*

3月の現場会議は、クリーンセットアップのチェックインからスタート!!

公開日: 会議・ミーティング

先週、3月の現場会議でした
たこ梅の会議では、最初に、参加者が今の状態や気持ちを会議メンバーの前で伝えたり、最近合った出来事を話すなどの時間を取る「チェックイン」をします
このチェックインをすることで、体や気持ちがほぐれ、いきなり会議にはいるよりも、安心して参加できたり、意識を会議に向けたり出来るようになります

現場会議のチェックインでグッド&ニューです

現場会議のチェックインでグッド&ニューです

これまでは、このチェックインで24時間以内にあった善かったこと、楽しかったことなどをひとりずつ話す「グッド&ニュー」を毎回やっていました

クリーンセットアップとは?

ただ、前回の2月の現場会議から、このグッド&ニューにかえて、クリーンランゲージのひとつのスキルである「クリーンセットアップ」なるものをやってみることにしました
※クリーンランゲージの詳しいことは、クリーンランゲージジャパンさんのサイトをご覧下さいね

これがなかなかよかった、、、
会議のチェックインで使うクリーンセットアップでは、「この会議が上手く行くとしたら、その会議は何のようであればいいか?」「その時、自分は何のようか?」という問いでイメージを膨らませ、「そうであるためには、どんなサポートや資源(リソース)が必要か?」という問いで実際に必要なもの、ことを具体化します

こうすることで、会議に意識が向き、メンバー全員で、お互いをサポートする場が出現しやすくなります

で、今回、3月の会議でも、クリーンセットアップから始めました

会議のクリーンセットアップ

これが、実際に会議のチェックインとしてのクリーンセットアップで使ったシートです

クリーンセットアップの手順

クリーンセットアップの手順

【会議でのクリーンセットアップ】

①この会議が、あなたにとって、本当に思い通りにいくとき、それは、何のようでしょう?
 ・・・・(2,3回程度のやりとりを経て)応答A 

②(応答A)のとき、あなたは、何のようでしょう?
 ・・・・(2,3回程度のやりとりを経て)応答B

③(応答A)と(応答B)であるために、あなたが必要とするサポートや資源(リソース)は、なんでしょう?

※応答を得るとき、「2,3回やりとり」をすると書いていますが、これは、別に4,5回でも、もっと多くてもかまいません
ただ、あまり何回も繰り返すと、クリーンセットアップだけで時間がとられてしまいますし、(クリーンランゲージのトレーニングを受けていない人がやり続けると)話の中心が深まるのではなくそれていってしまう恐れがあるので、私は、2,3回から多くて4,5回の往復でするように、うちのスタッフさんに伝えています

2人ペアでお互いにクリーンセットアップを行います

2人ペアでお互いにクリーンセットアップを行います

実際にこのクリーンセットアップをするとき、2人のペアになって、お互いに、片方が相手に①②③の順番で問いかけを行い、応答を得ます
そして、次ぎに交替して、同じように行うという進め方をしています

ところで、この①②は、会議がどうであってほしいか?そのときの自分は何であるのか?をメタファー(比喩/平たく言うとイメージと思っていただいてもいいかと思います)で自分から取り出す作業となります

そして、③で、そのメタファーから、サポートや資源(リソース)に変換して会議・現実で取り扱える具体的なものとして取り扱えるようにします

①②での問いかけにおける留意点

ところで、①②で数回(2-3回くらいでOK)問いかけと応答を繰り返して、最終的な応答A、応答Bを得ますが、そのときの問いかけにちょっとした留意点があります
クリーンランゲージの「クリーン」は、問いかける側の思い込みや前提、価値観などが入りこまないクリーン問いにより、相手が、本当に自由に答えられるようにします

クリーンランゲージのクリーンな問いには、結構、厳格な文法(?)がありますが、これは、相手(クライアント)の奥にあるメタファーを見つけるためなのです
ただ、システミック・モデリング(クリーンセットアップも)では、もう少しカジュアルであっていいとされています

例えば、「①この会議が、あなたにとって、本当に思い通りにいくとき、それは、何のようでしょう?」に対して、例えば「山かな、、、」って答えたとき、次に「富士山みたい?生駒山みたい?」って尋ねるとかなり限定してますよね、、、
そうではなく、「どんな種類の山ですか?」(←これはクリーンな問い)や「どのくらいの大きさの山?」(←純然たるクリーンではないけど、クリーニッシュな問いなのでOK)

クリーンセットアップで使いやすい「クリーンな問い」

クリーンセットアップで使いやすい代表的な「クリーンな問い」を紹介しておきますね

【使いやすい代表的なクリーンな問い】

メタファー)
それは、何のようでしょう?

特徴)
・そのXは、どんな種類のXですか?
・そのXについて、他に何かありますか?

場所)
・そのXは、どこにありますか?
・そのXは、どのあたりにありますか?

前の時間軸)
・Xのすぐ前に、何が起きますか?
・そのXは、どこから来るのでしょう?

後ろの時間軸)
・次に、何が起きますか?
・すると、何がおきますか?

クリーンセットアップを行うとき、このようなよく使う問いをボードの端っこに書いておいたり、問いを書いたシートを貼っておくと便利です

クリーンセットアップ③で出てきたことを共有

このクリーンセットアップの最後は、クリーンセットアップ③で出てきたことを共有します

今回は、ポストイットに問いかける側の人がメモを書き、それをホワイトボードに貼っていきます

クリーンセットアップで出来てきたメンバーが必要とするサポート、資源(リソース)

クリーンセットアップで出来てきたメンバーが必要とするサポート、資源(リソース)

【会議メンバーから出てきた必要とするサポート、資源(リソース)】

・進行をちゃんとしたいということを理解して欲しい
 「ちゃんと」・・・脱線を引き戻す

・「笑顔のための積極性」参加者全員
 ・・・自分の店のためのことをグイグイ出していこう

・議題に対してみんなが、意見をいいやすく言ってもいい雰囲気(笑顔)がある

・みんながずっと「おだやかな気持ち」

会議メンバーから出てきた必要とするサポート、資源(リソース)は、このようでした
ただ、必要とするサポート、資源(リソース)を出したからといって、それが、必ず、すべて、みんなでそうするワケではありません
中には、お互いに相反するサポートや資源(リソース)が出てくる場合もあれば、メンバーによっては受け入れがたい場合もあります
それに、内容が、イマイチつかめない、明確性に欠けることもあります

それで、共有する時間に、そのあたりをみんなで一緒に調えてきます

例えば、今回だと「進行をちゃんとしたいということを理解して欲しい」というのがありますが
メンバーから、「進行をちゃんと」って、「あながた思う進行の『ちゃんと』どういう種類の『ちゃんと』なの?」という質問が出て、「脱線したら引き戻すこと」という回答が得られたので、書き加えました

クリーンセットアップをして会議をスタート

また、今回は必要とするサポート、資源(リソース)をポストイットに書いてもらったので、そのまま、会議につかうホワイトボードの横に貼っておいたんです

そうすることで、進行役のひとも、会議メンバーも、いつでも、それを視界にいれて会議に臨めます

前回は、ふつうにシートに書き出して壁に貼っていました
会議の時は、だいたい、会議メンバーは、前(この場合はホワイトボード)を見ているので、必要とするサポート、資源(リソース)が書かれたポストイットが常に目に入ることになります

このおかげかどうかは、正確にはわかりませんが、3月の現場会議、各々の議題で、より深い話ができました
会議のさいごの「ふりかえり」でも、そういう感想がでていたので、会議メンバーのみなさんも、より深く話せたと感じているようです

会議のチェックインとしてのクリーンセットアップおすすめです!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

本店の和田店長と店長面談

7月の店長面談~「クリーンな問い」で何が起きているかが明確に~

毎月、上旬に店長さんたちが集まる店長会議、お店の現場のSA(スタッフアテンダント)さんが集まる現場会

記事を読む

12月の店長会議

12月の店長会議~「緊張構造チャート」で創りだしたいものを創ることに取り組んでみました~

先週、12月の店長会議でした いつものように、いくつかの課題について、会議メンバーで一緒に考え、取

記事を読む

2月の店長会議

2月店長会議です~直接部門と間接部門が融和していく工夫としての会議~

先週は、たこ梅の店長会議でした 昨年の秋くらいから、各店の店長さんだけでなく、仕込み場の主任さ

記事を読む

2017年1月の店長会議です

1月の店長会議~「会議は『学習の場』となる」ことがわかりました~

毎月1回店長会議をするようになって、15年ほどになります そして、先週、今年最初の店長会議がありま

記事を読む

4月の人事評価者会議です

スタッフさんの成長を目的とした人事評価者会議

毎年、4月と10月に開催される会議があります それは、人事評価者会議、、、 スタッフさんの採

記事を読む

古民家の和室で面談タイム

12月の野菜部 in 山添村~古民家の和室でいろいろ話し合います~

12月も、奈良の山添村にある自然農法の畑にスタッフさんと行ってました キャベツの収穫中[/c

記事を読む

「いい会社、社員、上司、経営者、出来事」についてのアンケート結果

「いい会社、社員、上司、経営者、出来事」についてのアンケートを今年もやりました!

4月から8月まで、毎月、1ヶ月に1つ、5種類の社員アンケートを実施するようになって3年目を迎えます

記事を読む

ふりかえる中で次のステージが見えてきて来年の研修の骨子も!?

社内研修後に来年の研修のアイデアが早くも誕生!!

先週、7年目を迎える「POPで楽しく価値を伝える研修♪2019」の1日目でした もちろん、講師は、

記事を読む

たこ梅 分店のお店運営 月一面談です

お店の運営面談では、店長・スタッフさんが自ら気づき、発見して前に進んでいきます

やっぱり、お店の中では、スタッフさんとのコミュニケーション、、、だいじですよね それで、たこ梅では

記事を読む

エナジー・チャイム

ワクワク勉強会に、エナジー・チャイムがやってきた!

今年の5月から、たこ梅では、ワクワク勉強会を店長会議と現場会議の始まる前の2時間やっています

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑