに、「あ、それで、私、こんなことやってるのね、、、」なんて気づくことも多数あり、ほんと、愉しい時間でした

長田さんとパンケーキを食べながら意見交換

長田さんとパンケーキを食べながら意見交換

ひとしきり、「たこ梅”商い”デザイン」などのことを話をして、濃い時間だったので、脳も疲れ気味、、、
ちょっと、脳疲労気味だったので、糖質補給をしようと、長田さんのご質問にお答えした後は、遅めのランチとして、パンケーキを食べながら後半戦の意見交換をさせていただきました
それでも、まだ、話を続けるのです、、、(笑)

いや、ほんと、有意義で愉しい時間でした!!

>長田さん
ありがとうございました!!(^o^)v

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

1月の店長会議

2018年1月の店長会議~学習する組織への取り組みから効果が見えるまでには年単位のタイムラグ!~

今年最初の会議は、2018年1月の店長会議です 毎度、いろんなことが議題にあがります 過去10年

記事を読む

「慈悲の瞑想 人生を開花させる慈しみ」(アレボムッレ・スマナサーラ 著)

「慈悲の瞑想 人生を開花させる慈しみ(フルバージョン)」(アレボムッレ・スマナサーラ 著)を読んで知ったこと、わからないことなど、、、

先日、「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ著)を読んで、その時、気になったこと

記事を読む

成人発達理論と行動探求の概要をレクチャー

新人深澤さんにコーチングと行動探求のオリエンテーション&レクチャーです!

2013年からコーチングを取り入れました たこ梅 東店の多比羅さん(イッセー)とコーチング中

記事を読む

合併企業が思うように一つにならない本当の理由(中土井僚 著)

「合併企業が思うように一つにならない本当の理由」(中土井僚 著)を多店舗展開している店が抱える課題へ活用するには?

11月に、U理論の翻訳者であり、企業のコンサルティング、組織開発などに取り組んでらっしゃる中土井僚さ

記事を読む

本店で松本さんに「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)をプレゼント

NVCオンライン基礎講座を松本さんと大西さんが受講してくれます!

自分が腹が立っているとき、悲しいとき、とまどっているとき、、、 私もそうですが、たいていは、「○○

記事を読む

「万物の歴史」(ケン・ウィルバー著)とウィルバーの著書

ウィルバー9冊目、「万物の歴史」(ケン・ウィルバー著)届きましたぁ~!!

先日、今話題の「ティール組織」を読んでから、そこでも登場するケン・ウィルバーがあらためて気になってい

記事を読む

講師の小田理一郎さんと記念撮影です

「学習する組織」を導くリーダーシップ~行動探求~に行ってきました!

この前、2日間の 「学習する組織」を導くリーダーシップ~行動探求~ というセミナーに参加してきました

記事を読む

個人と組織の発達に関する本や資料です

最近のマイブームは、「成人の発達理論」です!これ、仕事に役立つ予感、、、

流行(はやり)、マイブームっていう言葉がありますよね 私にも、ときどき、おとずれるようです!

記事を読む

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)は、現場の人に手厚い本だと思います

このブログを読んで下さってる方は、ご存じかもしれませんが、平成20年のリーマンショックを期に、お店の

記事を読む

「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)

「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)は、組織の発達には必須の本だと思います

平成13年に店を継いで、いろいろあったものの典型的なマーケティングを展開して、売上や利益的には順調に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑